川上真子 野菊6寸だ円皿  9,000円
18.5cm x 15cm 高 3cm


可憐な野菊の咲く様を描いたお皿です。
菊の輪郭などを描いたひとつひとつの線、また"濃み"と呼ばれる藍の呉須の塗りが、非常に美しいお皿です。



野菊の花ひとつひとつに表情が表れています。
また、皿の縁に引いてある二重の線をひとつをとっても、とても美しい線です。




菊花型となっているお皿のかたちは、若干の深さを持たせています。




素地はしっかり感があるのに軽く、非常に扱いやすくできています。



裏には野菊の葉が描かれています。
裏から見ても、美しいお皿ですね。







◆ 川上真子 野菊6寸だ円皿 9,000円
個  




川上真子 陶歴

陶歴

神奈川県出身
2012 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016 独立
石川県能美市にて染付を中心とした絵付磁器を製作
2017 3月 福岡 岩田屋本店にて個展
7月 伊勢丹相模原店にて個展
9月 三越日本橋店にて九谷焼三人展

« 理節 花かご7寸丸皿 | △TOP | 鈴木晶子 麻の葉文小丼 »