中荒江道子 金彩梅フリーカップ 6,500円
径 9cm 高 7.5cm 容量 140cc


染付の藍の色に赤が差され、さらに金彩で彩っています。
白地を合わせた四色のコントラストが綺麗で、お着物のようでもあります。



白と藍の面を交互に配することによってそれぞれが引き立てあっています。
梅の花、かわいいですね。おしべの色も違えているのが印象的です。



内側はすっきりと白地のみです。



外周に高台を配してある、個性ある底面。
ここにも梅の枝花が銘と一緒に描かれています。




とても雰囲気のあるカップです。
お客様にお出ししても喜ばれるでしょう。






◆ 中荒江道子 金彩梅フリーカップ 6,500円
個  




中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展

« 鈴木晶子 染網手松竹梅飯碗 | △TOP | 理節 ブレーメンの音楽隊八角マグカップ »