理節 ひし形動物文スープカップ  20,000円
カップ径 11cm 高 5.8cm


花文様に囲まれたひし形の中にはかわいい動物たちが描かれています。
内側には草花でラインが描かれ、小さなひし形にまで馬が走っている姿を見つけられます。



正面は馬に乗る人。かわいくも、気高さを感じますね。



中央にはお花をひとつ。持ち手にもお花が描いてあるのがわかります。



花文様は高台手前までびっしりと続きます。
高台は白地を空けて。
お花がぽん、ぽん、と並びます。



持ち手も手づくりなので、非常にやわらかい曲線を持っています。手にフィットして持ちやすい。



◆ 理節 ひし型動物文スープカップ 20,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展

« 鈴木晶子 松十草小丼 | △TOP | 織田光恵 ボンボニエール  »