鈴木晶子 花格子ジャグ 5,100円(税込5,610円)
高 12cm 容量 230cc



持ち手の付いた水さしを作りました。昔の花格子の柄です。
花器としてもすっきりとインテリアになじみます。お花がなくても、かたちがかわいいのでそのまま飾っておいても良いです。



藍、白、赤のコントラストがすっきりと映えます。
容量は230ccほど入り、実際にミルクジャグや水さしとしてお使い頂けます。




とても持ちやすいハンドルが付いています。
お花を飾ってみたり、水さしなど、実際に使用する道具としても活躍し、そのまま飾っておくだけでもかわいいです。
花格子はレトロな雰囲気がありかわいい柄ですね。







◆ 鈴木晶子 花格子ジャグ 5,100円(税込5,610円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 菊十草ジャグ 5,100円(税込5,610円)
高 12cm 容量 230cc



持ち手の付いた水さしを作りました。花器として、やさしくインテリアになじみます。お花がなくても、かたちがかわいいのでそのまま飾っておいても良いです。



滲んでいる茶色の鉄絵の線が味わい深く、そこへ菊の色絵がつつましく華やかさを足しています。
容量は230ccほど入り、実際にミルクジャグや水さしとしてお使い頂けます。




とても持ちやすいハンドルが付いています。
生花やドライフラワーを飾ってみたり、水さしなど、実際に使用する道具としても活躍し、ただただ飾っておくだけでもかわいいです。
黒をバックに撮影していますが、木のテーブルや、やわらかな布に置くと相性がよさそうですね。






◆ 鈴木晶子 菊十草ジャグ 5,100円(税込5,610円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





山本長左 吉祥文カップソーサーとケーキ皿のセット
カップ径 9.4cm 高 5.4cm
皿径 14.5cm
ケーキ皿径 17.5cm

長く続く人気のカップソーサーとケーキ皿のセットです。
トリオでセットにすると、とても豪華でエレガントさが増します。

★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。





白地が清々しく、やわらかなお花の形が素敵です。
金彩のやわらかな光が非常に良く合います。






片付けるときにカップを伏せて飾っておいても素敵ですね。






カップソーサー単品でもお求めいただけます。
おおらかなかたちで、とても軽いカップです。


★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。





ケーキ皿単品です。軽いだけでなく、しっかりとした手触り。
品が良く華やかで、特別感があります。
使い勝手がよいので使う頻度も自ずと高くなると思います。


★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。





山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作





鈴木晶子 網目松竹梅うどん鉢(赤) 4,700円(税込5,170円)
径 15.5cm 高 9cm



縁起のよい網目模様を全面に張り巡らせた鉢です。赤絵がかわいいです。
うどんにぴったり。他の用途にもどうぞ。



内側は筆先が遠くなり角度も出るので線を引くのが難しくなります。
古くから描かれる網目模様に色絵の松竹梅と点の配置が絶妙です。




丸っこくてかわいいかたち。
内側にまで網目を描いてあるうどん鉢なんてそうありません。
縁を少し反らしてあるので持ちやすくできています。






◆ 鈴木晶子 網目松竹梅うどん鉢(赤) 4,700円(税込5,170円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





山本長左 吉祥文ケーキ皿 5枚揃
                1枚
径17.5cm

お花型がかわいい上品なケーキ皿です。
軽く扱いやすい大きさで、パン皿など多様に使える平皿です。

★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。





白地が清々しく、やわらかなお花の形が素敵です。
横から見ると凛とした力強さもが感じられます。



別売りのカップソーサーとトリオとして揃えると非常に華やかです。
一番下がケーキ皿です。



軽いですが、しっかりとした手触りです。
品が良く華やかで、特別感があります。
使い勝手がよいので使う頻度も自ずと高くなると思います。




★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作





鈴木晶子 麻の葉うどん鉢(赤) 4,700円(税込5,170円)
径 15.5cm 高 9cm



昔ながらの麻の葉文様。色点もかわいいですね。
飽きの来ない、長く使っていける鉢です。
うどんだけでなく、いろいろな用途に使えます。



ひとつひとつ、つむぐように描かれた文様。
やさしい赤がかわいい。




丸っこくてかわいいかたち。
おおらか形でふところが深いため、ラーメンひと玉に具材を乗せても十分間に合います。
縁を少し反らしてあるので持ちやすくできています。






別売りの麻の葉(青)も飽きが来ず素敵です。






◆ 鈴木晶子 麻の葉うどん鉢(赤) 4,700円(税込5,170円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





理節 格子草花文組湯呑 一組30,000円(税込33,000円)
(大)径7.8cm 高8.2cm
(小)径7.7cm 高7.8cm


格子を組んで間取られた中にたくさんの草花が描かれた夫婦湯呑です。
削って面を取ってあるかたちはしっかり感があり軽い。秀逸な形です。



いくつもの季節の草花が目を楽しませてくれます。
鳥がさっそうと飛ぶ姿が入ることで全体に躍動感が生まれています。



普段は見えにくいところまで手をかけて絵付けされています。遊び心も満載ですね。






◆ 理節 格子草花文組湯呑 一組30,000円(税込33,000円)

個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



多田鐵男 ペアタンブラー 一組 4,600円(税込 5,060円)
         赤・青各一個 2,300円(税込2,530円)
径 9cm 高 9cm


花畑を抽象的に描いたようなデザインが、洒落ているタンブラーです。
ろくろを少しずつずらすことで入ったろくろ目が指のかかりを良くしているのでとても持ちやすく使いやすいカップとなっています。






ざっくりと、そして軽快に運ばれる筆のラインが遊び心を感じさせます。赤の色は特に情熱的な印象です。
全体に入れた横目のろくろ線がひとつの意匠となり、すべりにくい機能的な役割も果たします。





すとんとしたかたちで、250cc入ります。






並べて飾っておいても素敵なデザインです。






◆ 多田鐵男 ペアタンブラー 一組 4,600円(税込 5,060円)
個  









◆ 多田鐵男 タンブラー(赤)2,300円(税込2,530円)
個  









◆ 多田鐵男 タンブラー(青)2,300円(税込2,530円)
個  







多田鐵男 陶歴

日本クラフトデザイン協会所属
石川県クラフト協会所属

1945 金沢に生まる
1966 金沢美術工芸大学・工業デザイン科卒業後、九谷焼デザインを志す
1969 石川県クラフト展に入賞
1970 名古屋・日本陶磁器デザイン・コンペに入選
1979〜1982 石川県デザイン展にて"金沢市長賞""デザイン協議会会長賞""商工会議所連合会会長賞"等を受賞

東京・松屋"日本クラフト展"に入選
九谷焼デザインコンクールに入賞
東京「陶芸社」「銀花」にて個展を開催する

石川県デザイン展にて"デザイン協議会会長賞"を受賞する 九谷焼製作グループ"日彩(ひいろ)"を結成し、盛岡「かわとく一番館ギャラリー」東京「松屋ギャラリー」にてグループ展開催する。






谷敷正人 唐草地紫釉祥雲平皿  13,400円(税込14,740円)
径 26.8cm


フラットな面が多く盛り付けが楽しめる平皿に、九谷五彩のひとつである紫釉を彩りました。
紫の釉薬を厚く留める役割も担う、全面に描き込まれた唐草が紫釉を通して透けて見え、器の迫力を増しています。


紫を通して見える唐草の模様が迫力を増します。
深い紫に雲の白さが浮かび上がります。




高台を外し、フラットな面を広く使えるよう工夫した形状です。




赤と青の融合色の紫という色は、気品があり、色気のある色です。
盛ったお料理の色を際立たせるステージとしての役割も果たす、魅力的な器です。




お肉料理やお魚、野菜の色も引き立ち、盛り付けの意欲が湧いてきます。
チーズやフルーツを並べたり、パスタなども良いですね。





◆ 谷敷正人 唐草地紫釉祥雲平皿  13,400円(税込14,740円)
個  







谷敷正人 陶歴

昭和30年 石川県小松市に生れる。
昭和50年 文化勲章受章者浅蔵五十吉先生に師事
昭和55年 日展入選以後連続入選
平成14年 石川新県庁議会庁舎
     エントランスホール陶板作成
平成16年 現代美術展佳作賞受賞「椿の器」
平成18年 現代美術展北国新聞賞受賞「漂う」
東京、大阪、金沢などで個展多数



理節 ワインを飲む異邦人カップソーサー 19,000円(税込20,900円)
カップ径7.8cm 高6.5cm
皿径14.2cm


誇り高き異邦人がゆったりと椅子に座り、ワインを嗜んでいます。
お酒や音楽に囲まれ優雅で楽しそうです。



そばには異邦人の顔を見つめるわんちゃんが佇んでいます。飼い主のことが大好きなのでしょうね。
周りには、トランプに、お酒に、楽しい音楽を奏でる楽器が描かれています。



カップとお揃いのお花型のソーサーにも、楽しくてかわいい絵柄がちりばめられています。



遠い昔の異国に思いを馳せながら、カフェタイムが楽しめますね。






◆ 理節 ワインを飲む異邦人カップソーサー 19,000円(税込20,900円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



中荒江道子 さる桃ねじり鉢 7,500円(税込8,250円)
径 18cm 高 6.7cm



配色がとてもかわいらしい鉢です。
染付の藍と白をベースに、赤と黄色を絶妙に配置した器です。
よく見てみると、赤は桃、黄色はさるを描いており、古典的な中にもユニークや愛らしさが感じられます。



呉須の濃淡が随所に見られ、非常に味わい深い線です。
桃の赤が差し色になっており、周りを黄色のさるが跳び回り、自由奔放さが楽しいですね。



使いよい、ほどよい深さ。
ねじりの造形により影が生まれ、ひとつの模様になっています。



6寸の扱いやすい大きさです。
取り出しやすく、出番も多くなりますね。





◆ 中荒江道子 さる桃ねじり鉢 7,500円(税込8,250円)
個  







中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし
染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展






眠り猫白黒(大) 24,000円(税込26,400円)
横幅 34cm 奥行 20cm 高 13cm

本物の猫と同じほどの大きさの眠り猫です。全体は白黒の日本猫の絵付けにして、首輪だけが明るい盛絵付けを施してあります。


ぜひご覧頂きたいのが、後姿。猫本来のふてぶてしさとかわいさ、猫好きな方ならきっとわかって頂けるはず。
また、顔の描き方はかなりこだわっています。見ている人も穏やかになれるような、そんなやさしい顔つきをしています。




◆ 眠り猫白黒(大) 24,000円(税込26,400円)

個  







理節 しゃぼん玉丸碗 14,000円(税込15,400円)
径11cm 高6.8cm


丸っこい、小さなボウルのような器です。
サラダボウルにしたり、スープに使ったり、ごはん茶碗にしてもOK。
ぜひ、いろいろな使い方を試してみてください。
自由度の高い、楽しくてかわいい器です。



淡い青の色をバックにやわらかな色のお花が散りばめられています。
丸く割りどったしゃぼん玉にいるのはたくさんの動物たち。見ていて飽きません。



軽く、しっかり感があります。普段使いとして、毎日の気分を明るくしてくれる器です。






◆ 理節 しゃぼん玉丸碗 14,000円(税込15,400円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



理節 華文5寸菊花鉢 12,000円(税込13,200円)
径16.5cm 高5.5cm


薄く美しい菊花型の鉢です。
細かく間取った中にたくさんの華文を描き込んでいます。
鋭角に切り取った白地までが目に飛び込んでくるような迫力があります。
キレのある線で描く技術があればこそですね。


たくさんの華文にまぎれて素朴に佇むのはうさぎ。
うさぎもまたお花を持っているのが心をくすぐられます。

この鉢は横から見ても美しいですね。また、繊細なだけでなくおおらかさも感じられます。




軽く、しっかりした素地です。手頃な大きさですので個々に使うお皿にも向いています。他にも柄がありますのでお問い合わせください。






◆ 理節 華文5寸菊花鉢 12,000円(税込13,200円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



中荒江道子 梅網4寸皿 4,800円(税込5,280円)
径 13cm 高 2.8cm



ゆったりと描かれた味のある網目模様に梅の花を配置したかわいくて落ち着きのある銘々皿です。
和菓子をひとつ乗せてあげるだけで絵になります。



ざっくりと描かれているようでそれが味となり愛らしさが増している梅の花たち。
色絵を変えることで表情の微妙な変化も生み出しています。



素地は薄く、高台は小さめでほんの少し高め。品の良さがありかたちへのこだわりが感じられます。



とても軽いです。
お刺身や梅干、お漬物など一品を盛ると綺麗です。また取皿としても使い良いサイズです。





◆ 中荒江道子 梅網4寸皿 4,800円(税込5,280円)
個  







中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし
染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展






中荒江道子 さる桃4寸皿 4,600円(税込5,060円)
径 13cm 高 2.8cm



さるが自由奔放に遊ぶ図を描いた銘々皿です。
全体を文様として見るだけでもその色の散らし方がかわいくて素敵です。



とても豊かに手の動きが描かれています。
それぞれの手を見るだけで顔の表情が見えてきそうです。
桃の赤、緑。丸紋の黄色、紫。九谷焼五彩の色絵がうまく散りばめられていますね。



うすく、きりっとした形でお菓子皿としても活躍します。
カーブにはやわらかさも感じられ、ほっとするような安心感も伝わってきます。



薄く、軽い造りです。
裏に描かれた赤のラインがきりっと締めていますね。





◆ 中荒江道子 さる桃4寸皿 4,600円(税込5,060円)
個  







中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし
染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展






鈴木晶子 赤網絵松竹梅五角取皿 5枚揃 12,500円(税込13,750円)
            1枚 2,500円(税込2,750円)
径 12.2cm 高 2cm



五角形に削りだした特別な素地に網目模様をめぐらせたお皿です。
色絵は松竹梅を散らして配しています。
赤絵で編みこまれた模様が美しいですね。



網目はお皿の縁をまたぎ裏まで続いているのでより立体感を感じられるデザインになっています。
側面から見た立ち上がりが格好良いですね。




ろくろを引いて作った、もともと丸いお皿を削って五角形にした形なので、よく見るとカーブなどが若干不揃いだったりもします。
ですがかわいいものはちょっと不揃いでもかわいいです。



裏も表も素敵ですね。毎日使う取皿などにお使いください。






◆ 鈴木晶子 赤網絵松竹梅五角取皿 5枚揃 12,500円(税込13,750円)
個  




◆ 鈴木晶子 赤網絵松竹梅五角取皿 1枚 2,500円(税込2,750円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 ビールジョッキ・赤龍 4,400円(税込4,840円)
径 10.3cm 高 12.7cm 容量 550cc



赤絵の龍が描かれたビールジョッキです。
今となっては珍しい図柄で、思い切ったデザインと言えます。
雲の中からジョッキを伝って、昇り龍になっているところも縁起がよく、勢いがあって良いところです。



迫力のあるいい顔です。腕や鋭い爪の線も力強い。
ひれを表現するのに、赤絵で塗った部分に線を削りだして表現しています。
赤の濃淡により顔のごつごつ感が出ており迫力を増しています。




雲の中を昇る龍。雲の描き方も素敵ですね。
持ち手にも模様を入れてアクセントにしています。






持ちやすく、しっかりとした持ち手。
ビールをたっぷりと楽しむのに適しています。







◆ 鈴木晶子 ビールジョッキ・赤龍 4,400円(税込4,840円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





谷敷正人 唐草地紫釉祥雲マグカップ  8,200円(税込9,020円)
径 8.3cm 高 8.5cm 容量 230cc


全体を覆うように紫で塗り埋められた美しい色のマグカップです。
紫は品位や尊敬を表し、高貴な意味合いを持ちます。
赤と青が融合して生まれる色のため非常に個性的で芸術的ともいえます。
九谷焼五彩のうちのひとつである事は言うまでもないですね。


紫の濃淡から全面に描き埋めた唐草がのぞき、それも魅力のひとつとなっています。この唐草を描く事で、唐草の呉須に吸着し紫の釉薬がさらに厚みを持つことを可能にしています。

袴部分の紺青の色も深みがあり美しい色です。
厚い紫と紺青の色に、すかっとした白のコントラストが気持ち良いですね。




雲はまるで意思を持つように浮かび、前に進んでいきます。
形状が丸っこくて、人懐っこさも感じるかたちですね。




容量は230cc程度。普段に使いやすい大きさです。
持ち手もバランスよく、使い勝手も申し分ありません。






◆ 谷敷正人 唐草地紫釉祥雲マグカップ  8,200円(税込9,020円)
個  







谷敷正人 陶歴

昭和30年 石川県小松市に生れる。
昭和50年 文化勲章受章者浅蔵五十吉先生に師事
昭和55年 日展入選以後連続入選
平成14年 石川新県庁議会庁舎
     エントランスホール陶板作成
平成16年 現代美術展佳作賞受賞「椿の器」
平成18年 現代美術展北国新聞賞受賞「漂う」
東京、大阪、金沢などで個展多数



鈴木晶子 ストライプ地スープ・パスタ皿 7,400円(税込8,140円)
径 24.5cm 高 5cm



まるでストライプのタオルのようなやわらかな素材感のあるお皿です。
リムを広く取ることでお料理の周りを華やかに飾るかたちで、やわらかな曲面がなんともかわいいです。



ゆるやかなカーブを描いて深さを持たせています。
リムはまるで傘のように覆いかぶさるようなかたちをしていて、パスタなどのお料理の周りを飾ります。





ゆるゆると伸びるストライプがかわいい。
赤の入り方が素敵ですね。点線になっている赤がまるでステッチのようです。






ストライプ柄は裏面も充実。
愛らしさ満載です。







◆ 鈴木晶子 ストライプ地スープ・パスタ皿 7,400円(税込8,140円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





山本長左 異邦人マグカップ
径8.8cm 高 9.8cm 容量 250cc

カラフルでかわいい異邦人たちを描いたマグカップです。
250cc入るのでたっぷりと使えます。かわいいお気に入りのマグカップでコーヒーを飲めたら毎日気分があがりますね。


★価格、在庫状況などについては メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。




服に絵付けされているそれぞれの色がかわいく、その上から線描きされた金の色とも相性がよくてお洒落です。
あっちを向いたりこっちを向いたり、手の動きにも表情があって、個性あふれる異邦人たち。
犬が楽しそうに駆け回っているところや、はかま部分の洒落た模様など。見ていて飽きが来ません。



持ち手のつくりもバランスよく、持つときにまったくストレスがありません。
量も十分入るので毎日使うマグカップにぴったりです。
ただし金彩を施してありますので電子レンジは使えません。ご注意くださいね。




★価格、在庫状況などについては メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作





鈴木晶子 点々十草(てんてんとくさ)スープ・パスタ皿 7,400円(税込8,140円)
径 24.5cm 高 5cm



染付と色絵の点々をちりばめた器です。
リムを広く取ることでお料理の周りを華やかに飾ります。



ゆるやかなカーブを描いて深さを持たせています。
リムはまるで傘のように覆いかぶさるようなかたちをしています。





裏面の描き込みも充実しています。
これによって側面からも柄が見え、目を楽しませてくれます。
ここまで力を入れた器だと、嬉しくてあらためて裏返して見てみたくなります。






別売り同型、サークル柄の盛り付け例。広くとったリムの柄が料理を引き立てます。







◆ 鈴木晶子 点々十草スープ・パスタ皿 7,400円(税込8,140円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





理節 さやえんどう6寸丸平皿 7,200円(税込7,920円)
径 17.5cm


さやえんどうを描いたとてもかわいい平皿です。
全体に動きが見られ、楽しさが伝わってきます。まるで音楽に合わせて踊っているかのよう。



素朴な手づくりの風合いを出すため、板状の粘土を丸く切り取って成型しています。たたら作りと呼ばれる製法ですね。
手びねりのお皿なのでまっすぐではありませんが、大きくかたかた動くこともなく、手づくりの風合いが良く出ている、味のあるお皿です。



なによりさやえんどうがかわいい。色絵も、藍色も、どちらとも。
笑顔の表情が見えてくるような、愛嬌のあるさやえんどうですね。



手触りがとてもよく、軽いので片手でつまんで持てます。取皿としても、ケーキやトーストのお皿に使ってもかわいいですよ。







◆ 理節 さやえんどう6寸丸平皿 7,200円(税込7,920円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



鈴木晶子 麺鉢・赤龍 5,800円(税込6,380円)
径 17cm 高 9cm



赤絵で龍が描かれている、今となってはかなり珍しい器になります。
麺用に使いやすいかたちです。



迫力のあるいい顔です。腕や鋭い爪の線も力強い。
ひれを表現するのに、赤絵で塗った部分に線を削りだして表現しています。





幻想的に浮かび上がる雲の中を昇る龍。鉢全体を使って表現しています。







ラーメンなどいつもの麺も、また違った特別な味がするでしょう。







◆ 鈴木晶子 麺鉢・赤龍 5,800円(税込6,380円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





谷敷正人 吉田屋黄地ひょうたん盃  8,800円(税込9,680円)
径 6.1cm 高 4.4cm


最近では見ることも少なくなった、手塗りにより全面に黄色を塗り埋めた盃です。
コクのある釉薬の濃淡が見てとれ、九谷五彩各色の魅力が存分に味わえます。



全面を覆うあたたかみのある黄、瓢箪を括る紐は赤、そして瓢箪本体はそれぞれ緑、紺青、紫で描かれ九谷五彩を網羅したデザインになっています。
瓢箪は白抜きでも描かれており見込みの瓢箪を加えると瓢箪は五つ描かれています。




黄色と緑の厚み、そして赤の濃淡がはっきりと表れています。




縁には"縁さび"と呼ばれる茶色の釉薬が施してあり、落ち着きが出ています。



ほどよい大きさで、冷酒にも燗にも使いよく毎日の晩酌にもおすすめです。






◆ 谷敷正人 吉田屋黄地ひょうたん盃  8,800円(税込9,680円)
個  




谷敷正人 陶歴

昭和30年 石川県小松市に生れる。
昭和50年 文化勲章受章者浅蔵五十吉先生に師事
昭和55年 日展入選以後連続入選
平成14年 石川新県庁議会庁舎
     エントランスホール陶板作成
平成16年 現代美術展佳作賞受賞「椿の器」
平成18年 現代美術展北国新聞賞受賞「漂う」
東京、大阪、金沢などで個展多数



鈴木晶子 染網絵松竹梅五角取皿 5枚揃 12,500円(税込13,750円)
            1枚 2,500円(税込2,750円)
径 12.2cm 高 2cm



五角形に削りだした特別な素地に網目模様をめぐらせたお皿です。
色絵は松竹梅を散らして配しています。
すっきりとさわやかで飽きが来ないので毎日使う取皿におすすめです。



網目はお皿の縁をまたぎ裏まで続いているのでより立体感を感じられるデザインになっています。
側面から見た立ち上がりがなかなか格好良いですね。




ろくろを引いて作った、もともと丸いお皿を削って五角形にした形なので、よく見るとカーブなどが若干不揃いだったりもします。
ですがかわいいものはちょっと不揃いでもかわいいです。



裏も表も素敵ですね。毎日使う取皿にお使いください。






◆ 鈴木晶子 染網絵松竹梅五角取皿 5枚揃 12,500円(税込13,750円)
個  




◆ 鈴木晶子 染網絵松竹梅五角取皿 1枚 2,500円(税込2,750円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





理節 馬と人だ円皿  16,000円(税込17,600円)
26 x 21cm 高 5cm


ぱっと明るい華やかな花もように囲まれた、馬を駆る人を描いた器です。
見ているだけで気持ちが晴れるような、そんな器です。



馬を駆りながら吉兆のしるしの花喰鳥(はなくいどり)と言葉を交わします。
きっと良いことがあったのでしょう。



手びねりのほどよくゆるい形状が愛らしいです。
お皿にも、鉢としても使える深さです。




手にとるとしっかりとしていて安心感を感じられます。
盛皿としてお料理の色も映え、活躍してくれます。






◆ 理節 馬と人だ円皿  16,000円(税込17,600円)

個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



理節 ポピーたたら7寸丸皿 9,500円(税込10,450円)
径 21.5cm


素朴な手づくり平皿に、艶やかなポピーを描いてあります。
ワンプレートにいろいろ盛るのに適したお皿です。



素朴な手づくりの風合いを出すため、板状の粘土を丸く切り取って作るたたら作りにより成型しています。
手びねりのお皿なのでまっすぐではありませんが、大きくかたかた動くこともなく、手づくりの風合いが良く出ており味のあるお皿です。



高台を外してあるのでとても軽く、扱いやすいお皿です。
やさしく綺麗な器ですね。






◆ 理節 ポピーたたら7寸丸皿 9,500円(税込10,450円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



鈴木晶子 くじらビールジョッキ 4,200円(税込4,620円)
径 10cm 高 12.5cm 容量 550cc



容量550cc入る手付きの大きなジョッキです。
くじらの蒼の色が清涼感がありビールにぴったりですね。



くじらはジョッキを巻くようにぐるりと描かれ、しっぽは跳ねるように内側に続いています。
周りは海の泡があふれ、清涼感と躍動感が出ています。

くじらの体の濃淡のつけ方や腹部分の素朴な線が素敵ですね。




最近はたっぷりのコーヒーを大きなカップで飲みたいというご要望もあり、そういった使い方にもおすすめです。







◆ 鈴木晶子 くじらビールジョッキ 4,200円(税込4,620円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





理節 草花文桔梗型小付  5つ揃 50,000円(税込 55,000円)
       1枚 10,000円(税込 11,000円)
径 10cm 高 4.3cm



草花を描いた美しい器です。非常に綿密な線で描かれています。
かたちは桔梗のお花のかたち。
格調高い雰囲気から、ふわっとかわいらしさを感じられるのも良い所です。



五つの花びらのかたちに合わせて、五趣の季節の草花が配されています。
中心にも花紋が描かれ、間取りをする帯の部分も花文様が描かれるという手の込みようです。





近くで見ると迫力があります。
五つ並べてみると更にきれいです。






薄く、しっかりとした手触りです。
ハレの日など非常に存在感のある器になります。
漆や、ガラスの器などとも相性が良さそうです。



◆ 理節 草花文桔梗型小付  5つ揃 50,000円(税込 55,000円)
個  




◆ 理節 草花文桔梗型小付 1つ 10,000円(税込 11,000円)
個  







理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



中荒江道子 うさぎ唐草5寸皿  5枚揃 33,000円(税込 36,300円)
       1枚 6,600円(税込 7,260円)
径 15.3cm



お花のかたちがかわいい取皿揃えです。
渋く、やさしい色で、唐草と、さりげなくうさぎが描かれています。



渋くやさしい染付の色。唐草にバランスよく濃淡が付けられておりお皿の表情に抑揚が出ています。
お花のかたちがかわいくほっこりしますね。
若干深さを持たせてあり、お料理を選ばずなんでも使える安心感があります。





美しい線で描かれたうさぎ。一枚のお皿に四羽のうさぎが描かれています。






手に取りやすいお皿です。
そしてやっぱり、お花型がかわいいですね。



◆ 中荒江道子 うさぎ唐草5寸皿  5枚揃 33,000円(税込 36,300円)
個  




◆ 中荒江道子 うさぎ唐草5寸皿  1枚 6,600円(税込 7,260円)
個  







中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし
染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展






理節 からすうりたたら7寸丸皿  8,500円(税込9,350円)
径 21.5cm


素朴な手づくり平皿に、ほんわか癒される、からすうりときつねを描いた図です。
パスタに使ったり、ワンプレートにお料理やお菓子をいろいろ盛ったり。
バゲットを焼いてサラダと盛るだけで絵になりそうです。



やわらかさを持たせるため縁作りは丸くかたち取っています。
素朴な手づくりの風合いを出すため、板状の粘土を丸く切り取って作るたたら作りにより成型しています。
手びねりのお皿なので、まっすぐではありません。
ですが大きくかたかた動くこともなく、手づくりの風合いが良く出ており味のあるお皿です。



からすうりは、昔から九谷焼で使われてきた図柄です。色が交互に違えてあるのが印象的ですね。




高台を付けていないので見た目よりずっと軽く、指でつまんで持つことができるほどです。
素朴であたたかみのある、かわいいお皿です。






◆ 理節 からすうりたたら7寸丸皿  8,500円(税込9,350円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



ゆず取鉢  5つ揃 6,500円(税込7,150円)
       1つ 1,300円(税込1,430円)
径 14cm 高 4.5cm



食卓が明るくなる、かわいいゆずの取鉢です。
手塗りのぷっくりとした黄色と素朴な輪郭の線が、手づくりの愛らしさを感じさせてくれます。



ろくろ引きから作られた、やわらかでやさしいかたち。
手づくりですので個体差はありますがしっかり重なります。
縁をまたいで描かれているゆずもいて、黄色の散らし方が絶妙でかわいいですね。



黄色の色は厚みが出るので、ぷっくりと盛り上がっている感じがゆずにぴったりです。
輪郭を赤で描いてあるので明るくかわいい雰囲気が出ています。



軽く、やさしい手ざわりです。
サラダやお鍋の取鉢としてもよいですし、普段使う取皿代わりにも使いやすいです。ヨーグルトとブルーベリーなどと合わせても色が綺麗ですね。






◆ ゆず取鉢  5つ揃 6,500円(税込7,150円)
個  




◆ ゆず取鉢  1つ 1,300円(税込1,430円)
個  










中憲一 野ぶどう長皿  2枚組 20,000円(税込22,000円)
       1枚 10,000円(税込11,000円)
27.8cmx7.5cm 高 2cm


さわやかな野ぶどうを描いたお皿です。
細長いフォルムは小さなお料理やお菓子を並べるなどいつもとは違った盛り付けの変化を楽しむのにぴったりです。

いつもなら丸や正方形のお皿に盛るお料理も、敢えて長皿に盛ることで新鮮な印象を楽しめます。




数色のさわやかな緑と色とりどりに描かれた野ぶどうの実。
左には余白を空けて盛り付け時の表情が豊かになるようにしています。
2cmほどの深さを持たせてあるので、ソースのあるものでも問題ありません。




紫、ブルー、ピンクの実。まだ熟していないものは黄緑で。表現豊かに彩色されています。茎の雰囲気も素敵ですね。



しっかりとした作りで、重ねることも可能です。
盛り付けに遊び心がくすぐられるようなお皿です。






◆ 中憲一 野ぶどう長皿  2枚組 20,000円(税込22,000円)
個  




◆ 中憲一 野ぶどう長皿 1枚 10,000円(税込11,000円)
個  







中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



鈴木晶子 梅組湯呑 一組 4,200円(税込 4,620円)
               大・小各一個 2,100円(税込2,310円)
大・径 8cm 高 9.8cm
小・径 7.5cm 高 9cm


すっきりとした白地につぶらな梅のつぼみが映えます。
謙虚ながら色絵九谷の魅力がよく出ているお湯呑です。



ざっくりとした線がうまく梅の枝ぶりを表しています。
高台部分を緑で彩るのは珍しいですね。梅の葉の緑とうまくマッチしています。


お湯呑の周り全部に梅の枝は描かれています。
洒落ていて落ち着いた様もあるお湯呑です。






◆ 鈴木晶子 梅組湯呑 一組 4,200円(税込 4,620円)
個  









◆ 鈴木晶子 梅湯呑・大 2,100円(税込2,310円)
個  









◆ 鈴木晶子 梅湯呑・小 2,100円(税込2,310円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





かに5.5号取皿  5枚揃 4,500円(税込4,950円)
       1枚 900円
径 16cm



赤絵でちょこちょこ歩くカニたちをたくさん描いた取皿です。
愛嬌のある、かわいいカニが楽しい器です。



16cmとすこし余裕めの大きさの取皿です。
カーブを持たせ若干深さがあります。



動きだけでもうかわいいカニたち。
目の位置がポイントですね。
削って線を出すことにより輪郭を出しています。また、カニの足のようすが上手く表現されています。



しっかりとした作りのお皿です。気兼ねなく毎日使って頂きたいお皿ですね。






◆ かに5.5号取皿  5枚揃 4,500円(税込4,950円)
個  




◆ かに5.5号取皿  1枚 900円(税込990円)
個  










鈴木晶子 松十草うどん鉢 4,700円(税込5,170円)
径 15.5cm 高 9cm



昔ながらの縦線もように色とりどりの九谷の絵付けで松を描いています。
うどんなど麺類に使ったり、和のお料理にもとっても合う器です。



縦線の切れているところに松を描き連ねていきます。
九谷色絵の紫、黄色、緑、そして中心に赤絵が用いられています。




手に取ると意外と軽くてびっくりします。
内側にも無数の線が引かれ、うどんや煮物の周りを飾り和風の落ち着いた雰囲気にしています。



縁を若干反らせており持ちやすく、飲みやすくできています。手頃な大きさです。






◆ 鈴木晶子 松十草うどん鉢 4,700円(税込5,170円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 十字七宝(じゅうじしっぽう)うどん鉢 4,800円(税込5,280円)
径 15.5cm 高 9cm



和風の七宝文様をていねいに筆で連ね描いた器です。
うどんなど麺類に使ったり、煮物鉢などにどうぞ。



染付の線で七宝文をひとつひとつ描き連ねます。
本焼きで藍と白が焼きあがった後に赤絵を差して再度窯に入れて焼き上げます。




手に取ると意外と軽くてびっくりします。
内側は白地がすっきりと映えて清潔感があります。
縁を若干反らせており持ちやすく、飲みやすくできており、使いやすい手頃な大きさです。






◆ 鈴木晶子 十字七宝うどん鉢 4,800円(税込5,280円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 網絵松竹梅うどん鉢(青) 4,700円(税込5,170円)
径 15.5cm 高 9cm



縁起のよい網目模様を全面に張り巡らせた鉢。
うどんにぴったり。他の用途にもどうぞ。



古くから描かれる網目模様に色絵の松竹梅と点の配置が絶妙です。




丸っこくてかわいいかたち。
内側にまで網絵を描いてあるうどん鉢なんてそうありません。
縁を少し反らしてあるので持ちやすくできています。






◆ 鈴木晶子 網絵松竹梅うどん鉢(青) 4,700円(税込5,170円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 椿うどん鉢 3,500円(税込3,850円)
径 15.5cm 高 9cm



素朴な茶色と色絵のバランスが珍しい和風鉢です。
ほっこりかわいいところが魅力ですね。



茶色は鉄絵と呼ばれる、素焼きに染み込んで発色する素朴な愛らしい色。




丸っこくてかわいいかたちですね。手に取ると意外と軽く、片手でかんたんに持てます。
うどんの上には彩り鮮やかな薬味をたくさん盛って、おいしく食べられそうです。






◆ 鈴木晶子 椿うどん鉢 3,500円(税込3,850円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 格子うどん鉢 4,100円(税込4,510円)
径 15.5cm 高 9cm



格子模様に赤いお花を描き込んだすっきりかわいい鉢。
ろくろで引いたこの形がいかにも和風で、うどんを食べるのにぴったりです。



素朴な藍の線にお花の赤色が冴えます。
お花の模様は縁にも描かれ内側に続きます。




手に取ると意外と軽くてびっくりします。
内側もすっきりとした印象です。



縁を若干反らせており持ちやすく、飲みやすくできています。手頃な大きさです。






◆ 鈴木晶子 格子うどん鉢 4,100円(税込4,510円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





眉石 あけび取鉢  5枚揃 10,000円(税込11,000円)
       1枚 2,000円(税込2,200円)
径 14.5cm 高 5cm



素朴で、さわやかな藍の色であけびの実を描いた素敵な取鉢です。
取皿としても使えますし冷奴や和え物、一人前のサラダを盛るのにもぴったりです。



さわやかさにちょっと渋さも足した藍の色です。
素焼きに染み込む呉須の濃淡により手描きの筆の動き見て取れます。
手づくりによるろくろを引いたあとの線も見えます。



愛嬌のあるかわいらしいあけびの実。
見れば見るほど好きになります。



軽く、やさしい手ざわりの器です。
使いやすく食卓を明るくしますので毎日並ぶ、お気に入りになると思います。






◆ 眉石 あけび取鉢  5枚揃 10,000円(税込11,000円)
個  




◆ 眉石 あけび取鉢 1枚 2,000円(税込2,200円)
個  







眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる 第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選 第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選






中荒江道子 ボーダーデミタスマグカップ 4,000円(税込4,400円)
径 5.5cm 高 6.5cm



赤と青の線が交互に引かれたボーダー柄。
シンプルに見えて、どうしてこんなにかわいいのでしょう。
食卓に小さくスープを添えたり、野菜スティックの器にしたり、木製のスプーンを入れて飾ってもかわいいですね。
もちろん濃いコーヒーを飲むのにぴったりです。


縁に見えるのは縁さびと呼ばれる茶色の釉薬です。
渋さと素朴さを演出するのに一役買っています。




内側に描かれているのは梅唐草。
赤の色が映えますね。



手づくりのしっかりした素地です。
小さめのマグカップですので、サイズをよくご確認くださいね。






◆ 中荒江道子 ボーダーデミタスマグカップ 4,000円(税込4,400円)
個  










中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし
染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展






理節 ワインを飲む異邦人マグカップ 11,200円(税込12,320円)
径 8.2cm 高 8.2cm


異国情緒あふれるマグカップ。
優雅で楽しい時間を過ごすお洒落な異邦人。素敵です。



異国の服を着てワインを飲む姿はきりりとしながら柔和さも出ています。
座っている椅子のデザインもおもしろいですね。



持ち手には個性的なかわいい模様。
内側には瓔珞文と呼ばれる房が垂れ連なっていて素敵です。



ワインのほかにアクセサリーやサーベル、バイオリンが奏でる楽しそうな音符も飛び交います。
見ていて飽きませんね。






◆ 理節 ワインを飲む異邦人マグカップ 11,200円(税込12,320円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



理節 パレードマグカップ 11,200円(税込12,320円)
径 8.2cm 高 8.2cm


パレードです。動物たちによる音楽隊の行進です。



真剣に演奏をしながら行進する動物たちが続きます。
一生懸命なところがなおかわいいですね。



最後尾はひよこ。
小さいけれど懸命についていきます。



内側や持ち手にも音符が広がります。
心躍るマグカップです。






◆ 理節 パレードマグカップ 11,200円(税込12,320円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



理節 酒場深皿  13,000円(税込14,300円)
径 20cm 高 5cm


大人がとっても楽しくなりそうなデザインの深皿です。
ひとつひとつ何が描かれているか見ていくのも楽しく、それぞれにちりばめられた色が素敵ですね。
縁に描き込まれた文様が個性的で、さらに白地を際立たせています。



音楽が流れ、カードが遊び、絨毯の上にはお酒が並びます。なんて楽しそう。



カレーやスープ、トマト煮込みなど色のあるものがばっちり合います。パスタなども綺麗に映え、お皿としても、鉢としても使えます。




軽く、扱いやすいかたちで用途も広い。銘々に使える深皿です。








◆ 理節 酒場深皿  13,000円(税込14,300円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



理節 花とうさぎ深皿  12,000円(税込13,200円)
径 20cm 高 5cm


跳ね回るうさぎたちが模様になっているかわいい深皿。
デザインの切り取り方もおもしろく、白と、淡い青と、お料理の色のコントラストが綺麗になると思います。
うさぎたちの周りを囲うおび文様にいろいろな色が使われていて、さらに楽しくなっています。



素朴な表情のうさぎたちがなおかわいいですね。
枠外に飛び跳ねておしりだけが見えているうさぎも好きです。



なめらかなカーブを持たせた深皿です。カレーやシチュー、トマト煮込みなどのほか、パスタなども綺麗になります。
裏にもうさぎがいますね。




指でかんたんにつまんで持てます。
用途が広いので活躍してくれるかたちです。







◆ 理節 花とうさぎ深皿  12,000円(税込13,200円)
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



鈴木晶子 十重ねポット 4,700円(税込5,170円)
径 10cm 高 10cm(蓋持ち手含む)容量 250cc



漢字の"十"の模様をたくさん描いたので、"十重ね"のポットです。
手間のかかる仕事なだけでなく、ライトな黄色と組み合わせたセンスが光ります。



横から見ても、正面から見ても、よい丸さ。
念のため記しますが"十"の模様はひとつひとつ筆で描かれています。




すべてを"十"で埋めるのではなく、ぱっ、と空間を空けて軽い黄色を入れることで開放感が出ています。差し色になりこのポットのポイントにもなっていますね。
中は手づくりで穴を開けた網にしています。






容量は250ccになります。お湯呑1〜1.5杯分です。
お茶の切れもよく、使いよいポットです。




◆ 鈴木晶子 十重ねポット 4,700円(税込5,170円)
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





山本長左 吉祥樹花文小鉢 5枚揃
             1枚
径10.5cm 高 4.5cm

やわらかなカーブを描く、お花のかたちをした小鉢揃えです。
使って安心感のあるかたちでもあり、このサイズがほしかった!と思える器です。


★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。




和食器では菊花型と呼ばれますが、少し洋風にも見えるお洒落なかたちです。
見込みのお花を囲うのは縁起のよい松竹梅などの図柄から並ぶことから、吉祥文(きっしょうもん)と呼ばれます。



手づくりの焼物の質感を損なわず薄く、軽い。
いろいろな用途に丁度よい、上質な器です。




★上記の品は メール 又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作





花文ポット 2,800円(税込3,080円)
高 11.7cm(蓋持ち手含む)容量 250cc



椿をモチーフとした、お花がドット柄のように描かれたポットです。



お花の輪郭などは赤を塗った後、削る事によって線を出しています。
めしべの黄色部分も一度削って白地を出してから黄色を塗っています。




ふたもかわいい。
お花のすき間を塗り埋めている水色のような色は、もともと緑から調合を変えて作った色です。やわらかくて明るい、よい色ですね。
中には深めの網が入っていてシンプルな造りです。洗うのもかんたんです。






容量は250ccになります。
持ちやすく、普段使いにぴったりです。




◆ 花文ポット 2,800円(税込3,080円)
個