鈴木晶子 椿寸胴マグカップ  2,300円
径 9.2cm 高 7.5cm


赤、黄、緑の九谷色絵と茶色が素朴でかわいいマグカップ。
すとん、とした寸胴型はたっぷり入って見た目も愛嬌たっぷりです。




模様は全面に描かれています。
色絵の椿と茶色の模様は多すぎず、少なすぎず。ほどよいバランスです。



カップソーサーの内側は底面まで絵付けが施されています。かわいい。



230ccはゆうに入るので、スープなど、たっぷり使えます。
野菜スティックを入れたりサラダカップにもかわいいですね。



◆ 鈴木晶子 椿寸胴マグカップ 2,300円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



理節 馬と人7寸丸皿 18,000円
径 21.5cm


やわらかなカーブを持った手づくりの丸皿です。
華やかな模様に囲まれて、凛々しくもかわいい馬を駆る人物像を描いています。



きりっとした顔立ちにどこかあどけなさも見えます。
笑顔も見え、鳥が祝福してくれているのでしょうか。



手づくりの粘土板から成型される形のやわらかさがあります。
高台は外し、全体が薄く軽く作られており、重ねてもコンパクトにおさまります。
リムの高さを確保し手にとりやすいよう作られています。



手触りがとてもよく、軽いので片手でつまんで持てます。とても扱いやすいお皿です。







◆ 理節 馬と人7寸丸皿 18,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



橋本薫 百花鉢 45,000円
径 18cm 高 7.2cm


季節の花々を描いた鉢。"百花"と名づけられています。
特に春と秋の植物を同じ空間に描く図柄は「春秋」と呼ばれ、一年を通して楽しめる意味合いもあります。
お客様をお迎えするお菓子鉢としても良いですね。



たくさんのお花が描いてありますが全体のまとまりを感じます。



勢いのある画風。
力が入りすぎず、それでいて乱雑な感じが一切しません。
桜と紅葉のあいだには、空気の流れを感じます。



側面に描かれている梅がとてもかわいいんです。




手に良くなじみ、おさまりの良い鉢です。



◆ 橋本薫 百花鉢 45,000円
個  




橋本薫 陶歴

岩手県生まれ。
1974年より、九谷須田青華窯にて食器作りを習い、1985年に独立。
橋本俊和とともに石川県加賀市に曽宇窯を開く。
水音涼やかな川辺の住まいと工房で、器制作、読書、俳句、料理、猫との暮らしを楽しむ。