中荒江道子 金彩梅フリーカップ 6,500円
径 9cm 高 7.5cm 容量 140cc


染付の藍の色に赤が差され、さらに金彩で彩っています。
白地を合わせた四色のコントラストが綺麗で、お着物のようでもあります。



白と藍の面を交互に配することによってそれぞれが引き立てあっています。
梅の花、かわいいですね。おしべの色も違えているのが印象的です。



内側はすっきりと白地のみです。



外周に高台を配してある、個性ある底面。
ここにも梅の枝花が銘と一緒に描かれています。




とても雰囲気のあるカップです。
お客様にお出ししても喜ばれるでしょう。






◆ 中荒江道子 金彩梅フリーカップ 6,500円
個  




中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



鈴木晶子 染網手松竹梅夫婦飯碗 一組 5,000円
     染網手松竹梅飯碗(大) 2,500円
     径 12cm 高 7cm
     染網手松竹梅飯碗(小) 2,500円
     径 10.5cm 高 5.8cm



全体に網目模様を張り巡らし、松竹梅を散らした、かわいくおめでたいご飯茶碗です。
並べただけで楽しくなりそう。



高台のところにもワンポイントの松竹梅が配されています。
普段見えないところまで手を入れてあるのは嬉しいですね。




丸くおおらかなかたちです。
見込みに絵付けはせずに白地を残しています。



色絵の玉模様が全体に動きを演出しています。昔ながらの網目模様に新しいテイストを加えています。
手に持っているのは大きいほうの飯碗です。






◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅夫婦飯碗 一組 5,000円
個  




◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅飯碗(大) 2,500円
個  




◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅飯碗(小) 2,500円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





理節 草花文フリーカップ  14,200円
径 8.2cm 高 6.2cm 容量 160cc


草花が繊細に美しく描かれたフリーカップ。
珈琲やお茶も良さそうだし、ウイスキーをロックで飲むのも美味しそうです。



割り取った中に描かれる草花はどれも素敵で、正面をどこに使っても良いです。
周りは花模様。上部に花弁が舞う様子が描かれます。
底から4分の1ほど、削って面が取ってあり変化をつけています。



内側は草花の帯が巻いてありすっきりとした印象。




持ちやすく、品良く飲みたい時に良い大きさです。
格好良いカップですね。







◆ 理節 草花文フリーカップ 14,200円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展





川上真子 鯛小皿  1枚 2,500円
       5枚揃 12,500円
径10cm 高 1.8cm



品のよい、美しい線で鯛を描いたとてもおめでたい柄の小皿です。
染付の藍の線の上から数種類の色絵を重ね、また焼くことにより綺麗な差し色となっています。



鯛を囲むように松竹梅が配されます。
おめでたい事この上ありません。
差し色になっている鱗の赤の色がきれいです。



裏には小紋が描かれています。
精微な線にも濃淡があって味わい深いですね。



輪花型に合わせて面を取った形になっています。



◆ 川上真子 鯛小皿 1枚 4,400円
個  




◆ 川上真子 鯛小皿 5枚揃 12,500円
個  







川上真子 陶歴

陶歴

神奈川県出身
2012 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016 独立
石川県能美市にて染付を中心とした絵付磁器を製作
2017 3月 福岡 岩田屋本店にて個展
7月 伊勢丹相模原店にて個展
9月 三越日本橋店にて九谷焼三人展



中憲一 枝垂れ桜たたら銘々皿 5枚  22,000円
横15.3cm 縦10.3cm


やわらかなピンクの色を重ねることで、桜の花々をふくよかに描いた枝垂れ桜の銘々皿です。
一枚一枚違った構図で描かれており、空間の空け方やお花の描き方の違いをそれぞれ楽しむことができます。




淡いピンクと深いピンクを重ねることにより厚みが増し、表情が豊かになっています。
おしべの先と舞う花びらには金を用いてアクセントにしています。




粘土の板から焼き上げたたたら作りの角皿です。高台はなく、重ねたときはかなりコンパクトになります。



手づくりの質感が感じられ、テーブルにひたっと佇む姿が素敵です。
いつ見ても、うっとりするような桜たちです。






◆ 中憲一 枝垂れ桜たたら銘々皿 5枚 22,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



鈴木晶子 波文鉢 4,100円
径 16.8cm 高 6cm



泡を立てながら押し寄せる波が、外側から内側に入り込んできているおもしろい構図の鉢です。
小さく千鳥が飛んでいるのもみどころです。



鉢の正面外側に一羽、内側に二羽描くことで遠近感が出ています。
かわいい色の千鳥たち。自分のほうにちゃんと正面が向いているか確認したくなります。




かわいい絵だけどなかなか豪快な波は、高台から始まっています。
波しぶきを色絵で表現しているのがおもしろいですね。



白地の空け方がとても個性的になっています。
手頃な大きさで、ちょっと煮物を出したり、酢の物や和え物、海鮮風のサラダもよさそうです。






◆ 鈴木晶子 波文鉢 4,100円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





中荒江道子 さる桃鉢 7,500円
径 18cm 高 6.5cm


渋い藍の染付の色に赤と黄色の差し色が入ったかわいい鉢。
黄色と赤は何かというと、さると桃なんです。



桃を食べるさる、座っているさる、ひゃっほう、と跳んでいるさるが見えます。



十角形をひねった格好の鉢。手頃な大きさです。
側面には染付で桃が描かれています。




軽く、扱いやすい鉢です。
煮物など和のお料理がとてもおいしく映えそう。






◆ 中荒江道子 さる桃鉢 7,500円
個  




中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中憲一 野ぶどう葉型皿  13,000円
横30.5cm 縦14cm 高 4cm


30cmの幅がある笹の葉型の盛皿です。
大きなテーブルのセンターを飾ったり、人が集まるときに華やかさを演出する器です。




カラフルに描かれた野ぶどうの実たち。また、茎や葉は三種の緑を創り出して表現しています。




縁をまたいで外側まで緑が伸びています。



個性的でお料理が盛り栄えしやすいかたちです。
深さもあり余裕があるので、思い切って盛り付けられます。






◆ 中憲一 野ぶどう葉型皿 13,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
     松十草飯碗(大) 2,800円
     径 12cm 高 7cm
     松十草飯碗(小) 2,800円
     径 10.5cm 高 5.8cm



十草(とくさ)と呼ばれる縦線模様を無数に引いて、伝統九谷の色絵により小さく松の葉模様を描いて繋いでいます。
ほっこりとご飯を楽しめるご飯茶碗です。



黄、緑、紫で松の葉っぱを表現しています。
黄色を多めにして、紫、緑がアクセントになっています。葉の中心は赤を入れています。




内側深めまで線を入れて十草模様のよさを出しています。
見込みに絵付けはせずに白地を残しています。



丸く安心感のあるかたち。手に持っているのは大きいほうの飯碗です。






◆ 鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(大) 2,800円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(小) 2,800円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





理節 格子動物文角皿  24,000円
18cm角 高 2cm


ティータイムにスイーツを並べても良し、マリネしたお料理や生ハムやサラダを並べても良し。
夏野菜を軽くソテーしたものなど、いつものお料理をこんなお皿に盛ることで特別な時間が流れます。



中心の動物たち。朴訥な表情に、よりかわいらしさが表れています。
格子はただ四角で囲うのではなく、格子が実際に編みこまれるように描いています。



外側にもたくさんの動物たちが余すところなく描かれています。
内側の側面は角をまたぐように描かれています。絵付けがとても難しくなりますが、つながりが感じられ全体に広がりを見せています。



側面4枚と底面1枚の粘土の板を張り合わせて手づくり感が伝わるお皿です。とてもしっかりしています。







◆ 理節 格子動物文角皿 24,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展





中荒江道子 梅網盃 5,500円
径 7cm 高 6.8cm 容量 70cc


ほどよく力を抜いて描かれた網目の線に、かわいい梅がたくさん描かれた盃です。
少し高さのある盃です。冷酒がぴったりですがお好きな方は熱燗でもどうぞ。



内側の底まで網目文様と梅の絵が描かれています。
深さがあり筆先が遠くなるので絵付けが難しくなります。



斜めからのアングルから見ても、内外バランスよく描かれているのがわかり、かわいらしさがありますね。




70cc程度入ります。リラックスして冷酒を飲むのにぴったりですね。







◆ 中荒江道子 梅網盃 5,500円
個  




中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



織田光恵 想花紋盃  14,000円
径 6.5cm 高 4.5cm


やわらかく細い線で草花を描いた盃です。
あたたかみがあり、どこか儚さも感じられる気がします。



外側にも草花文様。房が下りている様がかわいいですね。小さく金彩が施されています。



反り型の美しいカーブ。
かなり薄く作られています。



ほどよい大きさで、高台部分は濃い茶色で締められておりアクセントにもなっています。



◆ 織田光恵 想花紋盃 14,000円
個  




織田光恵 陶歴

一九七七年 石川県金沢市に生れる
二〇〇〇年 国立高岡短期大学産業工芸学科金属工芸専攻 卒業
二〇〇三年 石川県立九谷焼技術研修所本科 卒業
二〇〇三年 妙泉陶房入社 山本長左氏に染付を学ぶ
二〇〇六年 妙泉陶房退社
二〇〇六年 金沢わん ONE 大賞 優秀賞
二〇〇七年 第二十五回朝日現代クラフト展 入選
二〇〇七年 第六十三回金沢市工芸展 金沢市長奨励賞
二〇〇七年 神戸ビエンナーレ現代陶芸展 入選
二〇〇七年 第二回世界文化遺産白川郷芸術祭
二〇〇八年 第三十一回伝統九谷焼工芸展新人賞
二〇〇八年 個展GALLERY北野坂(神戸)
二〇〇八年 ブロワ日仏芸術祭 LA HALLE AUX GRAINS (仏国)
二〇〇八年 第七回益子陶芸展 入選
二〇〇九年 第六十五回金沢市工芸展 石川県伝統産業振興協議会会長賞
二〇〇九年 第三十二回伝統九谷焼工芸展 奨励賞
二〇〇九年 金沢卯辰山工芸工房研修者作品展 金沢卯辰山工芸工房賞
二〇〇九年 金沢卯辰山工芸工房 修了
二〇〇九年 第五十回記念石川の伝統工芸展入選
二〇〇九年 個展ギャラリートネリコ(金沢)
二〇一〇年 個展 香林坊大和 6階リビング(金沢)
二〇一〇年 企画展 伝統的工芸品センター(東京)
二〇一〇年 九谷焼三人展 リウボウ美術サロン (沖縄)
二〇一一年 第三十四回伝統九谷焼工芸展 奨励賞



川上真子 獅子牡丹盃  10,000円
径 6.6cm 高 2.7cm


透明感のある、涼しげな藍の色。
獅子と牡丹を描いた、冷酒が美味しそうな盃です。



獅子の表情。どこか愛嬌が感じられます。
尻尾の毛の部分までしっかり描かれています。




盃をお花に見立てて花弁が全面に描き込まれています。裏面まで力が入っています。





側面より。表とのコントラストも綺麗ですね。



熱燗もいいですし、冷酒が特に美味しそうです。







◆ 川上真子 獅子牡丹盃 10,000円
個  




川上真子 陶歴

陶歴

神奈川県出身
2012 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016 独立
石川県能美市にて染付を中心とした絵付磁器を製作
2017 3月 福岡 岩田屋本店にて個展
7月 伊勢丹相模原店にて個展
9月 三越日本橋店にて九谷焼三人展



理節 窓の中の動物たち一輪挿し  20,000円
高 15.5cm 幅 4.8cm


角の一輪挿しをおうちに見立てて、動物たちが窓の中から覗いている様を描いた、ユニークな品です。
全体の模様としても面白く、お花を飾るのが楽しくなます。



動物は鳥、うさぎ、たぬき、ときて..かたつむりまでいます。
周りを囲うお花模様は角をはさんで描いてあるものもあり、全体のつながりを感じます。



ほかにもたくさんの動物たちやお花が描かれています。
どこを正面にしても良いですね。眺めているだけで楽しい。



側面4枚と底面1枚の粘土の板を張り合わせて作る一輪挿し。手づくりの独特な質感です。







◆ 理節 窓の中の動物たち一輪挿し 20,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展





織田光恵 デミタスカップソーサー 静寂な祈り  35,000円
カップ径 10.5cm 高 5.5cm 容量 80cc
皿径 12.7cm


デミタスカップソーサー。繊細な線と小さな箇所にもていねいに塗られた色に目を奪われます。




上から見ると、ソーサーが背景となり迫力が増します。



カップの裏側、側面にも絵付けがされています。
どの方面から見ても楽しめますね。



作業を思うと気が遠くなるようなソーサーの絵付け。



容量は80cc。
カップは、すとんとした安定したかたちです。



◆ 織田光恵 デミタス 静寂な祈り 35,000円
個  




織田光恵 陶歴

一九七七年 石川県金沢市に生れる
二〇〇〇年 国立高岡短期大学産業工芸学科金属工芸専攻 卒業
二〇〇三年 石川県立九谷焼技術研修所本科 卒業
二〇〇三年 妙泉陶房入社 山本長左氏に染付を学ぶ
二〇〇六年 妙泉陶房退社
二〇〇六年 金沢わん ONE 大賞 優秀賞
二〇〇七年 第二十五回朝日現代クラフト展 入選
二〇〇七年 第六十三回金沢市工芸展 金沢市長奨励賞
二〇〇七年 神戸ビエンナーレ現代陶芸展 入選
二〇〇七年 第二回世界文化遺産白川郷芸術祭
二〇〇八年 第三十一回伝統九谷焼工芸展新人賞
二〇〇八年 個展GALLERY北野坂(神戸)
二〇〇八年 ブロワ日仏芸術祭 LA HALLE AUX GRAINS (仏国)
二〇〇八年 第七回益子陶芸展 入選
二〇〇九年 第六十五回金沢市工芸展 石川県伝統産業振興協議会会長賞
二〇〇九年 第三十二回伝統九谷焼工芸展 奨励賞
二〇〇九年 金沢卯辰山工芸工房研修者作品展 金沢卯辰山工芸工房賞
二〇〇九年 金沢卯辰山工芸工房 修了
二〇〇九年 第五十回記念石川の伝統工芸展入選
二〇〇九年 個展ギャラリートネリコ(金沢)
二〇一〇年 個展 香林坊大和 6階リビング(金沢)
二〇一〇年 企画展 伝統的工芸品センター(東京)
二〇一〇年 九谷焼三人展 リウボウ美術サロン (沖縄)
二〇一一年 第三十四回伝統九谷焼工芸展 奨励賞



鈴木晶子 纏い縞五角銘々皿  1枚 2,100円
       5枚揃 10,500円
径 12.2cm 高 2cm



まるで着物のように縞模様を纏っている姿から名付けられた、纏い縞(まといじま)の銘々皿です。
丸くろくろを引いたお皿を五角形に削りだして作ったかたちです。
端正な形の中に若干の個体差が手づくりを物語っています。



五枚揃うとさらに綺麗です。
手作業で作ったかたちの為、よく見るとやわらかな五角形や細身の五角形があります。
重ねても問題なくきれいに収まります。



白地と染付の藍、そしてやわらかな緑を加えることで涼しげな印象を受けます。
縞模様は側面も途切れることなく描かれ、裏面を覆い、高台まで続きます。まさに縞模様を纏っているようです。



裏の縞模様。表の縞が裏になるとこう続くのがなんだか不思議です。






◆ 鈴木晶子 纏い縞五角銘々皿 1枚 2,100円
個  




◆ 鈴木晶子 纏い縞五角銘々皿 5枚揃 10,500円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





山本長左 芙蓉手四方中鉢 1個
             5個揃
15cm角 高 6cm

とても美しいかたちの鉢揃えです。
九方向に瓔珞文が配されており、こういったデザインの配置のことを芙蓉手と呼びます。


★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


揃えで並んだときの迫力がすごい。
デザートなどにも使えそうなエレガントな器です。



お花型に切り取られたシルエットがとても美しい。
内側は波打っており光に反射してきらきらと光ります。



外側実のなる果樹文が描かれ全体を藍で塗り埋めてあります。
内側の白地との対比がはっきりとしお互いに引き立てあっています。



作りが非常に軽く、指で触れたときの感触がとてもよい器です。
特別なかたちでありながら、重ねた時もコンパクトに収まります。




★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作





理節 赤ずきんちゃんマグカップ  11,200円
径 8.3cm 高 8cm 容量 200cc


童話の赤ずきんちゃんを描いたマグカップです。
キュートな赤ずきんちゃん、周りを囲うお花もエレガントです。
動物たちも愛嬌があり、ストーリーを思い浮かべて楽しめるカップです。



赤ずきんちゃん。美人ですね。かごにあるのはおばあさんへのプレゼントの果物でしょうか。



離れたところからうさぎが赤ずきんちゃんを見ています。



おばあさんの家の近く。おおかみが待ち構えています。



軽く、持ちやすいカップ。200cc入ります。
持ち手は帯状に手作りしてあります。



◆ 理節 赤ずきんちゃんマグカップ 11,200円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



中荒江道子 金彩菊扇形皿  1個 6,800円
       5個揃 34,000円
14 x 7.5cm 高 2.5cm
※縦幅は器の縁から縁までを中心で測っています。


まるでアンティークのような味わいを持つ器です。手づくりの扇形の器は珍しいので、目を引きますね。
中心にお料理を配すなどして、とても絵になる器です。



あえてざっくり描くことでそれが味になり器の魅力を増しています。菊の周りは金彩が施されています。
側面内側に引かれた線も味わい深いですね。楽に引いてあるように見えますがかなりの労力を要します。



側面部分も余すところなく絵付けされています。
五枚の陶土の板を張り合わせて、それを焼き上げる事で作られた珍しいつくりの器です。高台はつけてありません。



"縁さび"と呼ばれる茶の釉薬もとてもマッチしています。






◆ 中荒江道子 金彩菊扇形皿 1個 6,800円
個  




◆ 中荒江道子 金彩菊扇形皿 5個揃 34,000円
個  







中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中憲一 さくらマグカップ  10,200円
径 8.2cm 高 7.8cm 容量 200cc


やわらかな、厚みのあるピンクで描かれたさくらのマグカップ。
とてもかわいくて上品で、お気に入りになりますね。




背面にもさくらがしっかりと描かれています。




中はすっきりと白地です。



金で描いた花弁がアクセント。めしべやおしべの先にも金が使われておりやわらかな光を放っています。




持ちやすく、軽いマグカップ。
200cc入る標準的な大きさです。







◆ 中憲一 さくらマグカップ 10,200円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



川上真子 龍盃  10,000円
径 6.6cm 高 2.7cm


昔はよく見た龍の図柄ですが、描画がむずかしく、また鱗などの絵付けに非常に手間がかかる為以前ほど見なくなりました。
鱗ひとつひとつまで丁寧に描かれた姿の良い龍の盃です。



鱗がひとつひとつしっかり重なり連なっている様子が伝わってきます。ひれの部分も細部までかたちが表現され個性が出ています。
顔の表情も格好良いですね。




少し深さを持たせた輪花型の盃です。




裏の小紋の描き込み。迫力があります。
これだけ描き込んで透明感があるのはすごいですね。



熱燗もいいですが、冷酒が特に美味しそうです。







◆ 川上真子 龍盃 10,000円
個  




川上真子 陶歴

陶歴

神奈川県出身
2012 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016 独立
石川県能美市にて染付を中心とした絵付磁器を製作
2017 3月 福岡 岩田屋本店にて個展
7月 伊勢丹相模原店にて個展
9月 三越日本橋店にて九谷焼三人展



理節 池の中の金魚7寸丸皿 13,000円
径 21.5cm


やわらかなカーブを持った手づくりの丸皿です。
7寸の大きさは盛皿にも、パスタ、ピラフなど個々にも使える用途の広い大きさです。



周りにもほのぼのとした動物たちの世界が見られます。
さるが池の中を覗き込んでいますね。動物たちそれぞれの表情を見ていくだけで楽しい。



手づくりの粘土板から成型される形のやわらかさがあります。
高台は外し軽く作られており、重ねてもコンパクトにおさまります。



手触りがとてもよく、軽いので片手でつまんで持てます。とても扱いやすいお皿です。







◆ 理節 池の中の金魚7寸丸皿 13,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



鈴木晶子 椿寸胴マグカップ  2,300円
径 9.2cm 高 7.5cm


赤、黄、緑の九谷色絵と茶色が素朴でかわいいマグカップ。
すとん、とした寸胴型はたっぷり入って見た目も愛嬌たっぷりです。




模様は全面に描かれています。
色絵の椿と茶色の模様は多すぎず、少なすぎず。ほどよいバランスです。



カップソーサーの内側は底面まで絵付けが施されています。かわいい。



230ccはゆうに入るので、スープなど、たっぷり使えます。
野菜スティックを入れたりサラダカップにもかわいいですね。



◆ 鈴木晶子 椿寸胴マグカップ 2,300円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



理節 馬と人7寸丸皿 18,000円
径 21.5cm


やわらかなカーブを持った手づくりの丸皿です。
華やかな模様に囲まれて、凛々しくもかわいい馬を駆る人物像を描いています。



きりっとした顔立ちにどこかあどけなさも見えます。
笑顔も見え、鳥が祝福してくれているのでしょうか。



手づくりの粘土板から成型される形のやわらかさがあります。
高台は外し、全体が薄く軽く作られており、重ねてもコンパクトにおさまります。
リムの高さを確保し手にとりやすいよう作られています。



手触りがとてもよく、軽いので片手でつまんで持てます。とても扱いやすいお皿です。







◆ 理節 馬と人7寸丸皿 18,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



橋本薫 百花鉢 45,000円
径 18cm 高 7.2cm


季節の花々を描いた鉢。"百花"と名づけられています。
特に春と秋の植物を同じ空間に描く図柄は「春秋」と呼ばれ、一年を通して楽しめる意味合いもあります。
お客様をお迎えするお菓子鉢としても良いですね。



たくさんのお花が描いてありますが全体のまとまりを感じます。



勢いのある画風。
力が入りすぎず、それでいて乱雑な感じが一切しません。
桜と紅葉のあいだには、空気の流れを感じます。



側面に描かれている梅がとてもかわいいんです。




手に良くなじみ、おさまりの良い鉢です。



◆ 橋本薫 百花鉢 45,000円
個  




橋本薫 陶歴

岩手県生まれ。
1974年より、九谷須田青華窯にて食器作りを習い、1985年に独立。
橋本俊和とともに石川県加賀市に曽宇窯を開く。
水音涼やかな川辺の住まいと工房で、器制作、読書、俳句、料理、猫との暮らしを楽しむ。



理節 パレードだ円皿  17,000円
26 x 21cm 高 5cm


動物たちが楽器を演奏しながら行進します。
パレードを描いたお皿です。
かわいいけど、みんな顔は真剣で一生懸命。
見ているだけで元気が出てくる器です。



手びねりで作った素朴なすがた。ひとつひとつかたちに若干の個体差がでます。
お皿の裏にも音符が踊っていますね。



最後尾は小太鼓を叩くクマではなく、小さなひよこなんですね。
ちゃんと付いて行っています。



手に取ったときのしっかり感があるので安心してどんどん使えます。
盛皿にしてもよいし、パスタやカレー皿としても使いよいお皿です。深さがあるのでソースがあるものもまったく問題ありません。






◆ 理節 パレードだ円皿 17,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



山本長左 果実文長皿(2枚組)
18.3x6.5cm 高 1cm

白と藍が美しい板状の長皿です。
周りを唐草のように草花と果実で敷き詰められ、中に空けられた白地がお料理のステージのようです。


★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


高台は付いておらずテーブルにひたっと吸い付くような質感がよいです。
こぶ締めや佃煮、小さなお料理に活躍しそうです。洋酒を横に、ナッツやドライフルーツなどもよいですね。



小ぶりで品がよく、バランスのよい形です。
すっきりとしながら、手作りのやわらかさも感じられます。



とても軽く扱いやすい長皿です。
重ねた時もコンパクトに収まります。




★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作



眉石 あけびスープ皿  3,200円
径 18.2cm 高 4.5cm


個性的なあけびを描いたスープ皿です。
和にも洋にも受け取れるあけびの柄。飽きが来ず長く使える多用皿です。



葉っぱのところにろくろを引いた跡が見えます。
写実的なようで、ゆるさも感じられる、親しみやすい絵付けですね。



やわらかな曲線のライン。
非常に扱いやすく、片付けるときにも綺麗に重なります。
側面にも絵付けがされているので器全体に立体感が増し、豊かさが感じられます。


ぽってりしているようで片手の指でつまんで持てるほど軽いです。
何枚も重ねて持ち運んでも苦になりません。



別売りで山ぶどうの図柄もあります。
ペアで使うとテーブルの器に動きが感じられ楽しくなりますよ。
サラダやスープ、カレーやピラフやシリアル、和風に煮物ほかいろいろな用途にお使い頂きたい器です。






◆眉石 あけびスープ皿 3,200円
個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる 第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選 第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選



眉石 山ぶどうスープ皿  3,200円
径 18.2cm 高 4.5cm


さわやかに山ぶどうを描いたスープ皿です。
流れるように描かれた染付の線。飽きが来ず、長く使える多用皿です。



葉っぱのところにろくろを引いた跡が見えます。
山ぶどうの実の部分など、呉須の濃淡を生かし奥行きを出しています。



やわらかな曲線のライン。
非常に扱いやすく、片付けるときにも綺麗に重なります。
側面にも絵付けがされているので器全体に立体感が増し、豊かさが感じられます。


ぽってりしているようで片手の指でつまんで持てるほど軽いです。
何枚も重ねて持ち運んでも苦になりません。



別売りであけびの図柄もあります。
ペアで使うとテーブルの器に動きが感じられ楽しくなりますよ。
サラダやスープ、カレーやピラフやシリアル、和風に煮物ほかいろいろな用途にお使い頂きたい器です。






◆眉石 山ぶどうスープ皿 3,200円
個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる 第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選 第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選



理節 チューリップカップソーサー  24,000円
カップ径 9cm 高 6.3cm
皿径 15.3cm


カップ、ソーサー共にひし形の小紋をめぐらせた帯が、すっきりと伸びています。
中を覗くとひし形の中にはひとつずつチューリップが描いてあるという、チューリップファンでなくても引き込まれるラブリーなカップソーサーです。



かたちも花形でかわいく作られています。
カップの中央には色絵のチューリップがひとつ。飲み終えた時にこんなかわいい柄が現れるなんて、うれしいですね。



持ち手にはチューリップ3つ。
注目すべきは持ち手の陰になる部分もほかと同じようにチューリップの帯を描いていることです。
描きにくい部分に細い線を引いたり、きれいに塗るのはぐっと難易度が上がります。
敢えて難しいものを描いてあるところに作家の意匠が表れています。


お皿だけでも使いたくなるソーサー。
チューリップが右に左に揺れていて、なんだかうれしそうです。



カップの容量は150ccほどです。
ソーサー付のカップとしては余裕のある大きさでしょうか。
薄くできているカップなので、軽く、持ちやすいですよ。






◆理節 チューリップカップソーサー 24,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



中荒江道子 竹格子角小鉢  1個 6,000円
       5個揃 30,000円
7.5cm角 高 3.8cm



味のある染付の濃淡を扱い、竹格子を張り巡らせた角小鉢です。
お造りや煮物、いろいろなお料理が姿よくおさまります。でんぶやいくらを使ったちらし寿司を詰めても美味しそうですね。



竹の節をひとつひとつ描いた格子模様。この渋い味のある格子がお料理の周りを飾ります。
内側手前には梅が描かれ、目立たないところに絵付けがしてあるのもうれしいところ。



側面には唐草。この角鉢は型から作ったものではなく、もともと五枚の粘土の板だったものを張り合わせた器です。端正でありながら手づくりの質感が感じられ、工程を思い浮かべるのも楽しいところ。



指ではさんで持てるほどの大きさ。
裏は高台を外したシンプルな形です。


◆ 中荒江道子 竹格子角小鉢 1個 6,000円
個  




◆ 中荒江道子 竹格子角小鉢 5個揃 30,000円
個  







中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



谷敷正人 黄地鶴の図8寸皿  9,400円
径 24.8cm 高 5cm


伝統九谷焼の黄色をふんだんに用いつつ、お料理のお皿として活躍する盛皿です。
色絵の組み合わせを変えた、三羽の鶴が飛ぶ様を円を描くように配置された構図。
間に白抜きの雲を配置することによって全体のバランスがとれています。雲たちは表情が感じられてかわいらしさがあり、お気に入りです。


体が紫で羽が緑で描かれた鶴。緑に紺青、紺青に紫の羽を持つ鶴も描かれ、この色の組み合わせが絵になるのは九谷焼なればこそ。




少し立ち上げて、若干深さを持たせてあります。
丸のかたちが固くなりすぎないよう、二箇所にひねりを加えてあります。



厚みのある黄色で覆うことで、野菜などの色のある食材とのコントラストを生かすようにしています。






◆ 谷敷正人 黄地鶴の図8寸皿 9,400円
個  




谷敷正人 陶歴

昭和30年 石川県小松市に生れる。
昭和50年 文化勲章受章者浅蔵五十吉先生に師事
昭和55年 日展入選以後連続入選
平成14年 石川新県庁議会庁舎
     エントランスホール陶板作成
平成16年 現代美術展佳作賞受賞「椿の器」
平成18年 現代美術展北国新聞賞受賞「漂う」
東京、大阪、金沢などで個展多数



鈴木晶子 麻の葉文夫婦小丼 2つ一組  6,800円
     麻の葉文小丼(染付青)  3,400円
     麻の葉文小丼(赤絵)  3,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


昔ながらの麻の葉文様を編むように描き込んだ器です。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな、もう少し小さめの盛鉢があったらな、という方にお勧めのサイズです。



赤と青の組み合わせ、きれいですね。
いかにも使いやすそうな形をしています。




すっきりした中にもやわらかさのある線。
よく見ると線の濃淡など一本一本に違いがあるのがわかります。
また、縁が反るように成型されており、汁物も食べやすくできています。




周りに文様を描くことで、真ん中に空けた白地のすっきり感が際立っています。




◆ 鈴木晶子 麻の葉文夫婦小丼 2つ一組 6,800円
個  






◆ 鈴木晶子 麻の葉文小丼(染付青) 3,400円
個  






◆ 鈴木晶子 麻の葉文小丼(赤絵) 3,400円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



川上真子 野菊6寸だ円皿  9,000円
18.5cm x 15cm 高 3cm


可憐な野菊の咲く様を描いたお皿です。
菊の輪郭などを描いたひとつひとつの線、また"濃み"と呼ばれる藍の呉須の塗りが、非常に美しいお皿です。



野菊の花ひとつひとつに表情が表れています。
また、皿の縁に引いてある二重の線をひとつをとっても、とても美しい線です。




菊花型となっているお皿のかたちは、若干の深さを持たせています。




素地はしっかり感があるのに軽く、非常に扱いやすくできています。



裏には野菊の葉が描かれています。
裏から見ても、美しいお皿ですね。







◆ 川上真子 野菊6寸だ円皿 9,000円
個  




川上真子 陶歴

陶歴

神奈川県出身
2012 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016 独立
石川県能美市にて染付を中心とした絵付磁器を製作
2017 3月 福岡 岩田屋本店にて個展
7月 伊勢丹相模原店にて個展
9月 三越日本橋店にて九谷焼三人展



理節 花かご7寸丸皿  13,000円
径 21.5cm


やわらかなカーブを持った手づくりの丸皿です。
リムの帯文様が、ぱっと開いて目に飛び込んできます。



お花のたくさん詰まったかごに、どうぶつが集まってきます。
帯の模様は白抜きの花文様になっています。



高台は外し、全体が薄く軽く作られています。重ねてもコンパクトにおさまります。
手に取りやすいよう、リムの高さは確保するよう気を使って作られています。



軽いので片手でつまんで持てます。
やわらかなカーブ、手触りもとても良いです。
表からは見えないところにも動物たちがいますね。






◆ 理節 花かご7寸丸皿 13,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



理節 草花文だ円菊花皿  17,000円
22.3 x 12.3cm 高 4cm



季節の草花をふんだんに描き込んだお花型のだ円皿です。
野菜やフルーツ、色のあるお料理を並べても良し、クッキーを並べてカフェタイムに使ってもかわいいです。



花文様と交互に描かれた季節の草花。すべて絵柄は変えてあります。
真ん中の桜が素朴でかわいく、白抜きの桜の花びらを周りに配置してあるところも見所です。



素朴なぽこぽことした質感。 高台のつくりも、手づくりらしい素朴さがよく出ています。



来客時にもぜひおすすめです。
器の話だけで盛り上がるかもしれませんね。





◆ 理節 草花文だ円菊花皿 17,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



鈴木晶子 赤絵網目酒器  7,300円
徳利 径 7cm 高 11cm 容量 150cc
ぐい呑 径 5cm 高 4cm


赤絵網目。昔から続く縁起のよい柄です。
徳利は腰のくびれた流線のラインに沿ってその網目を大きくしたり小さくしたりして描かれています。
また、内側外側両方に網目を描き込んだぐい呑はこの価格で他に見たことがありません。




小ぶりの徳利。瓢型(ひょうたん型のことです)は九谷焼特有のかたち。姿がよいですね。
口の部分の赤で締まりが出ており、色絵の水玉を散らすことで全体がやわらかい雰囲気になっています。




ぐい呑も小ぶりです。しかし覗き込むとその迫力は小ぶりではありません。




徳利は150cc入ります。一合ちょっと切れるくらい。
かわいいサイズです。




◆ 鈴木晶子 赤絵網目酒器 7,300円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



山本長左 異邦人平皿
径 20cm


藍の染付にかわいい色絵が施されたプレート。
ティータイムにお菓子やサンドイッチを盛りつけてもいいですね。
ワインならチーズや生ハム、カルパッチョ。
楽しい時間を演出してくれる器です。



色とりどりのかわいい服を着た異邦人たちはなにを話しているのでしょうか。
周りにそっと描かれた動物たちが和やかな雰囲気を表しています。



お皿のひらひらがエレガント。かわいいです。



裏には唐草を配しています。
ひらひらの基となっている凹凸は、手作業で成型したものです。



立てて、小さく飾ってもいいですね。
華のあるお皿です。




★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作



理節 オランダ船マグカップ  30,000円
径 8.5cm 高 8cm


カップの内側、深い位置にまできれいな絵付けがされているマグカップ。
浅めのカップソーサーなどに内側の絵付けは見られることがありますが、これだけ深いカップに絵付けされている品物はそうありません。
持ち手から筆先が遠くなり、一本の線をきれいに引くことさえ困難になります。



正面見込みにオランダ船。周りに唐草文様が描き込まれています。



中を覗き込むと正面にオランダ船、周りを異人さんと草花文が囲います。壮観ですね。



持ち手の陰になるところに細かな青海波の文様を描き込んでいます。
持ち手部分には剣が描かれていますね。



軽く、持ちやすいカップです。持ち手は帯状に手作りしてあります。



◆ 理節 オランダ船マグカップ 30,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



中憲一 菊マグカップ  9,200円
径 8.3cm 高 7.8cm


菊を描いたマグカップです。
緑の濃淡により光と影の部分、または葉の裏表を表現しています。
背の高いお花の黄色はひと際やさしい明るさがあり、お日さまの光を感じます。

製作の度に色の塗りわけを若干変更することがございます。



葉の輪郭は黒めの呉須で、黄色の花弁の輪郭は茶に近い呉須を使って描き分けています。
葉の力強さとお花のあたたかい明るさが表現されています。




背面にも小さく菊の花。



軽くできており、持ち手も手づくりで作られているので持ちやすくできています。







◆ 中憲一 菊マグカップ 9,200円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



織田光恵 ボンボニエール  15万6,000円
径 10.5cm 高 5.5cm


はっ、と息を呑むような繊細な絵付けと様々に散りばめられた色たち。
ボンボニエールとはイタリア由来の砂糖菓子などを入れる菓子器で、蓋の付いた器になっています。



ほんとうに細い線で一本一本筆を入れています。その空間に小さく色が塗り分けられています。



蓋の上部だけでもその仕事に驚かされます。同系色でも数色の色が作られ、全部でいくつ色があるのでしょう。



蓋を開けるとさらに華やかな世界が現れます。
持つ手と比較すると、その繊細さがよくわかります。



中からは、花や蝶が描かれエレガントな世界が広がります。
側面の文様は外側に負けないほどの描き込みです。



蓋の裏。美しいグラデーション。
小さく塗り分けられた色はひとつひとつが盛り上がり、隆起しています。九谷特有の上絵の厚さの特徴がこんなところに出ています。



◆ 織田光恵 ボンボニエール 15万6,000円
個  




織田光恵 陶歴

一九七七年 石川県金沢市に生れる
二〇〇〇年 国立高岡短期大学産業工芸学科金属工芸専攻 卒業
二〇〇三年 石川県立九谷焼技術研修所本科 卒業
二〇〇三年 妙泉陶房入社 山本長左氏に染付を学ぶ
二〇〇六年 妙泉陶房退社
二〇〇六年 金沢わん ONE 大賞 優秀賞
二〇〇七年 第二十五回朝日現代クラフト展 入選
二〇〇七年 第六十三回金沢市工芸展 金沢市長奨励賞
二〇〇七年 神戸ビエンナーレ現代陶芸展 入選
二〇〇七年 第二回世界文化遺産白川郷芸術祭
二〇〇八年 第三十一回伝統九谷焼工芸展新人賞
二〇〇八年 個展GALLERY北野坂(神戸)
二〇〇八年 ブロワ日仏芸術祭 LA HALLE AUX GRAINS (仏国)
二〇〇八年 第七回益子陶芸展 入選
二〇〇九年 第六十五回金沢市工芸展 石川県伝統産業振興協議会会長賞
二〇〇九年 第三十二回伝統九谷焼工芸展 奨励賞
二〇〇九年 金沢卯辰山工芸工房研修者作品展 金沢卯辰山工芸工房賞
二〇〇九年 金沢卯辰山工芸工房 修了
二〇〇九年 第五十回記念石川の伝統工芸展入選
二〇〇九年 個展ギャラリートネリコ(金沢)
二〇一〇年 個展 香林坊大和 6階リビング(金沢)
二〇一〇年 企画展 伝統的工芸品センター(東京)
二〇一〇年 九谷焼三人展 リウボウ美術サロン (沖縄)
二〇一一年 第三十四回伝統九谷焼工芸展 奨励賞



理節 ひし形動物文スープカップ  20,000円
カップ径 11cm 高 5.8cm


花文様に囲まれたひし形の中にはかわいい動物たちが描かれています。
内側には草花でラインが描かれ、小さなひし形にまで馬が走っている姿を見つけられます。



正面は馬に乗る人。かわいくも、気高さを感じますね。



中央にはお花をひとつ。持ち手にもお花が描いてあるのがわかります。



花文様は高台手前までびっしりと続きます。
高台は白地を空けて。
お花がぽん、ぽん、と並びます。



持ち手も手づくりなので、非常にやわらかい曲線を持っています。手にフィットして持ちやすい。



◆ 理節 ひし型動物文スープカップ 20,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



鈴木晶子 松十草小丼  3,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


九谷色絵で描いたかわいい松の葉模様と一本一本引かれた染付の線が味わい小丼。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな、もう少し小さめの盛鉢があったらな、という方にお勧めのサイズです。




丸く、横に連なっているのが松の葉模様です。
緑、黄色、紫、赤、九谷五彩と呼ばれる色のうち4つが使われています。




内側はシンプルに。縁に十草模様が入っているのでおいしいどんぶりごはんや煮込みものを引き立ててくれます。




縁が反るように成型されており、汁物も食べやすくできています。




◆ 鈴木晶子 松十草小丼 3,400円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 椿小丼  2,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


九谷焼特有の鮮やかな色絵と、鉄絵の素朴な茶色を組み合わせて描いたかわいい小丼。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな〜、もう少し小さめの盛鉢があったらな〜という方にお勧めのサイズです。




まずは茶色の鉄絵の部分のみ描いて窯で本焼きします。
白地があがって茶色の絵付けが浮かび上がったら、赤、黄、緑で椿の花を描きます。
再度上絵の窯で焼いて、はじめてこの色の組み合わせが成り立ちます。




縁が色絵で彩られ、中は素朴でおとなしめです。




縁が反るように成型されており、どんぶりも食べやすくできています。




◆ 鈴木晶子 椿小丼 2,400円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



中荒江道子 白抜きなす筒猪口と豆皿 6,800円
筒猪口単品 3,200円
径 5.7cm 高 6.2cm
豆皿単品 3,600円
径 9.5cm


全体を藍で塗り埋め白を残した部分でなすを表現した、素朴かわいい組み合わせです。
気持ち高めに作られた高台に描かれたお花の模様も素敵です。



筒猪口には香ばしいお茶を、豆皿には甘い大福などを。お茶時間が豊かになります。



筒猪口は小さめサイズなので冷酒杯にも使って頂いています。豆皿には塩を振った茶豆などすごく合いそう。
お刺身のお醤油小皿としても雰囲気が出ますね。




まるで顔が描いてあるかのよう。表情豊かななすたち。




◆ 中荒江道子 白抜きなす筒猪口と豆皿 6,800円
個  







◆ 中荒江道子 白抜きなす筒著口 3,200円
個  







◆ 中荒江道子 白抜きなす豆皿 3,600円
個  









中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中憲一 金魚角皿  23,000円
19cm角 高 2cm


ゆらりと流れるように舞い泳ぐ金魚たちを描いた美しいお皿です。
全体のコントラストの美しさもさることながら、個々の金魚の描き方も非常に精美で、手の込んだ絵付けである事がわかります。

製作のたびに色の塗りわけを若干変更することがありますので、ご注文頂いた時にはお送りする現物の写真をご案内致します。



角皿の縁も跨いで描かれる金魚。全体の広がりと立体感が出ています。
目は金を用いて描くことで、本物により近い表現になっています。




お気に入りは出目金。ひれも美しく、なにより愛嬌があります。伝統九谷の紫で濃淡をつけ、全体のアクセント的な役割も担っています。



水草も外側から描かれています。
素地は五つの粘土の板を張り合わせて焼き上げたもの。
うまく焼き上げるのは非常に難しいですが、それだけに手作りの質感の良さが出ています。



片手で持つと重めです。
立てて飾っても良いですね。






◆ 中憲一 金魚角皿 23,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



中荒江道子 染うさぎ筒猪口と豆皿 6,800円
筒猪口単品 3,200円
径 5.7cm 高 6.2cm
豆皿単品 3,600円
径 9.5cm


飛び跳ねるうさぎの姿を、渋い染付の色で慎ましやかに描いた組み合わせです。
豆皿は高台を高めに作ってあり、気高さが感じられます。高台に描かれた小紋も味わい深いですね。



筒猪口には香ばしいお茶を、豆皿には甘い大福などを。お茶時間が豊かになります。



筒猪口は小さめサイズなので冷酒杯にも使って頂いています。豆皿には佃煮などおつまみを用意するのもいいですね。




淡い色の中に濃淡があり表情がでています。
素焼きに染み込ませて描く、染付ならではの味わいです。




◆ 中荒江道子 染うさぎ筒猪口と豆皿 6,800円
個  







◆ 中荒江道子 染うさぎ筒著口 3,200円
個  







◆ 中荒江道子 染うさぎ豆皿 3,600円
個  









中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



理節 割取ぶどう桔梗型鉢  14,000円
径 16cm 高 5.8cm


淡い藍と色絵。上品な色が組み合わさったおしゃれな鉢です。
桔梗型の花びらのかたちが、ラインも美しくかわいらしさを引き立てています。



側面にもぶどうが描いてあります。




繊細に描かれた花弁やたくさんの花文、よく見ると細かく色が塗り分けられているぶどうの葉や実。見所が多いです。



軽いので片手で簡単に持てます。
桔梗のシルエットがきれい。






◆ 理節 割取ぶどう桔梗型鉢 14,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



理節 草花文桔梗型鉢  13,000円
径 16cm 高 5.8cm


草花たちの絵付けが素晴らしい見ごたえのある鉢です。
洗練された桔梗型のかたちも美しい。



側面の姿も雰囲気があります。




小さめの鉢でこの迫力はすごいですね。
割取りも線のみで囲うのではなく花文の帯となっており手が込んでいます。



裏は花びらが散らしてあり、銘の横に花一輪。
普段目に入らないところにも手が入れてあります。



軽いので片手で簡単に持てます。
桔梗のかたちのシルエットが美しいですね。






◆ 理節 草花文桔梗型鉢 13,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



中荒江道子 さる桃筒猪口と豆皿 6,800円
筒猪口単品 3,200円
径 5.7cm 高 6.2cm
豆皿単品 3,600円
径 9.5cm


赤と黄色の差し色がかわいい、筒猪口と豆皿の組み合わせです。これはさるが桃を食べている姿を描いたもの。
豆皿は高台を高めに作ってあり、気高さが感じられ、高台の赤絵の小紋も小皿では珍しく、存在感がありますね。



筒猪口には香ばしいお茶を、豆皿には甘い大福などを。お茶時間が豊かになります。



筒猪口は小さめサイズなので冷酒杯にも使って頂いています。豆皿には佃煮などおつまみを用意するのもいいですね。




豆皿のほうはこれから桃を取りに行くところですね。ストーリーがあって楽しいです。





◆ 中荒江道子 さる桃筒猪口と豆皿 6,800円
個  







◆ 中荒江道子 さる桃筒著口 3,200円
個  







◆ 中荒江道子 さる桃豆皿 3,600円
個  









中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展