中憲一 枝垂れ桜たたら銘々皿 5枚  22,000円
横15.3cm 縦10.3cm


やわらかなピンクの色を重ねることで、桜の花々をふくよかに描いた枝垂れ桜の銘々皿です。
一枚一枚違った構図で描かれており、空間の空け方やお花の描き方の違いをそれぞれ楽しむことができます。




淡いピンクと深いピンクを重ねることにより厚みが増し、表情が豊かになっています。
おしべの先と舞う花びらには金を用いてアクセントにしています。




粘土の板から焼き上げたたたら作りの角皿です。高台はなく、重ねたときはかなりコンパクトになります。



手づくりの質感が感じられ、テーブルにひたっと佇む姿が素敵です。
いつ見ても、うっとりするような桜たちです。






◆ 中憲一 枝垂れ桜たたら銘々皿 5枚 22,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



中憲一 野ぶどう葉型皿  13,000円
横30.5cm 縦14cm 高 4cm


30cmの幅がある笹の葉型の盛皿です。
大きなテーブルのセンターを飾ったり、人が集まるときに華やかさを演出する器です。




カラフルに描かれた野ぶどうの実たち。また、茎や葉は三種の緑を創り出して表現しています。




縁をまたいで外側まで緑が伸びています。



個性的でお料理が盛り栄えしやすいかたちです。
深さもあり余裕があるので、思い切って盛り付けられます。






◆ 中憲一 野ぶどう葉型皿 13,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



中憲一 さくらマグカップ  10,200円
径 8.2cm 高 7.8cm 容量 200cc


やわらかな、厚みのあるピンクで描かれたさくらのマグカップ。
とてもかわいくて上品で、お気に入りになりますね。




背面にもさくらがしっかりと描かれています。




中はすっきりと白地です。



金で描いた花弁がアクセント。めしべやおしべの先にも金が使われておりやわらかな光を放っています。




持ちやすく、軽いマグカップ。
200cc入る標準的な大きさです。







◆ 中憲一 さくらマグカップ 10,200円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



中憲一 菊マグカップ  9,200円
径 8.3cm 高 7.8cm


菊を描いたマグカップです。
緑の濃淡により光と影の部分、または葉の裏表を表現しています。
背の高いお花の黄色はひと際やさしい明るさがあり、お日さまの光を感じます。

製作の度に色の塗りわけを若干変更することがございます。



葉の輪郭は黒めの呉須で、黄色の花弁の輪郭は茶に近い呉須を使って描き分けています。
葉の力強さとお花のあたたかい明るさが表現されています。




背面にも小さく菊の花。



軽くできており、持ち手も手づくりで作られているので持ちやすくできています。







◆ 中憲一 菊マグカップ 9,200円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



中憲一 金魚角皿  23,000円
19cm角 高 2cm


ゆらりと流れるように舞い泳ぐ金魚たちを描いた美しいお皿です。
全体のコントラストの美しさもさることながら、個々の金魚の描き方も非常に精美で、手の込んだ絵付けである事がわかります。

製作のたびに色の塗りわけを若干変更することがありますので、ご注文頂いた時にはお送りする現物の写真をご案内致します。



角皿の縁も跨いで描かれる金魚。全体の広がりと立体感が出ています。
目は金を用いて描くことで、本物により近い表現になっています。




お気に入りは出目金。ひれも美しく、なにより愛嬌があります。伝統九谷の紫で濃淡をつけ、全体のアクセント的な役割も担っています。



水草も外側から描かれています。
素地は五つの粘土の板を張り合わせて焼き上げたもの。
うまく焼き上げるのは非常に難しいですが、それだけに手作りの質感の良さが出ています。



片手で持つと重めです。
立てて飾っても良いですね。






◆ 中憲一 金魚角皿 23,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



中憲一 さくらカップソーサー  19,000円
カップ径 9.4cm 高 5.5cm
皿径 14.5cm



金で描いた花びらがワンポイント。


やわらかな厚みのあるピンクは何度か窯に入れて塗り重ねて実現しています。


飲みくちも薄く、紅茶にもおすすめです。


◆ 中憲一 さくらカップソーサー 19,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選