中憲一 ほたるぶくろコーヒー碗  17,000円
(NAKA KENICHI HOTARUBUKURO CUP&SAUCER)
カップ径 9.3m 高 5.5cm
径 14.7cm

野草のほたるぶくろをエレガントに描いたカップ&ソーサー。紙製の箱に入れてお届けします。

紅茶とも相性が良さそうです。




◆ 中憲一 ほたるぶくろコーヒー碗 17,000円

個  




中 憲一 (なか けんいち) 陶歴

1951 5月3目生まれる
1971 清水翠東先生に師事
1989〜1991 新槐樹社展佳作、35回記念賞
1989 武腰潤先生に師事
      県展初入選 以後連続入選
1990 第22回日展初入選以後6回入選
1991 日本新工芸展初入選
1993 県展北国賞
     新工芸石川会展 金沢市長賞
1997 伝統九谷焼工芸展入選
2000 日本伝統工芸展入選
2002 一水会展 一水会賞
2003 日本工芸会正会員
     伝統九谷焼工芸展優秀賞
     一水会 西武賞
2008 伝統九谷焼工芸展入選




吉田勝山 万暦龍コーヒー碗 14,300円
(YOSHIDA SHOZAN MANREKI RYU CUP&SAUCER)
カップ径 7.5cm 高 7.8cm
皿径 14cm

見事な絵付けの万暦龍のコーヒー碗。緑と赤の双竜が描かれています。

龍がお好きな方には絶対おすすめのプレゼントですね。




◆ 吉田勝山 万暦龍コーヒー碗 14,300円

個  




吉田勝山(よしだ しょうざん) 陶歴

昭和13年 石川郡野々市町野代に生れる
昭和38年 作陶生活に入る
昭和40年 朝日陶芸展新入選
昭和47年 日展新入選
昭和48年 金沢市創作工芸展市長賞
昭和48年 光風会展新入選
昭和49年 日本現代工芸展新入選
昭和49年 中日国際陶芸展名鉄丸越賞
昭和49年 金沢九谷新作展市長賞
昭和55年 石川県現代美術展最高賞
昭和57年 石川県現代美術展特別賞
昭和59年 金沢市工芸展県知事賞
昭和63年 石川県現代工芸展会長賞
平成元年 石川県現代美術審査員
平成元年 日展十回入選
平成五年 無所属




吉田勝山 色絵白サギ・うさぎコーヒー碗(よしだしょうざん いろえしらさぎ・うさぎこーひーわん) 各7,150円
カップ径 7.6cm 高 8cm
皿径 14cm

明るく、ポップな色調の2つのカップ。コーヒータイムの度に元気が出そうですね。紙製の箱に入れてお届けします。


ソーサーも綺麗。赤、青それぞれの個性がよく出ています。



◆ 吉田勝山 色絵白サギ・うさぎペアコーヒー碗(2つ組) 14,300円

個  







<<単品>>
◆ 吉田勝山 色絵白サギコーヒー碗 7,150円

個  



◆ 吉田勝山 色絵うさぎコーヒー碗 7,150円

個  




吉田勝山(よしだ しょうざん) 陶歴

昭和13年 石川郡野々市町野代に生れる
昭和38年 作陶生活に入る
昭和40年 朝日陶芸展新入選
昭和47年 日展新入選
昭和48年 金沢市創作工芸展市長賞
昭和48年 光風会展新入選
昭和49年 日本現代工芸展新入選
昭和49年 中日国際陶芸展名鉄丸越賞
昭和49年 金沢九谷新作展市長賞
昭和55年 石川県現代美術展最高賞
昭和57年 石川県現代美術展特別賞
昭和59年 金沢市工芸展県知事賞
昭和63年 石川県現代工芸展会長賞
平成元年 石川県現代美術審査員
平成元年 日展十回入選
平成五年 無所属




松浦慎弥 水辺鳥文コーヒー碗(まつうらしんや みずべとりもんこーひーわん) 3,200円
カップ径 8.3cm 高 6.5cm
皿径 14.3cm

水辺の芦の緑がすっきりと映える、当店人気のコーヒーカップです。ひねった風合いの素地で味があり、しかも軽く作られていますので、とても使いやすいですよ。

カップを持ち上げると、ソーサーにも鳥の絵が。




◆ 松浦慎弥 水辺鳥文コーヒー碗 3,200円

個  




松浦慎弥(まつうら しんや) 陶歴

昭和四十八年 日展理事浅蔵五十吉先生に師事
現代美術展入選
北陸現代美術展入選
日本現代美術展入選
日展入選
日本現代工芸展入選
芸術公論でベストアーチスト四十に掲載
清酒大関CMに掲載

個展
金沢大和 東京銀座松屋 新高輪プリンスホテルアートギャラリー 高島屋 横浜そごうアートサロン
大阪大丸 伊勢丹新宿 千葉三越 新宿三越 新潟三越 ほか多数




松浦慎弥 青手・吉田屋コーヒーカップ 各4,000円
カップ径 8.3cm 高 6.5cm
皿径 14.3cm

九谷焼の代表的な色彩、黄、緑の特徴がよく出ているコーヒーカップです。相性がいいので、ペアとしてもおすすめです。


カップを持つと、ソーサーにも鳥が現れます。



◆ 松浦慎弥 青手・吉田屋コーヒーカップ(ペア) 8,000円

個  







<<単品>>
◆ 松浦慎弥 吉田屋コーヒーカップ(黄) 4,000円

個  



◆ 松浦慎弥 青手コーヒーカップ(緑) 4,000円

個  




松浦慎弥(まつうら しんや) 陶歴

昭和48年 日展理事浅倉五十吉先生に師事
昭和48年 第六回石川県特産業振興会研修生に採用される
昭和49年 石川県特産業展出品
昭和51年 現代美術展初入選
昭和52年 第十六回日本現代工芸展初入選
昭和52年 北陸現代美術展入選
昭和53年 北陸現代美術展入選
昭和53年 第十七回日本現代美術展入選
昭和53年 第十回日展初入選
昭和53年 金沢大和にてグループ展開催
昭和54年 北陸現代美術展入選
昭和54年 日展入選
昭和54年 グループ展
昭和55年 グループ展
昭和56年 第二十回日本現代工芸展入選
昭和56年 グループ展
昭和56年 北陸現代美術展入選
昭和56年 東京近鉄デパートグループ展
昭和57年 日本現代工芸展入選
昭和57年 日本現代工芸会友に
昭和57年 北陸現代美術展入選
昭和58年 日本現代工芸展
昭和58年 北陸現代美術展入選
昭和59年 日本現代工芸展
昭和59年 北陸現代工芸展
昭和60年 日本現代工芸展
昭和61年 日本現代工芸展
昭和62年 日本現代工芸展
昭和62年 福井西武デパート九谷三人展開催
昭和62年 名鉄デパート九谷三人展開催
昭和63年 東京銀座松屋に於いて個展
昭和63年 新高輪プリンスホテルアートギャラリーで個展
平成元年 芸術公論ベストアーチスト40に掲載
平成元年 横浜ソゴウアートサロンで個展
平成2年 日本現代工芸展
平成2年 福岡玉屋に於いて個展
平成2年 横浜に於いて個展
平成3年 日本現代工芸展入選
平成3年 日展入選
平成3年 横浜ソゴウアートサロンに於いて第二回個展
平成4年 日本現代工芸展入選
平成4年 伊勢丹新宿に於いて個展
平成5年 小松空港ロビーに於いて個展
平成6年 横浜ソゴウアートサロンに於いて第三回個展
平成6年 渋谷黒田陶苑に於いて個展
平成7年 千葉三越に於いて個展
平成7年 新宿三越に於いて個展
平成7年 渋谷黒田陶苑に於いて第二回個展
平成7年 太陽の特集で掲載
平成8年 大阪阪神に於いて個展
平成9年 渋谷黒田陶苑に於いて個展
平成10年 銀座松屋に於いて個展
平成11年 新潟三越に於いて個展
平成11年 福岡博多に於いて個展
平成12年 新潟三越に於いて個展
平成12年 福岡博多に於いて個展
平成13年 大阪阪神に於いて個展
平成14年 清酒大関CMに掲載
平成15年 名古屋に於いて個展
平成16年 名古屋に於いて個展
平成17年 名古屋に於いて個展
平成18年 新潟長岡市に於いて個展