河島洋 青手鳥文コーヒー碗 50,000円
カップ径 9cm 高 6.5cm 容量 130cc
皿径 14cm


厚みのある黄色、緑が映える迫力あるコーヒー碗です。
これぞ伝統九谷と思わせる色合いです。



カップの見込みには水鳥が描かれています。
お皿のデザインがさらにカップを引き立てます。



お皿には、カップを置く位置にも厚い緑が絵付けされています。深い色です。



カップ、お皿ともろくろで引かれ、持ち手も手づくりで手に馴染みます。
コーヒーの色がよく合いますね。






◆ 河島洋 青手鳥文コーヒー碗 50,000円
個  




河島洋 陶歴

1951年 石川県加賀市河崎町に生まれる
1969年 福井工大付属福井高校デザイン科 (神尾教室に学ぶ)
1974年 中島珠光氏に師事。創造展出展
1986年 石川県立美術館より松田権六(人間国宝)卒寿記念品依頼『茄子の酒盃』制作
1994年 日本工芸会正会員となる。吉田屋窯色釉の研究に 三代徳田八十吉一門となる
1996年 石河陶芸協会理事となる
2003年 吉田屋窯杯土の研究に入る
2006年 加賀黒釉の研究に入る
2007年 一水会陶芸部会員となる
2009年 東京国際交流館、国際塾にて『日本の焼物文化と九谷焼』講演
2012年 一水会陶芸部解散後、陶美協会会員となる
2013年 加賀市美術館にて作陶40周年記念展開催
【受賞】
創造美術展 受賞(2回)
日本伝統工芸石川支部展 奨励賞
一水会展 硲記念賞連続受賞(2回)
芸術グラフ賞、創造美術展受賞(2回)
一級陶磁器技能士第一位受賞
第35、36回伝統九谷焼工芸展(連合会50周年記念)技能賞受賞(2回)
第38回伝統九谷焼工芸展 準大賞(北國新聞社賞)受賞 他、受賞多数
【作品所蔵先】
マンスフィールド米駐日大使
スックタポン・ケオラ氏 タイ国駐日特命全権大使
ウルバン・エクセル氏 ヨーロッパ特許庁上席審査官
川元源四郎(丸源会長)コレクション
加賀市 買上 2点
【個展】
毎年、有名百貨店美術画廊にて開催(三越、高島屋、天満屋、大丸、大和、伊勢丹、西武、井筒屋、さいかや、東武、阪神等、エムザ名鉄丸越)
【師】
故・中島珠光(寺井町無形文化財)故・三代徳田八十吉(人間国宝)
● 日本工芸会正会員(加賀地区幹事)
● 陶美協会会員
● 石川県陶芸協会会員【理事歴任】
● 加賀市美術協会(副理事長)
● 一級陶磁器技能士
● 伝統工芸士
● (元)創造展陶芸部会員
● 日本陶磁協会本部会員(日本陶磁協会九谷支部常任理事)






理節 チューリップカップソーサー  24,000円
カップ径 9cm 高 6.3cm
皿径 15.3cm


カップ、ソーサー共にひし形の小紋をめぐらせた帯が、すっきりと伸びています。
中を覗くとひし形の中にはひとつずつチューリップが描いてあるという、チューリップファンでなくても引き込まれるラブリーなカップソーサーです。



かたちも花形でかわいく作られています。
カップの中央には色絵のチューリップがひとつ。飲み終えた時にこんなかわいい柄が現れるなんて、うれしいですね。



持ち手にはチューリップ3つ。
注目すべきは持ち手の陰になる部分もほかと同じようにチューリップの帯を描いていることです。
描きにくい部分に細い線を引いたり、きれいに塗るのはぐっと難易度が上がります。
敢えて難しいものを描いてあるところに作家の意匠が表れています。


お皿だけでも使いたくなるソーサー。
チューリップが右に左に揺れていて、なんだかうれしそうです。



カップの容量は150ccほどです。
ソーサー付のカップとしては余裕のある大きさでしょうか。
薄くできているカップなので、軽く、持ちやすいですよ。






◆理節 チューリップカップソーサー 24,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



理節 おび動物文スープカップ  20,000円
カップ径 11cm 高 5.8cm


淡い藍とやわらかなピンクに包まれたエレガントなスープカップ。
真ん中のラインに小さく描かれているのはかわいい動物たち。うきうきしながら毎日を過ごせそうです。



内側にもお花がたくさん。持ち手の裏の部分まで、りすが描いてありますね。



アップで。いろいろな動物たちがいますね。高台の花模様もかわいい。




持ち手も手づくりなので、非常にやわらかい曲線を持っています。手にフィットして持ちやすい。



◆ 理節 おび動物文スープカップ 20,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



山本長左 異邦人カップソーサー
カップ径 9.6cm 高 5.5cm
皿径 14.3cm


かわいく愉快な異邦人たちが楽しいカフェタイムを演出してくれます。



ソーサーには楽器やお酒が並びます。楽しそうな雰囲気が伝わってきます。



おおらかなカーブを描くカップ。手に取ると驚くほど軽いです。



菊花型のカップ。紅茶やハーブティー、コーヒーももちろん楽しめます。




★上記の品はメール又はTEL 076-221-2039までお問い合わせ下さい。


山本長左 陶歴
平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作



理節 なす文カップソーサー  18,000円
カップ径 9.4cm 高 5.5cm
皿径 14.5cm


凛とした染付の繊細な線。そして釉薬の調合により生み出した淡く美しい色は、よい香りがしてきそうなほどです。
とてもエレガントなカップソーサーですね。



なすの茎、花、実。白地にやわらかく伸びます。



カップの内側にもなすが描かれます。紅茶を通してなすの絵が見られるのも素敵です。




ぱっとお花が開いたような、輪花型。エレガントなかたちをしています。



◆ 理節 なす文カップソーサー 18,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展



中憲一 さくらカップソーサー  19,000円
カップ径 9.4cm 高 5.5cm
皿径 14.5cm



金で描いた花びらがワンポイント。


やわらかな厚みのあるピンクは何度か窯に入れて塗り重ねて実現しています。


飲みくちも薄く、紅茶にもおすすめです。


◆ 中憲一 さくらカップソーサー 19,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



理節 藤文カップ&ソーサー 18,000円
(RISETSU FUJIMON CUP&SAUCER)
カップ径 9.4cm 高 5.5cm
皿径 14.5cm

染付と色絵、つまり下絵と上絵が組み合わされたカップ&ソーサーになります。藍は素焼きの生地に直接描きます。葉脈の一本一本まで丁寧に描き上げ、透明釉をかけて約1300℃の本焼きを経て、まずは白地に美しい藍が浮かび上がります。

その後、色絵を差して上絵窯に入れて焼き上げ完成です。これにより藤の花や葉に淡い色が加わります。葉の部分に色が細かく塗り分けられているのがわかりますね〜(クリックで写真拡大します)

輪花型に形作られたその造形は一度ろくろを引いた後、手起こしの型に当てる型打ちの技法によるものです。九谷焼は薄く作るのが難しい磁器ですが、腕の良い轆轤師の仕事により、非常に繊細でしっかりとした生地をつくり上げることに成功しています。

細部まで釉薬がかかり、手触りはつるつるです。それでいてエッジの効いたシルエットはさすがですね。紙製の箱に入れてお届けします。

持ち手の細い部分までに絵付けがされています。高台の狭い部分にも細かい小紋が描かれていますね。実はカップやソーサーの裏にも、絵付けがされているんですよ〜。

食器としてだけではなく、道具として所有することがとっても嬉しくなる品です!




◆ 理節 藤文カップ&ソーサー 18,000円

個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展




眉石 山ぶどう・あけびコーヒー碗 各4,000円
カップ径 9cm 高 6.2cm 皿径 14.6cm

人気の染付山ぶどう・あけびコーヒー碗です。シンプルながら、独特なカットのスタイルとなっており、とても使いやすくできています。






左が山ぶどう、右があけびの図柄です。






持ち手のかたちが工夫されており、持ちやすく、カップが軽く感じられます。



◆ 眉石 山ぶどうコーヒー碗 4,000円

個  



◆ 眉石 あけびコーヒー碗 4,000円

個  






眉石 山ぶどう・あけびティーカップ 各4,000円
カップ径 10.3cm 高 5.1cm 皿径 15.7cm

広口のティーカップとしては珍しい、ろくろ引きのティーカップです。手づくりのやわらかな風合いが人気です。



ティーカップは特に山ぶどうが人気。



◆ 眉石 あけびティーカップ 4,000円

個  



◆ 眉石 山ぶどうティーカップ 4,000円

個