吉田勝山 赤絵網目文湯呑(よしだしょうざん あかえあみめもんゆのみ) 各2,800円
(大)径 7cm 高 8.2cm
(小)径 6.5cm 高 7.8cm

網の目の模様を赤絵で綺麗に描き上げたお湯呑です。古くからの模様ですが、いま見ても洒落ていますね。紙製の箱に入れてお届けします。


持ちやすい、シンプルな作りです。



◆ 吉田勝山 赤絵網目文組湯呑(2つ組) 5,600円

個  







<<単品>>
◆ 吉田勝山 赤絵網目文湯呑(大) 2,800円

個  



◆ 吉田勝山 赤絵網目文湯呑(小) 2,800円

個  




吉田勝山(よしだ しょうざん) 陶歴

昭和13年 石川郡野々市町野代に生れる
昭和38年 作陶生活に入る
昭和40年 朝日陶芸展新入選
昭和47年 日展新入選
昭和48年 金沢市創作工芸展市長賞
昭和48年 光風会展新入選
昭和49年 日本現代工芸展新入選
昭和49年 中日国際陶芸展名鉄丸越賞
昭和49年 金沢九谷新作展市長賞
昭和55年 石川県現代美術展最高賞
昭和57年 石川県現代美術展特別賞
昭和59年 金沢市工芸展県知事賞
昭和63年 石川県現代工芸展会長賞
平成元年 石川県現代美術審査員
平成元年 日展十回入選
平成五年 無所属




◆ 大酒清山 赤絵細密画 龍飾皿(おおさけ せいざん あかえさいみつが りゅうかざりざら) 26万円
径 24cm

非常に細い線で描かれた、赤絵細密画のお皿です。これだけ筆を入れてもきつくあたらず、気品があるのはさすがですね。木箱に入れてお届けします。

お皿の裏まで小紋が描かれています。皿立ても一緒におつけします。



★上記の品はメール又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


大酒清山 (おおさけ せいざん) 陶歴

 私は、絵師住田菊松の六男として昭和十六年に生まれ、生後間もなく絵付師大酒清山(先代)の養子となり、幼少の頃より父清山に師事し今日に至りました。
 その間、実父養父の金彩錦手法の特徴である極細密画に本金をあしらった各手法を取得し、実兄金陽の毛筆細事とは異にした赤絵細密画を一筋に独自の画風を築かんが為精進し、又伝統工芸の芸術的価値を高める一端となるべくその制作に日夜余念無く努力と情熱を燃やし続けて居るものであります。

第十回 九谷焼伝統技能展 小松商工会議所会頭賞
第十一回 石川県知事賞
第十二回 小松市長賞
第十三回 石川県知事賞
第十四回 九谷焼伝統工芸士会会長賞
平成十一年二月 通産大臣認定伝統工芸士に認定




松浦慎弥 水辺鳥文コーヒー碗(まつうらしんや みずべとりもんこーひーわん) 3,200円
カップ径 8.3cm 高 6.5cm
皿径 14.3cm

水辺の芦の緑がすっきりと映える、当店人気のコーヒーカップです。ひねった風合いの素地で味があり、しかも軽く作られていますので、とても使いやすいですよ。

カップを持ち上げると、ソーサーにも鳥の絵が。




◆ 松浦慎弥 水辺鳥文コーヒー碗 3,200円

個  




松浦慎弥(まつうら しんや) 陶歴

昭和四十八年 日展理事浅蔵五十吉先生に師事
現代美術展入選
北陸現代美術展入選
日本現代美術展入選
日展入選
日本現代工芸展入選
芸術公論でベストアーチスト四十に掲載
清酒大関CMに掲載

個展
金沢大和 東京銀座松屋 新高輪プリンスホテルアートギャラリー 高島屋 横浜そごうアートサロン
大阪大丸 伊勢丹新宿 千葉三越 新宿三越 新潟三越 ほか多数




眉眉石 山ぶどう・あけび切立8寸皿(びせき やまぶどう・あけびきったちはちすんざら) 各5,600円
径 24cm 高 3.7cm

山ぶどう、あけびをそれぞれあしらった8寸皿。盛皿としても、銘々のパスタやカレー皿としても使いやすく、見た目にも抜群のデザイン性を発揮します。かなりしっかりした造りなので、長く愛用して頂けますよ。紙製の箱に入れてお届けします。

側面に図柄が続いていることで、立体感が出ています。




◆ 眉石 あけび切立8寸皿 5,600円

個  



◆ 眉石 山ぶどう切立8寸皿 5,600円

個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる
第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選
第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選




眉石 山ぶどう長円盛皿 7,500円
34cm x24.5cm

フライ、天ぷら、お刺身にいろいろな用途に使える盛皿です。長円型なのでテーブルにも配置しやすく、お料理の色もきれいに映えます。

若干の深さがありますので、汁のあるお料理でも大丈夫です。とても丈夫なお皿で、どんどん使って頂きたいですね。




◆ 眉石 山ぶどう長円盛皿 7,500円

個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる
第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選
第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選