山本長左 藍九谷草花文5号皿
径 17cm

昔ながらの完成されたデザインにより、とても安心感を持って使える皿揃えです。
全体に染付の線が入る中、すかっと空けた白地が目に飛び込んできます。



派手すぎず、飽きの来ない落ち着いた色とデザイン。出番の多いお皿になります。



茶のラインは”縁さび”と言われる鉄の釉薬。全体を締め、厚みを増しています。鉄の釉薬が流れ落ちないよう、細かなラインも面を出すようにしています。
高台も素敵です。



立ち上がり部分が持ちやすいので手に取りやすくできています。重ねてもきれいに重なります。




★上記の品はメール又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作

« 山本長左 色絵花鳥祥瑞手盃 | △TOP | 山本長左 異邦人カップソーサー »