中荒江道子 さる桃筒猪口と豆皿 6,800円
筒猪口単品 3,200円
径 5.7cm 高 6.2cm
豆皿単品 3,600円
径 9.5cm


赤と黄色の差し色がかわいい、筒猪口と豆皿の組み合わせです。これはさるが桃を食べている姿を描いたもの。
豆皿は高台を高めに作ってあり、気高さが感じられ、高台の赤絵の小紋も小皿では珍しく、存在感がありますね。



筒猪口には香ばしいお茶を、豆皿には甘い大福などを。お茶時間が豊かになります。



筒猪口は小さめサイズなので冷酒杯にも使って頂いています。豆皿には佃煮などおつまみを用意するのもいいですね。




豆皿のほうはこれから桃を取りに行くところですね。ストーリーがあって楽しいです。





◆ 中荒江道子 さる桃筒猪口と豆皿 6,800円
個  







◆ 中荒江道子 さる桃筒著口 3,200円
個  







◆ 中荒江道子 さる桃豆皿 3,600円
個  









中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展

« 山本長左 芙蓉手四面盃 | △TOP | 理節 草花文桔梗型鉢 »