谷敷正人 黄地鶴の図8寸皿  9,400円
径 24.8cm 高 5cm


伝統九谷焼の黄色をふんだんに用いつつ、お料理のお皿として活躍する盛皿です。
色絵の組み合わせを変えた、三羽の鶴が飛ぶ様を円を描くように配置された構図。
間に白抜きの雲を配置することによって全体のバランスがとれています。雲たちは表情が感じられてかわいらしさがあり、お気に入りです。


体が紫で羽が緑で描かれた鶴。緑に紺青、紺青に紫の羽を持つ鶴も描かれ、この色の組み合わせが絵になるのは九谷焼なればこそ。




少し立ち上げて、若干深さを持たせてあります。
丸のかたちが固くなりすぎないよう、二箇所にひねりを加えてあります。



厚みのある黄色で覆うことで、野菜などの色のある食材とのコントラストを生かすようにしています。






◆ 谷敷正人 黄地鶴の図8寸皿 9,400円
個  




谷敷正人 陶歴

昭和30年 石川県小松市に生れる。
昭和50年 文化勲章受章者浅蔵五十吉先生に師事
昭和55年 日展入選以後連続入選
平成14年 石川新県庁議会庁舎
     エントランスホール陶板作成
平成16年 現代美術展佳作賞受賞「椿の器」
平成18年 現代美術展北国新聞賞受賞「漂う」
東京、大阪、金沢などで個展多数



谷敷正人 黄地ひし文夫婦飯碗 一組 13,200円
飯碗 一個 6,600円
(大)径 12.2cm 高 5.8cm
(小)径 10.8cm 高 5.5cm


九谷の色絵を存分に生かした夫婦のご飯茶碗です。
伝統の絵付けを用いながらすっきりとしたデザインを持つのが特徴です。



両正面のひし文には梅と椿が描かれています。
高台が台形のように食い込むように削られ、スタイルよく作られています。手作りの成せる業ですね。



厚い緑の釉薬。
黄色との間に白地のラインを入れることですっきりと色が映えます。




外側にしっかりと絵付けがしてあるので内側は白地で。
ぽってりとした外観なのに軽いです。




側面に赤絵のひし文がワンポイントで入っています。



◆ 谷敷正人 黄地ひし文夫婦飯碗 一組 13,200円
個  



◆ 谷敷正人 黄地ひし文飯碗(大) 6,600円
個  



◆ 谷敷正人 黄地ひし文飯碗(小) 6,600円
個  




谷敷正人 陶歴

昭和30年 石川県小松市に生れる。
昭和50年 文化勲章受章者浅蔵五十吉先生に師事
昭和55年 日展入選以後連続入選
平成14年 石川新県庁議会庁舎
     エントランスホール陶板作成
平成16年 現代美術展佳作賞受賞「椿の器」
平成18年 現代美術展北国新聞賞受賞「漂う」
東京、大阪、金沢などで個展多数