鈴木晶子 亀甲文夫婦飯碗 一組 5,200円
     亀甲文飯碗(大) 2,600円
     径 12cm 高 7cm
     亀甲文飯碗(小) 2,600円
     径 10.5cm 高 5.8cm



六角形を組み合わせ連ねた亀甲文様。その名のとおり亀の甲羅に似ている事からその名が付いています。
長寿をはじめ縁起のよい吉祥文様。
そんな亀甲文を細かく描き込み、美しいご飯茶碗ができました。



高台に向かうに従って、亀甲文様はどんどん細かくなっていきます。
ご飯茶碗のきれいなカーブを描くシルエットも相まって、藍、白、赤のコントラストがとても美しい。




ご飯茶碗の縁を跨いで、内側まで織り込むように文様が続いています。



亀甲文なので、小さなかわいいかめをひとつ、描いて頂きました。シンプルでちいさくて、ほんとかわいい。






大小夫婦で並べると風格を感じます。縁起のよい図柄なので贈り物にもお勧めです。






手に持っているのは大きいほうのご飯茶碗です。使いよい、おおらかな形です。






◆ 鈴木晶子 亀甲文夫婦飯碗 一組 5,200円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文飯碗(大) 2,600円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文飯碗(小) 2,600円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
     矢羽根飯碗(大) 2,400円
     径 12cm 高 7cm
     矢羽根飯碗(小) 2,400円
     径 10.5cm 高 5.8cm



昔の矢羽根(やばね)模様をモチーフとしたご飯茶碗です。
存在感があるデザインをやさしい色合いで表現し、手描きの良さもとってもよく伝わってきます。



藍色の呉須は素焼きの素地に染み込み濃淡が出ています。
焼き上げて藍と白の色が出たら、赤や緑を絵付けしてまた窯で焼きます。




羽根の部分は、呉須を塗ったところを引っかいて線を出しています。"掻き落とし"と呼ばれ独特の線が生まれ、作家さんの手作業が伝わってきます。素朴で、なんともかわいい線。



内側にも矢羽根が交互に色を変えて描かれています。飽きが来ないデザインで、炊き込みご飯なども美味しそう。






個性的で派手すぎず、お気に入りです。手に持っているのは大きいほうのご飯茶碗です。






◆ 鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(大) 2,400円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(小) 2,400円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 染網手松竹梅夫婦飯碗 一組 5,000円
     染網手松竹梅飯碗(大) 2,500円
     径 12cm 高 7cm
     染網手松竹梅飯碗(小) 2,500円
     径 10.5cm 高 5.8cm



全体に網目模様を張り巡らし、松竹梅を散らした、かわいくおめでたいご飯茶碗です。
並べただけで楽しくなりそう。



高台のところにもワンポイントの松竹梅が配されています。
普段見えないところまで手を入れてあるのは嬉しいですね。




丸くおおらかなかたちです。
見込みに絵付けはせずに白地を残しています。



色絵の玉模様が全体に動きを演出しています。昔ながらの網目模様に新しいテイストを加えています。
手に持っているのは大きいほうの飯碗です。






◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅夫婦飯碗 一組 5,000円
個  




◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅飯碗(大) 2,500円
個  




◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅飯碗(小) 2,500円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
     松十草飯碗(大) 2,800円
     径 12cm 高 7cm
     松十草飯碗(小) 2,800円
     径 10.5cm 高 5.8cm



十草(とくさ)と呼ばれる縦線模様を無数に引いて、伝統九谷の色絵により小さく松の葉模様を描いて繋いでいます。
ほっこりとご飯を楽しめるご飯茶碗です。



黄、緑、紫で松の葉っぱを表現しています。
黄色を多めにして、紫、緑がアクセントになっています。葉の中心は赤を入れています。




内側深めまで線を入れて十草模様のよさを出しています。
見込みに絵付けはせずに白地を残しています。



丸く安心感のあるかたち。手に持っているのは大きいほうの飯碗です。






◆ 鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(大) 2,800円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(小) 2,800円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 松十草小丼  3,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


九谷色絵で描いたかわいい松の葉模様と一本一本引かれた染付の線が味わい小丼。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな、もう少し小さめの盛鉢があったらな、という方にお勧めのサイズです。




丸く、横に連なっているのが松の葉模様です。
緑、黄色、紫、赤、九谷五彩と呼ばれる色のうち4つが使われています。




内側はシンプルに。縁に十草模様が入っているのでおいしいどんぶりごはんや煮込みものを引き立ててくれます。




縁が反るように成型されており、汁物も食べやすくできています。




◆ 鈴木晶子 松十草小丼 3,400円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 椿小丼  2,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


九谷焼特有の鮮やかな色絵と、鉄絵の素朴な茶色を組み合わせて描いたかわいい小丼。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな〜、もう少し小さめの盛鉢があったらな〜という方にお勧めのサイズです。




まずは茶色の鉄絵の部分のみ描いて窯で本焼きします。
白地があがって茶色の絵付けが浮かび上がったら、赤、黄、緑で椿の花を描きます。
再度上絵の窯で焼いて、はじめてこの色の組み合わせが成り立ちます。




縁が色絵で彩られ、中は素朴でおとなしめです。




縁が反るように成型されており、どんぶりも食べやすくできています。




◆ 鈴木晶子 椿小丼 2,400円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



谷敷正人 黄地ひし文夫婦飯碗 一組 13,200円
飯碗 一個 6,600円
(大)径 12.2cm 高 5.8cm
(小)径 10.8cm 高 5.5cm


九谷の色絵を存分に生かした夫婦のご飯茶碗です。
伝統の絵付けを用いながらすっきりとしたデザインを持つのが特徴です。



両正面のひし文には梅と椿が描かれています。
高台が台形のように食い込むように削られ、スタイルよく作られています。手作りの成せる業ですね。



厚い緑の釉薬。
黄色との間に白地のラインを入れることですっきりと色が映えます。




外側にしっかりと絵付けがしてあるので内側は白地で。
ぽってりとした外観なのに軽いです。




側面に赤絵のひし文がワンポイントで入っています。



◆ 谷敷正人 黄地ひし文夫婦飯碗 一組 13,200円
個  



◆ 谷敷正人 黄地ひし文飯碗(大) 6,600円
個  



◆ 谷敷正人 黄地ひし文飯碗(小) 6,600円
個  




谷敷正人 陶歴

昭和30年 石川県小松市に生れる。
昭和50年 文化勲章受章者浅蔵五十吉先生に師事
昭和55年 日展入選以後連続入選
平成14年 石川新県庁議会庁舎
     エントランスホール陶板作成
平成16年 現代美術展佳作賞受賞「椿の器」
平成18年 現代美術展北国新聞賞受賞「漂う」
東京、大阪、金沢などで個展多数



招き猫湯呑 1,100円
(MANEKINEKO TEA CUP)
径 7cm 高 8.1cm

招き猫飯碗 1,400円
(MANEKINEKO RICE BOWL)
径 10.3cm 高 5.6cm

ちょっととぼけた表情のかわいい招き猫。小さめの飯碗・湯呑です。

高台をまたいで招き猫を描くなんて、おもしろいですね。




◆ 招き猫湯呑と飯碗のセット 2,500円

個  



◆ 招き猫湯呑 1,100円

個  



◆ 招き猫飯碗 1,400円

個  







花文湯呑飯碗揃 6,000円
湯呑
(大)径 7.6cm 高 8.8cm
(小)径 7.3cm 高 8cm
飯碗
(大)径 11.3cm 高 6cm
(小)径 10.3cm 高 5.6cm

素朴な手描きの線がかわいいんですよね。

九谷焼のほかではあまり見ない柄。ぽっこりとした形が手になじみます。




◆ 花文湯呑飯碗揃 6,000円

個  




花文湯呑 各1,500円
(大)径 7.6cm 高 8.8cm
(小)径 7.3cm 高 8cm



◆ 花文組湯呑(2つ組) 3,000円

個  




<<単品>>
◆ 花文湯呑(大・青) 1,500円

個  




◆ 花文湯呑(小・赤) 1,500円

個  




花文飯碗 各1,500円
(大)径 11.3cm 高 6cm
(小)径 10.3cm 高 5.6cm



◆ 花文組飯碗(2つ組) 3,000円

個  






<<単品>>
◆ 花文飯碗(大・青) 1,500円

個  




◆ 花文飯碗(小・赤) 1,500円

個  







ゆず飯碗(ゆずめしわん) 各1,200円
(大)径 11.3cm 高 6cm
(小)径 10.3cm 高 5.6cm

かわいい、普段使いのご飯茶碗。ぽっこり盛り上がる九谷の黄色とゆずがぴったりきています。紙製の箱に入れてお届けします。


碗の内側にゆずがひとつずつ。ゆずの輪郭をそれぞれ青、赤で描き大きさを変えています。



◆ ゆず組飯碗(2つ組) 2,400円

個  







<<単品>>
◆ ゆず飯碗(大) 1,200円

個  



◆ ゆず飯碗(小) 1,200円

個  







眉石 山ぶどう・あけび飯碗 各1,900円
径 11.6cm 高 6cm

眉石 染付山ぶどう・あけびの飯碗です。シンプルな色だけに、素地は手作りのよさが表れています。


あけびの葉っぱ,かわいいですよね。山ぶどうはさわやかな印象。




◆ 眉石 山ぶどう飯碗 1,900円

個  



◆ 眉石 あけび飯碗 1,900円

個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる
第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選
第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選




赤青てまり飯碗 各1,480円
(大・青)径 11.7cm 高 6cm
(小・赤)径 10.6cm 高 5.6cm

てまりを描いた和風の飯碗。刷毛塗りの跡が手描きのよさを物語っています。


裏にも小さなまり模様。かわいいですね。



◆ 赤青てまり組飯碗(2つ組) 2,960円

個  







<<単品>>
◆ てまり飯碗(大・青) 1,480円

個  



◆ てまり飯碗(小・赤) 1,480円

個  







染付うず十草飯碗 1,500円
径 11.3cm 高 5.9cm

太い線と細い線を交互に描いた、十草文様の飯碗です。ノスタルジックな印象も受けますね。

"和"の飯碗、という形容がぴったり。数を揃えてもかわいいと思います。




◆ 染付うず十草飯碗 1,500円

個  







お雛様の器たちのセット 8,100円
飯碗: 径 10cm 高 5.2cm
湯呑: 径 6.6cm 高 7.3cm
れんげ: 長 14.5cm
小皿: 径 9.3cm
長皿: 23.6cm x 12.4cm

やわらかな色絵が華やかな、お雛様を描いたとってもかわいい器たちです。

素朴な手描きの線は、何年経っても飽きがきません。




◆ お雛様の器たちのセット 8,100円

個  







お雛様飯碗 2,000円
径 10cm 高 5.2cm



◆ お雛様飯碗 2,000円

個  







お雛様湯呑 1,800円
径 6.6cm 高 7.3cm



◆ お雛様湯呑 1,800円

個  







お雛様れんげと小皿 1,800円
れんげ: 長 14.5cm
小皿: 径 9.3cm



◆ お雛様れんげと小皿 1,800円

個  







お雛様長皿 2,500円
23.6cm x 12.4cm



◆ お雛様長皿 2,500円

個  







九谷焼 まりとネコの飯碗
まりとネコの飯碗 各750円
(大)径 11.3cm 高 5.7cm
(小)径 10.7cm 高 5.3cm

以前からネコの飯碗があったのですが、今回素地がやわらかみのあるカタチに変わったので、大と小の組飯碗を作りました。

九谷焼 まりとネコの飯碗 九谷焼 まりとネコの飯碗
黒の線でまりを描いたのが大きいほうの飯碗。小さいほうは赤の線で描いてあります。ネコがまりを追っかけてる絵の飯碗なんですネ。




◆ まりとネコの飯碗(大) 750円

個  



◆ まりとネコの飯碗(小) 750円

個  







お雛様湯呑 1,800円
径 6.6cm 高 7.3cm
お雛様飯碗 2,000円
径 10cm 高 5.2cm

かわいらしいお雛様を描いた湯呑、飯碗です。飯碗にはやさしい色絵で桜の絵も描かれています。



飯碗の中にお雛様。年中問わず評判のよい品です。



◆ お雛様湯呑 1,800円

個  



◆ お雛様飯碗 2,000円

個  






鯉のぼり湯呑 1,800円
径 6.6cm 高 7.3cm
鯉のぼり飯碗 2,400円
径 10cm 高 5.2cm

かわいい鯉のぼりを描いたお湯呑と飯碗です。


碗の内側にも鯉のぼり。うろこの一枚一枚まで手描きです。愛嬌のある顔をしていますヨ。



◆ 鯉のぼり湯呑 1,800円

個  



◆ 鯉のぼり飯碗 2,400円

個  






染椿飯碗 各2,300円
(大)径 11.6cm 高 6cm
(小)径 10.9cm 高 5.5cm

やわらかなろくろ引きのかたちに、ふうわりと椿を描いた飯碗です。
九谷焼では、染椿の図柄もずいぶんポピュラーになりました。



碗の内側にも一輪、椿が描いてあります。



◆ 染椿飯碗(大) 2,300円

個  



◆ 染椿飯碗(小) 2,300円

個  






染十草飯碗 各1,700円
(大)径 11.5cm 高 6.5cm
(小)径 10.6cm 高 6cm

かたちのラインが、無数の線を描くことによってさらにやわらかく表現されています。
十草もようは定番のひとつですネ。さわやかで、飽きがきません。


内側まで十草もようが入り込んでおり、中央にはちょこっ、と花が描かれています。



◆ 染十草飯碗(大) 1,700円

個  



◆ 染十草飯碗(小) 1,700円

個  






かぶ飯碗 各1,100円
(青)径 11.3cm 高 6cm
(赤)径 10.3cm 高 5.6cm

ぽっこりとしたろくろ引きのかたちに、かぶの絵がちりばめられています。
飽きのこないデザイン。



碗の内側にそれぞれひとつ、かぶが描かれています。



◆ かぶ飯碗(青) 1,100円

個  



◆ かぶ飯碗(赤) 1,100円

個  






とんぼ飯碗 各1,200円
(青)径 11.5cm 高 6.2cm
(赤)径 11cm 高 5.5cm

すっきりとかわいいとんぼを描いた夫婦飯碗です。
反り型のかたちなので、持ちやすく、使いやすいですヨ。


碗の内側にも染付でとんぼが描いてあります。




◆ とんぼ飯碗(青) 1,200円

個  

◆ とんぼ飯碗(赤) 1,200円

個