鈴木晶子 椿鉢  4,800円
径17.2cm 高8.8cm


九谷焼の色絵赤、黄、緑で椿をちりばめた多用鉢です。鉄絵と呼ばれる茶色の釉薬の絵付けを加えることでそ素朴なかわいらしさが出ています。
煮物鉢やサラダボウルとしてはもちろん、麺鉢としても使いやすい大きさかたちに作りました。



茶の絵付け部分を素焼き状態の素地に描き、窯に入れて全体が白く焼きあがったら、色絵の椿を描きます。もう一度窯に入れ焼き上げて出来上がります。



内側にも模様を配してあります。アクセントとして縁の部分を跨いで色絵の椿を描いてあります。




反り型で熱いお料理が入っても持ちやすく高台は少し高めにして、重ねやすく出来ています。





上から十字七宝、椿、るり十草、麻の葉。
別柄の鉢と重ねても、とてもかわいいです。




◆ 鈴木晶子 椿鉢 4,800円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 るり十草鉢  4,800円
径17.2cm 高8.8cm


太いラインと細いラインを組み合わせた、るり十草と名づけられた模様の鉢です。
煮物鉢やサラダボウルとしてはもちろん、麺鉢としても使いやすい大きさかたちに作りました。
古くからあるなつかしさと、すっきりとしたすがすがしさのある鉢ですね。



反り型で直接口にも運びやすく、高台は少し高めにして重ねやすく出来ています。
ねぎや揚げが乗ったおいしいおうどんが目に浮かびます。



すっきりと描かれたラインは曲面に合わせてしなやかなカーブを描きます。




上から十字七宝、椿、るり十草、麻の葉。
別柄の鉢と重ねても、とてもかわいいです。




◆ 鈴木晶子 るり十草鉢 4,800円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 麻の葉文鉢  6,000円
径17.2cm 高8.8cm


昔なつかしい麻の葉文様をすっきりと描いた多用鉢です。
煮物鉢やサラダボウルとしてはもちろん、麺鉢としても使いやすい大きさかたちに作りました。
涼しげで、さわやかな清潔感が感じられます。



反り型で直接口にも運びやすく、高台は少し高めにして重ねやすく出来ています。




ひとつひとつ編みこむように描かれた文様。
すべて手描きによるものです。




上から十字七宝、椿、るり十草、麻の葉。
別柄の鉢と重ねても、とてもかわいいです。




◆ 鈴木晶子 麻の葉文鉢 6,000円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





理節 だ円菊花皿 藤・なすペア揃え 1組 14,000円
   藤だ円菊花皿 7,000円
   なすだ円菊花皿 7,000円
22.5x12.5cm 高 3.5cm



冴えた藍の色に淡いやわらかな色絵を添えた、ふたつの菊花型のだ円皿です。
非常にお料理映えし、お菓子にもお料理にも使えます。フルーツをちょっと盛るだけで絵になります。




直線的で豪華な藤の図柄は葉脈まで繊細に描かれ、細かく色が塗り分けられています。
なすは横に這うデザインで非常にエレガント。なすの実と花が描かれています。
どちらも上品でそれぞれの個性があり、ペアとして相性のよいふたつの図柄です。




横から見た姿。ある程度深さを持たせてあります。シルエットもきれいです。
ひとつずつ手づくりのため形に若干の個体差があります。ですがちゃんと重ねて収納できます。




テーブルのセンターに置いても、銘々に使ってもよいかたち、大きさです。



◆ 理節 だ円菊花皿 藤・なすペア揃え 1組 14,000円
個  




◆ 理節 藤だ円菊花皿 7,000円
個  




◆ 理節 なすだ円菊花皿 7,000円
個  







理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展





理節 ひし形動物文6寸丸皿 12,000円
径 17.5cm


やわらかなカーブを持った手づくりの丸皿です。
動物たちと、周りを囲う文様がとてもかわいく描かれています。



うさぎ、きつね。ほかにはふくろうとりす。
ゆるく描かれた動物たちの周りはきりっと綺麗に描き込まれた文様。このギャップが目を引く理由でもありますね。



やわらかさを持つかたちのこの丸皿は軽く、また持ちやすくできています。
高台は外してあり、重ねてもコンパクトにおさまります。



手触りがとてもよく、軽いので片手でつまんで持てます。取皿としても使えますが、映えるのでお菓子やお料理一品を出すのにもおすすめです。







◆ 理節 ひし形動物文6寸丸皿 12,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展