松浦慎弥 水辺鳥文焼酎カップ 3,600円
径 9.7cm 高 10cm

九谷の緑が活きている焼酎カップ。大きめでゆったりサイズです。

面を取ってあるのですべりにくく持ちやすくできています。




◆ 松浦慎弥 水辺鳥文焼酎カップ 3,600円

個  




松浦慎弥(まつうら しんや) 陶歴

昭和四十八年 日展理事浅蔵五十吉先生に師事
現代美術展入選
北陸現代美術展入選
日本現代美術展入選
日展入選
日本現代工芸展入選
芸術公論でベストアーチスト四十に掲載
清酒大関CMに掲載

個展
金沢大和 東京銀座松屋 新高輪プリンスホテルアートギャラリー 高島屋 横浜そごうアートサロン
大阪大丸 伊勢丹新宿 千葉三越 新宿三越 新潟三越 ほか多数




眉石 山ぶどうポットと組湯呑のセット 6600円
ポット: 高 11.7cm(蓋持ち手含む)
湯呑(大): 径 7.4cm 高 8.6cm
湯呑(小): 径 7.2cm 高 8.2cm

染付山ぶどうのポットと湯呑。品が良くて、使い易いです。

ポットにはお湯呑2杯分余裕でお茶が入ります。




◆ 眉石 山ぶどうポットと組湯呑のセット 6,600円

個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる
第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選
第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選




松浦慎弥 青手・吉田屋コーヒーカップ 各4,000円
カップ径 8.3cm 高 6.5cm
皿径 14.3cm

九谷焼の代表的な色彩、黄、緑の特徴がよく出ているコーヒーカップです。相性がいいので、ペアとしてもおすすめです。


カップを持つと、ソーサーにも鳥が現れます。



◆ 松浦慎弥 青手・吉田屋コーヒーカップ(ペア) 8,000円

個  







<<単品>>
◆ 松浦慎弥 吉田屋コーヒーカップ(黄) 4,000円

個  



◆ 松浦慎弥 青手コーヒーカップ(緑) 4,000円

個  




松浦慎弥(まつうら しんや) 陶歴

昭和48年 日展理事浅倉五十吉先生に師事
昭和48年 第六回石川県特産業振興会研修生に採用される
昭和49年 石川県特産業展出品
昭和51年 現代美術展初入選
昭和52年 第十六回日本現代工芸展初入選
昭和52年 北陸現代美術展入選
昭和53年 北陸現代美術展入選
昭和53年 第十七回日本現代美術展入選
昭和53年 第十回日展初入選
昭和53年 金沢大和にてグループ展開催
昭和54年 北陸現代美術展入選
昭和54年 日展入選
昭和54年 グループ展
昭和55年 グループ展
昭和56年 第二十回日本現代工芸展入選
昭和56年 グループ展
昭和56年 北陸現代美術展入選
昭和56年 東京近鉄デパートグループ展
昭和57年 日本現代工芸展入選
昭和57年 日本現代工芸会友に
昭和57年 北陸現代美術展入選
昭和58年 日本現代工芸展
昭和58年 北陸現代美術展入選
昭和59年 日本現代工芸展
昭和59年 北陸現代工芸展
昭和60年 日本現代工芸展
昭和61年 日本現代工芸展
昭和62年 日本現代工芸展
昭和62年 福井西武デパート九谷三人展開催
昭和62年 名鉄デパート九谷三人展開催
昭和63年 東京銀座松屋に於いて個展
昭和63年 新高輪プリンスホテルアートギャラリーで個展
平成元年 芸術公論ベストアーチスト40に掲載
平成元年 横浜ソゴウアートサロンで個展
平成2年 日本現代工芸展
平成2年 福岡玉屋に於いて個展
平成2年 横浜に於いて個展
平成3年 日本現代工芸展入選
平成3年 日展入選
平成3年 横浜ソゴウアートサロンに於いて第二回個展
平成4年 日本現代工芸展入選
平成4年 伊勢丹新宿に於いて個展
平成5年 小松空港ロビーに於いて個展
平成6年 横浜ソゴウアートサロンに於いて第三回個展
平成6年 渋谷黒田陶苑に於いて個展
平成7年 千葉三越に於いて個展
平成7年 新宿三越に於いて個展
平成7年 渋谷黒田陶苑に於いて第二回個展
平成7年 太陽の特集で掲載
平成8年 大阪阪神に於いて個展
平成9年 渋谷黒田陶苑に於いて個展
平成10年 銀座松屋に於いて個展
平成11年 新潟三越に於いて個展
平成11年 福岡博多に於いて個展
平成12年 新潟三越に於いて個展
平成12年 福岡博多に於いて個展
平成13年 大阪阪神に於いて個展
平成14年 清酒大関CMに掲載
平成15年 名古屋に於いて個展
平成16年 名古屋に於いて個展
平成17年 名古屋に於いて個展
平成18年 新潟長岡市に於いて個展




眉石 あけび・山ぶどう長皿(2枚セット) 3,800円
23.6cm x 12.4cm

焼き魚・取皿などいろいろ使える多用途の長皿を図柄の違う2枚セットでもご購入出来ます。贈答用にも手頃で喜ばれるのでお薦めです。


適度な深さもあり、きれいに重ねられるのでとても便利。



◆ 眉石 あけび・山ぶどう長皿(2枚組) 3,800円

個  







<<単品>>
◆ 眉石 あけび長皿 1,900円

個  



◆ 眉石 山ぶどう長皿 1,900円

個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる
第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選
第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選




眉石 山ぶどう取鉢(5つ組) 9,500円
径 14cm 高 5cm

品が良いのに普段使いとしてもどんどん使えるおすすめの器。山ぶどうはあっさりさわやかなところが特徴ですね。

サラダやお鍋の取鉢に使ったり、冷奴などもとても綺麗に見栄えがしますよ。




◆ 眉石 山ぶどう取鉢(5つ組) 9,500円

個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる
第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選
第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選