中荒江道子 竹格子角小鉢  1個 6,000円
       5個揃 30,000円
7.5cm角 高 3.8cm



味のある染付の濃淡を扱い、竹格子を張り巡らせた角小鉢です。
お造りや煮物、いろいろなお料理が姿よくおさまります。でんぶやいくらを使ったちらし寿司を詰めても美味しそうですね。



竹の節をひとつひとつ描いた格子模様。この渋い味のある格子がお料理の周りを飾ります。
内側手前には梅が描かれ、目立たないところに絵付けがしてあるのもうれしいところ。



側面には唐草。この角鉢は型から作ったものではなく、もともと五枚の粘土の板だったものを張り合わせた器です。端正でありながら手づくりの質感が感じられ、工程を思い浮かべるのも楽しいところ。



指ではさんで持てるほどの大きさ。
裏は高台を外したシンプルな形です。


◆ 中荒江道子 竹格子角小鉢 1個 6,000円
個  




◆ 中荒江道子 竹格子角小鉢 5個揃 30,000円
個  







中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展

« 谷敷正人 黄地鶴の図8寸皿 | △TOP | 理節 チューリップカップソーサー »