鈴木晶子 梅組湯呑 一組 4,200円(税込 4,620円)
               大・小各一個 2,100円(税込2,310円)
大・径 8cm 高 9.8cm
小・径 7.5cm 高 9cm


すっきりとした白地につぶらな梅のつぼみが映えます。
謙虚ながら色絵九谷の魅力がよく出ているお湯呑です。



ざっくりとした線がうまく梅の枝ぶりを表しています。
高台部分を緑で彩るのは珍しいですね。梅の葉の緑とうまくマッチしています。


お湯呑の周り全部に梅の枝は描かれています。
洒落ていて落ち着いた様もあるお湯呑です。






◆ 鈴木晶子 梅組湯呑 一組 4,200円(税込 4,620円)
個  









◆ 鈴木晶子 梅湯呑・大 2,100円(税込2,310円)
個  









◆ 鈴木晶子 梅湯呑・小 2,100円(税込2,310円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 十重ねポット 4,700円(税込5,170円)
径 10cm 高 10cm(蓋持ち手含む)容量 250cc



漢字の"十"の模様をたくさん描いたので、"十重ね"のポットです。
手間のかかる仕事なだけでなく、ライトな黄色と組み合わせたセンスが光ります。



横から見ても、正面から見ても、よい丸さ。
念のため記しますが"十"の模様はひとつひとつ筆で描かれています。




すべてを"十"で埋めるのではなく、ぱっ、と空間を空けて軽い黄色を入れることで開放感が出ています。差し色になりこのポットのポイントにもなっていますね。
中は手づくりで穴を開けた網にしています。






容量は250ccになります。お湯呑1〜1.5杯分です。
お茶の切れもよく、使いよいポットです。




◆ 鈴木晶子 十重ねポット 4,700円(税込5,170円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 雲ポット 4,900円(税込5,390円)
径 10cm 高 10cm(蓋持ち手含む)容量 250cc



もこもこ雲の浮かぶ空を描いた、のどかなポットです。



横から見ても、正面から見ても、よい丸さ。
注ぎ口付近の、雲のもこもこ具合もいいですね。




中の網はこんな感じ。
うずまきになっている蓋の持ち手がかわいい。
ポット上部から蓋にかけて白地をぽっかり空けてあるところがのどか。






容量は250ccになります。お湯呑1〜1.5杯分です。
お茶の切れもよく、使いよいポットです。




◆ 鈴木晶子 雲ポット 4,900円(税込5,390円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 松十草ポット 5,900円(税込6,490円)
径 10cm 高 10cm(蓋持ち手含む)容量 250cc



縦線もように色絵の松葉もようを描いた、まんまるかわいいポットです。



無数に描かれた縦線にひとつひとつ濃淡が見られ、手描きの愛らしさがあり ます。松葉もこれだけたくさんあると迫力がありますね。




網は手づくりで開けてあります。金の網は付かないのでより細かい茶葉を使うときは手持ちの茶漉しを使うことをお勧めします。
ポットが丸いので、紅茶のジャンピングにも適しているかもしれませんね。






容量は250ccになります。お湯呑1〜1.5杯分です。
お茶の切れもよく、使いよいポットです。




◆ 鈴木晶子 松十草ポット 5,900円(税込6,490円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 赤網絵夫婦飯碗 一組 4,800円
     赤網絵飯碗(大・えび) 2,400円
     径 12cm 高 7cm
     赤網絵飯碗(小・鯛) 2,400円
     径 10.5cm 高 5.8cm



赤絵の網目模様を外側に描き埋めた手の込んだご飯茶碗です。
網目は大漁の意味するところからもともと縁起がよいのですが、さらに伊勢えびや鯛が見込みに描かれておりおめでたさ満載ですね。



ていねいに描かれた赤絵の網目模様。碗の内側から高台にまで続きます。
色絵の水玉を散らすことで全体がやわらかな雰囲気に仕上がっています。




きれいな線で網目をずっと描き続けるのは技術も辛抱も必要ですね。



かたちはシンプル。使いやすいかたちです。






◆ 鈴木晶子 赤網絵夫婦飯碗 一組 4,800円
個  




◆ 鈴木晶子 赤網絵飯碗(大・えび) 2,400円
個  




◆ 鈴木晶子 赤網絵飯碗(小・鯛) 2,400円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 亀甲文夫婦湯呑 一組 5,200円
     亀甲文湯呑(大) 2,600円
     径 8cm 高 9cm
     亀甲文湯呑(小) 2,600円
     径 7.5cm 高 8cm



六角形を組み合わせ連ねた亀甲文様。その名のとおり亀の甲羅に似ている事からその名が付いています。
「鶴は千年亀は万年」長寿をはじめ縁起のよい吉祥文様です。
湯呑全体を覆う文様を描き込むのはとても大変な作業ですが、ひとつひとつていねいに描き込まれています。




小さな亀がワンポイントで描かれています。かわいい。
甲羅は赤を塗ったところを削って線を出す掻き落としの技術によって独特の線が出ています。




縁をまたいで内側にも亀甲文様は続いています。
先に藍色の線だけが焼き上がり、その後に赤の絵付けを行いもう一度窯に入れます。



反り型のお湯呑は持ちやすく、縁が反っていることもあり飲みやすい形です。






◆ 鈴木晶子 亀甲文夫婦湯呑 一組 5,200円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文湯呑(大) 2,600円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文湯呑(小) 2,600円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 麻の葉夫婦飯碗 一組 5,400円
     麻の葉飯碗(大・青) 2,700円
     径 12cm 高 6cm
     麻の葉飯碗(小・赤) 2,700円
     径 11.5cm 高 5.8cm



昔ながらの麻の葉文様を綿密に描き込んだご飯茶碗の揃えです。
安心感を感じられる図柄でいつまでも飽きがこず長く使えます。
全体に九谷色絵の水玉を配すことで、やわらかさと立体感が出ていますね。

麻の葉文様は魔よけの意味や麻本来の丈夫さにあやかっているところから非常に縁起のよい柄ともされています。
清々しい、きりっとしたかたちです。




縁で折り返して内側にも文様が続いています。
描くことによって白地がさらにすっきりと見えています。




複雑だけどおとなしい印象の文様です。ひとつひとつ編み込むようにていねいに描かれます。
色絵の水玉、かわいいですね。



しっかりとした造りで、軽いので扱いやすいご飯茶碗です。






◆ 鈴木晶子 麻の葉夫婦飯碗 一組 5,400円
個  




◆ 鈴木晶子 麻の葉飯碗(大・青) 2,700円
個  




◆ 鈴木晶子 麻の葉飯碗(小・赤) 2,700円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 亀甲文夫婦飯碗 一組 5,200円
     亀甲文飯碗(大) 2,600円
     径 12cm 高 7cm
     亀甲文飯碗(小) 2,600円
     径 10.5cm 高 5.8cm



六角形を組み合わせ連ねた亀甲文様。その名のとおり亀の甲羅に似ている事からその名が付いています。
長寿をはじめ縁起のよい吉祥文様。
そんな亀甲文を細かく描き込み、美しいご飯茶碗ができました。



高台に向かうに従って、亀甲文様はどんどん細かくなっていきます。
ご飯茶碗のきれいなカーブを描くシルエットも相まって、藍、白、赤のコントラストがとても美しい。




ご飯茶碗の縁を跨いで、内側まで織り込むように文様が続いています。



亀甲文なので、小さなかわいいかめをひとつ、描いて頂きました。シンプルでちいさくて、ほんとかわいい。






大小夫婦で並べると風格を感じます。縁起のよい図柄なので贈り物にもお勧めです。






手に持っているのは大きいほうのご飯茶碗です。使いよい、おおらかな形です。






◆ 鈴木晶子 亀甲文夫婦飯碗 一組 5,200円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文飯碗(大) 2,600円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文飯碗(小) 2,600円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
     矢羽根飯碗(大) 2,400円
     径 12cm 高 7cm
     矢羽根飯碗(小) 2,400円
     径 10.5cm 高 5.8cm



昔の矢羽根(やばね)模様をモチーフとしたご飯茶碗です。
存在感があるデザインをやさしい色合いで表現し、手描きの良さもとってもよく伝わってきます。



藍色の呉須は素焼きの素地に染み込み濃淡が出ています。
焼き上げて藍と白の色が出たら、赤や緑を絵付けしてまた窯で焼きます。




羽根の部分は、呉須を塗ったところを引っかいて線を出しています。"掻き落とし"と呼ばれ独特の線が生まれ、作家さんの手作業が伝わってきます。素朴で、なんともかわいい線。



内側にも矢羽根が交互に色を変えて描かれています。飽きが来ないデザインで、炊き込みご飯なども美味しそう。






個性的で派手すぎず、お気に入りです。手に持っているのは大きいほうのご飯茶碗です。






◆ 鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(大) 2,400円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(小) 2,400円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 染網手松竹梅夫婦飯碗 一組 5,000円
     染網手松竹梅飯碗(大) 2,500円
     径 12cm 高 7cm
     染網手松竹梅飯碗(小) 2,500円
     径 10.5cm 高 5.8cm



全体に網目模様を張り巡らし、松竹梅を散らした、かわいくおめでたいご飯茶碗です。
並べただけで楽しくなりそう。



高台のところにもワンポイントの松竹梅が配されています。
普段見えないところまで手を入れてあるのは嬉しいですね。




丸くおおらかなかたちです。
見込みに絵付けはせずに白地を残しています。



色絵の玉模様が全体に動きを演出しています。昔ながらの網目模様に新しいテイストを加えています。
手に持っているのは大きいほうの飯碗です。






◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅夫婦飯碗 一組 5,000円
個  




◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅飯碗(大) 2,500円
個  




◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅飯碗(小) 2,500円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
     松十草飯碗(大) 2,800円
     径 12cm 高 7cm
     松十草飯碗(小) 2,800円
     径 10.5cm 高 5.8cm



十草(とくさ)と呼ばれる縦線模様を無数に引いて、伝統九谷の色絵により小さく松の葉模様を描いて繋いでいます。
ほっこりとご飯を楽しめるご飯茶碗です。



黄、緑、紫で松の葉っぱを表現しています。
黄色を多めにして、紫、緑がアクセントになっています。葉の中心は赤を入れています。




内側深めまで線を入れて十草模様のよさを出しています。
見込みに絵付けはせずに白地を残しています。



丸く安心感のあるかたち。手に持っているのは大きいほうの飯碗です。






◆ 鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(大) 2,800円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(小) 2,800円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 松十草小丼  3,500円
径 12.7cm 高 7.5cm


九谷色絵で描いたかわいい松の葉模様と一本一本引かれた染付の線が味わい小丼。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな、もう少し小さめの盛鉢があったらな、という方にお勧めのサイズです。




丸く、横に連なっているのが松の葉模様です。
緑、黄色、紫、赤、九谷五彩と呼ばれる色のうち4つが使われています。




内側はシンプルに。縁に十草模様が入っているのでおいしいどんぶりごはんや煮込みものを引き立ててくれます。




縁が反るように成型されており、汁物も食べやすくできています。




◆ 鈴木晶子 松十草小丼 3,500円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 椿小丼  2,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


九谷焼特有の鮮やかな色絵と、鉄絵の素朴な茶色を組み合わせて描いたかわいい小丼。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな〜、もう少し小さめの盛鉢があったらな〜という方にお勧めのサイズです。




まずは茶色の鉄絵の部分のみ描いて窯で本焼きします。
白地があがって茶色の絵付けが浮かび上がったら、赤、黄、緑で椿の花を描きます。
再度上絵の窯で焼いて、はじめてこの色の組み合わせが成り立ちます。




縁が色絵で彩られ、中は素朴でおとなしめです。




縁が反るように成型されており、どんぶりも食べやすくできています。




◆ 鈴木晶子 椿小丼 2,400円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く