理節 花かご7寸丸皿  13,000円
径 21.5cm


やわらかなカーブを持った手づくりの丸皿です。
リムの帯文様が、ぱっと開いて目に飛び込んできます。



お花のたくさん詰まったかごに、どうぶつが集まってきます。
帯の模様は白抜きの花文様になっています。



高台は外し、全体が薄く軽く作られています。重ねてもコンパクトにおさまります。
手に取りやすいよう、リムの高さは確保するよう気を使って作られています。



軽いので片手でつまんで持てます。
やわらかなカーブ、手触りもとても良いです。
表からは見えないところにも動物たちがいますね。






◆ 理節 花かご7寸丸皿 13,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



ゆずだ円小付  1個 640円
       5個揃 3200円
10.8 x 7.5cm 高 3.5cm



九谷の黄色が生かされたとてもかわいいゆずシリーズです。
和え物など、副菜を添えるのに便利な大きさです。



五つ揃うとゆずがたくさん。
ひとつひとつが手描きによるもので、ゆずの絵も少しずつ違います。素朴な線とぽっこりふくらんだ様子が魅力ですね。



やわらかな曲線のシルエット。外側にもワンポイントゆずが描いてあります。



きれいに重なるので食器棚での収まりも良いです。
小さい器ってかわいいですね。





◆ ゆずだ円小付 1個 640円
個  



◆ ゆずだ円小付 5個揃 3200円
個  







理節 草花文だ円菊花皿  17,000円
22.3 x 12.3cm 高 4cm



季節の草花をふんだんに描き込んだお花型のだ円皿です。
野菜やフルーツ、色のあるお料理を並べても良し、クッキーを並べてカフェタイムに使ってもかわいいです。



花文様と交互に描かれた季節の草花。すべて絵柄は変えてあります。
真ん中の桜が素朴でかわいく、白抜きの桜の花びらを周りに配置してあるところも見所です。



素朴なぽこぽことした質感。 高台のつくりも、手づくりらしい素朴さがよく出ています。



来客時にもぜひおすすめです。
器の話だけで盛り上がるかもしれませんね。





◆ 理節 草花文だ円菊花皿 17,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



鈴木晶子 赤絵網目酒器  7,300円
徳利 径 7cm 高 11cm 容量 150cc
ぐい呑 径 5cm 高 4cm


赤絵網目。昔から続く縁起のよい柄です。
徳利は腰のくびれた流線のラインに沿ってその網目を大きくしたり小さくしたりして描かれています。
また、内側外側両方に網目を描き込んだぐい呑はこの価格で他に見たことがありません。




小ぶりの徳利。瓢型(ひょうたん型のことです)は九谷焼特有のかたち。姿がよいですね。
口の部分の赤で締まりが出ており、色絵の水玉を散らすことで全体がやわらかい雰囲気になっています。




ぐい呑も小ぶりです。しかし覗き込むとその迫力は小ぶりではありません。




徳利は150cc入ります。一合ちょっと切れるくらい。
かわいいサイズです。




◆ 鈴木晶子 赤絵網目酒器 7,300円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



山本長左 異邦人平皿
径 20cm


藍の染付にかわいい色絵が施されたプレート。
ティータイムにお菓子やサンドイッチを盛りつけてもいいですね。
ワインならチーズや生ハム、カルパッチョ。
楽しい時間を演出してくれる器です。



色とりどりのかわいい服を着た異邦人たちはなにを話しているのでしょうか。
周りにそっと描かれた動物たちが和やかな雰囲気を表しています。



お皿のひらひらがエレガント。かわいいです。



裏には唐草を配しています。
ひらひらの基となっている凹凸は、手作業で成型したものです。



立てて、小さく飾ってもいいですね。
華のあるお皿です。




★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作