鈴木晶子 椿小丼  2,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


九谷焼特有の鮮やかな色絵と、鉄絵の素朴な茶色を組み合わせて描いたかわいい小丼。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな〜、もう少し小さめの盛鉢があったらな〜という方にお勧めのサイズです。




まずは茶色の鉄絵の部分のみ描いて窯で本焼きします。
白地があがって茶色の絵付けが浮かび上がったら、赤、黄、緑で椿の花を描きます。
再度上絵の窯で焼いて、はじめてこの色の組み合わせが成り立ちます。




縁が色絵で彩られ、中は素朴でおとなしめです。




縁が反るように成型されており、どんぶりも食べやすくできています。




◆ 鈴木晶子 椿小丼 2,400円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く

« 中荒江道子 白抜きなす筒猪口と豆皿 | △TOP | 鈴木晶子 松十草小丼 »