鈴木晶子 亀甲文夫婦飯碗 一組 5,200円
     亀甲文飯碗(大) 2,600円
     径 12cm 高 7cm
     亀甲文飯碗(小) 2,600円
     径 10.5cm 高 5.8cm



六角形を組み合わせ連ねた亀甲文様。その名のとおり亀の甲羅に似ている事からその名が付いています。
長寿をはじめ縁起のよい吉祥文様。
そんな亀甲文を細かく描き込み、美しいご飯茶碗ができました。



高台に向かうに従って、亀甲文様はどんどん細かくなっていきます。
ご飯茶碗のきれいなカーブを描くシルエットも相まって、藍、白、赤のコントラストがとても美しい。




ご飯茶碗の縁を跨いで、内側まで織り込むように文様が続いています。



亀甲文なので、小さなかわいいかめをひとつ、描いて頂きました。シンプルでちいさくて、ほんとかわいい。






大小夫婦で並べると風格を感じます。縁起のよい図柄なので贈り物にもお勧めです。






手に持っているのは大きいほうのご飯茶碗です。使いよい、おおらかな形です。






◆ 鈴木晶子 亀甲文夫婦飯碗 一組 5,200円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文飯碗(大) 2,600円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文飯碗(小) 2,600円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
     矢羽根飯碗(大) 2,400円
     径 12cm 高 7cm
     矢羽根飯碗(小) 2,400円
     径 10.5cm 高 5.8cm



昔の矢羽根(やばね)模様をモチーフとしたご飯茶碗です。
存在感があるデザインをやさしい色合いで表現し、手描きの良さもとってもよく伝わってきます。



藍色の呉須は素焼きの素地に染み込み濃淡が出ています。
焼き上げて藍と白の色が出たら、赤や緑を絵付けしてまた窯で焼きます。




羽根の部分は、呉須を塗ったところを引っかいて線を出しています。"掻き落とし"と呼ばれ独特の線が生まれ、作家さんの手作業が伝わってきます。素朴で、なんともかわいい線。



内側にも矢羽根が交互に色を変えて描かれています。飽きが来ないデザインで、炊き込みご飯なども美味しそう。






個性的で派手すぎず、お気に入りです。手に持っているのは大きいほうのご飯茶碗です。






◆ 鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(大) 2,400円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(小) 2,400円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 十字七宝鉢  6,200円
径17.2cm 高8.8cm


昔ながらの七宝文に赤の十字で差し色を入れてあります。広い面積にたくさんの模様の描き込み、すべて手作業で筆で描いたものです。
煮物鉢やサラダボウルとしてはもちろん、麺鉢としても使いやすい大きさかたちです。



色鮮やかな白と藍の赤のコントラスト。高台に向かうに従って文様は小さくなっていきます。
反り型のシルエットも綺麗。



熱いお料理が入っても持ちやすいよう作ってあり、高台は少し高め。重ねやすく出来ています。





上から十字七宝、椿、るり十草、麻の葉。
別柄の鉢と重ねても、とてもかわいいです。




◆ 鈴木晶子 十字七宝鉢 6,200円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 椿鉢  4,800円
径17.2cm 高8.8cm


九谷焼の色絵赤、黄、緑で椿をちりばめた多用鉢です。鉄絵と呼ばれる茶色の釉薬の絵付けを加えることでそ素朴なかわいらしさが出ています。
煮物鉢やサラダボウルとしてはもちろん、麺鉢としても使いやすい大きさかたちに作りました。



茶の絵付け部分を素焼き状態の素地に描き、窯に入れて全体が白く焼きあがったら、色絵の椿を描きます。もう一度窯に入れ焼き上げて出来上がります。



内側にも模様を配してあります。アクセントとして縁の部分を跨いで色絵の椿を描いてあります。




反り型で熱いお料理が入っても持ちやすく高台は少し高めにして、重ねやすく出来ています。





上から十字七宝、椿、るり十草、麻の葉。
別柄の鉢と重ねても、とてもかわいいです。




◆ 鈴木晶子 椿鉢 4,800円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 るり十草鉢  4,800円
径17.2cm 高8.8cm


太いラインと細いラインを組み合わせた、るり十草と名づけられた模様の鉢です。
煮物鉢やサラダボウルとしてはもちろん、麺鉢としても使いやすい大きさかたちに作りました。
古くからあるなつかしさと、すっきりとしたすがすがしさのある鉢ですね。



反り型で直接口にも運びやすく、高台は少し高めにして重ねやすく出来ています。
ねぎや揚げが乗ったおいしいおうどんが目に浮かびます。



すっきりと描かれたラインは曲面に合わせてしなやかなカーブを描きます。




上から十字七宝、椿、るり十草、麻の葉。
別柄の鉢と重ねても、とてもかわいいです。




◆ 鈴木晶子 るり十草鉢 4,800円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 麻の葉文鉢  6,000円
径17.2cm 高8.8cm


昔なつかしい麻の葉文様をすっきりと描いた多用鉢です。
煮物鉢やサラダボウルとしてはもちろん、麺鉢としても使いやすい大きさかたちに作りました。
涼しげで、さわやかな清潔感が感じられます。



反り型で直接口にも運びやすく、高台は少し高めにして重ねやすく出来ています。




ひとつひとつ編みこむように描かれた文様。
すべて手描きによるものです。




上から十字七宝、椿、るり十草、麻の葉。
別柄の鉢と重ねても、とてもかわいいです。




◆ 鈴木晶子 麻の葉文鉢 6,000円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 麻の葉文片口酒器揃  7,800円
片口 径8cm 高9cm 容量180cc 単品3,800円
盃 径5cm 高4cm 単品2,000円


格子模様を全面に描き込んだ酒器揃です。赤の点がちょん、と入っているのがキュートです。
九谷焼では片口が少ないので新しくかたちから手づくりして頂きました。ぷっくりと丸みを帯びた、安定感のあるかたちですね。
白地との相性が良くすっきりと清潔感が感じられます。



上から見たところ。内側にも文様が描かれているのが効いています。やはり赤が入ると入らないとではずいぶんと印象が違います。




片口はゆうに180cc入ります。一合徳利ですね。
単品でもお求め頂けます。いろいろ使える片口です。
かわいいぐい呑も、ひとつからお求め頂けます。




◆ 鈴木晶子 格子片口酒器揃 7,800円
個  






◆ 鈴木晶子 格子片口(単品) 3,800円
個  






◆ 鈴木晶子 格子ぐい呑 2,000円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 染網手松竹梅夫婦飯碗 一組 5,000円
     染網手松竹梅飯碗(大) 2,500円
     径 12cm 高 7cm
     染網手松竹梅飯碗(小) 2,500円
     径 10.5cm 高 5.8cm



全体に網目模様を張り巡らし、松竹梅を散らした、かわいくおめでたいご飯茶碗です。
並べただけで楽しくなりそう。



高台のところにもワンポイントの松竹梅が配されています。
普段見えないところまで手を入れてあるのは嬉しいですね。




丸くおおらかなかたちです。
見込みに絵付けはせずに白地を残しています。



色絵の玉模様が全体に動きを演出しています。昔ながらの網目模様に新しいテイストを加えています。
手に持っているのは大きいほうの飯碗です。






◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅夫婦飯碗 一組 5,000円
個  




◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅飯碗(大) 2,500円
個  




◆ 鈴木晶子 染網手松竹梅飯碗(小) 2,500円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 波文鉢 4,100円
径 16.8cm 高 6cm



泡を立てながら押し寄せる波が、外側から内側に入り込んできているおもしろい構図の鉢です。
小さく千鳥が飛んでいるのもみどころです。



鉢の正面外側に一羽、内側に二羽描くことで遠近感が出ています。
かわいい色の千鳥たち。自分のほうにちゃんと正面が向いているか確認したくなります。




かわいい絵だけどなかなか豪快な波は、高台から始まっています。
波しぶきを色絵で表現しているのがおもしろいですね。



白地の空け方がとても個性的になっています。
手頃な大きさで、ちょっと煮物を出したり、酢の物や和え物、海鮮風のサラダもよさそうです。






◆ 鈴木晶子 波文鉢 4,100円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
     松十草飯碗(大) 2,800円
     径 12cm 高 7cm
     松十草飯碗(小) 2,800円
     径 10.5cm 高 5.8cm



十草(とくさ)と呼ばれる縦線模様を無数に引いて、伝統九谷の色絵により小さく松の葉模様を描いて繋いでいます。
ほっこりとご飯を楽しめるご飯茶碗です。



黄、緑、紫で松の葉っぱを表現しています。
黄色を多めにして、紫、緑がアクセントになっています。葉の中心は赤を入れています。




内側深めまで線を入れて十草模様のよさを出しています。
見込みに絵付けはせずに白地を残しています。



丸く安心感のあるかたち。手に持っているのは大きいほうの飯碗です。






◆ 鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(大) 2,800円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(小) 2,800円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 纏い縞五角銘々皿  1枚 2,100円
       5枚揃 10,500円
径 12.2cm 高 2cm



まるで着物のように縞模様を纏っている姿から名付けられた、纏い縞(まといじま)の銘々皿です。
丸くろくろを引いたお皿を五角形に削りだして作ったかたちです。
端正な形の中に若干の個体差が手づくりを物語っています。



五枚揃うとさらに綺麗です。
手作業で作ったかたちの為、よく見るとやわらかな五角形や細身の五角形があります。
重ねても問題なくきれいに収まります。



白地と染付の藍、そしてやわらかな緑を加えることで涼しげな印象を受けます。
縞模様は側面も途切れることなく描かれ、裏面を覆い、高台まで続きます。まさに縞模様を纏っているようです。



裏の縞模様。表の縞が裏になるとこう続くのがなんだか不思議です。






◆ 鈴木晶子 纏い縞五角銘々皿 1枚 2,100円
個  




◆ 鈴木晶子 纏い縞五角銘々皿 5枚揃 10,500円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 椿寸胴マグカップ  2,300円
径 9.2cm 高 7.5cm


赤、黄、緑の九谷色絵と茶色が素朴でかわいいマグカップ。
すとん、とした寸胴型はたっぷり入って見た目も愛嬌たっぷりです。




模様は全面に描かれています。
色絵の椿と茶色の模様は多すぎず、少なすぎず。ほどよいバランスです。



カップソーサーの内側は底面まで絵付けが施されています。かわいい。



230ccはゆうに入るので、スープなど、たっぷり使えます。
野菜スティックを入れたりサラダカップにもかわいいですね。



◆ 鈴木晶子 椿寸胴マグカップ 2,300円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 麻の葉文夫婦小丼 2つ一組  6,800円
     麻の葉文小丼(染付青)  3,400円
     麻の葉文小丼(赤絵)  3,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


昔ながらの麻の葉文様を編むように描き込んだ器です。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな、もう少し小さめの盛鉢があったらな、という方にお勧めのサイズです。



赤と青の組み合わせ、きれいですね。
いかにも使いやすそうな形をしています。




すっきりした中にもやわらかさのある線。
よく見ると線の濃淡など一本一本に違いがあるのがわかります。
また、縁が反るように成型されており、汁物も食べやすくできています。




周りに文様を描くことで、真ん中に空けた白地のすっきり感が際立っています。




◆ 鈴木晶子 麻の葉文夫婦小丼 2つ一組 6,800円
個  






◆ 鈴木晶子 麻の葉文小丼(染付青) 3,400円
個  






◆ 鈴木晶子 麻の葉文小丼(赤絵) 3,400円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 赤絵網目酒器  7,300円
徳利 径 7cm 高 11cm 容量 150cc
ぐい呑 径 5cm 高 4cm


赤絵網目。昔から続く縁起のよい柄です。
徳利は腰のくびれた流線のラインに沿ってその網目を大きくしたり小さくしたりして描かれています。
また、内側外側両方に網目を描き込んだぐい呑はこの価格で他に見たことがありません。




小ぶりの徳利。瓢型(ひょうたん型のことです)は九谷焼特有のかたち。姿がよいですね。
口の部分の赤で締まりが出ており、色絵の水玉を散らすことで全体がやわらかい雰囲気になっています。




ぐい呑も小ぶりです。しかし覗き込むとその迫力は小ぶりではありません。




徳利は150cc入ります。一合ちょっと切れるくらい。
かわいいサイズです。




◆ 鈴木晶子 赤絵網目酒器 7,300円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 松十草小丼  3,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


九谷色絵で描いたかわいい松の葉模様と一本一本引かれた染付の線が味わい小丼。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな、もう少し小さめの盛鉢があったらな、という方にお勧めのサイズです。




丸く、横に連なっているのが松の葉模様です。
緑、黄色、紫、赤、九谷五彩と呼ばれる色のうち4つが使われています。




内側はシンプルに。縁に十草模様が入っているのでおいしいどんぶりごはんや煮込みものを引き立ててくれます。




縁が反るように成型されており、汁物も食べやすくできています。




◆ 鈴木晶子 松十草小丼 3,400円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 椿小丼  2,400円
径 12.7cm 高 7.5cm


九谷焼特有の鮮やかな色絵と、鉄絵の素朴な茶色を組み合わせて描いたかわいい小丼。
ふつうのご飯茶碗じゃちょっと足りないな〜、もう少し小さめの盛鉢があったらな〜という方にお勧めのサイズです。




まずは茶色の鉄絵の部分のみ描いて窯で本焼きします。
白地があがって茶色の絵付けが浮かび上がったら、赤、黄、緑で椿の花を描きます。
再度上絵の窯で焼いて、はじめてこの色の組み合わせが成り立ちます。




縁が色絵で彩られ、中は素朴でおとなしめです。




縁が反るように成型されており、どんぶりも食べやすくできています。




◆ 鈴木晶子 椿小丼 2,400円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 雲寸胴マグカップ  2,600円
径 9.2cm 高 7.5cm


もこもこの雲を描いたマグカップ。
九谷色絵の点を散らして動きも出て楽しげな感じが出ています。




雲のふわふわ感を出すために線を一本一本削って点線にしています。全部でかなりの数削ることになります。




寸胴型のかたちが愛らしく、230ccは優に入ります。
たっぷり使えますね。




雲の模様が外側から内側まで続いて描かれています。




◆ 鈴木晶子 雲寸胴マグカップ 2,600円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 格子寸胴マグカップ  2,600円
径 9.2cm 高 7.5cm


すっきりと引かれた格子文様に花文がひとつひとつ描かれたマグカップ。差し色になっている赤がかわいいですね。
寸胴型のかたちも愛らしく、230ccは優に入るのでたっぷり入れられます。




持ち手に変化をつけて指が安定するよう持ちやすく作ってあります。
全面にこの模様を描く手間はどんなに大変かと思いますがお値段はお手ごろです。




上から。
カップのふちの部分まで文様が描かれています。
芸が細かい。




コーヒーやミルクティ、具材の大きなスープなどもおいしそうです。







◆ 鈴木晶子 格子寸胴マグカップ 2,600円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 麻の葉文片口酒器揃  7,800円
片口 径 8cm 高 9cm
盃 径 5cm 高 4cm


昔なつかしい麻の葉文様を全面に描き込んだ酒器揃です。編み込まれるようにひとつひとつ描かれた文様はその仕事を見るだけでも嬉しくなります。
すっきりと清潔感があり、いつまでも愛着を持って使える器です。



九谷焼では片口が少ないので新しくかたちから手づくりして頂きました。ぷっくりと丸みを帯びた、安定感のあるかたちでかわいらしい。
形に変化のある高台部分を跨いで文様が続いていたり、描きにくい口の部分もしっかり描き込まれているところも見どころです。
片口はゆうに180cc入ります。一合徳利ですね。




小ぶりの盃はさらに文様が小さくなります。
内側を描いてから外側を描いて。
実際に描くことを考えてみるとその真摯な仕事が伝わってきます。







◆ 鈴木晶子 麻の葉文片口酒器揃 7,800円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く



鈴木晶子 赤網絵松竹梅鉢  4,600円
径 16.8cm 高 6cm


今ではあまり見なくなった赤絵網目模様の鉢です。
昔から人気のある模様ですが、均等に生きた線を描き続けるのは技術も根気も必要です。
九谷色絵で松竹梅を散らし、めでたかわいい、親しみやすい鉢ができました。



網目模様は内側だけではなく縁をまたぎ外側まで続いて全体を覆っています。
また、色絵の水玉が点在しています。網目の模様が硬すぎず、おおらかな立体感を出すための工夫。



一本一本、編みこまれるように描かれた網目。均等に、それでいて生き生きとした線を引くことが必要とされます。根気のいる仕事。




大きすぎないサイズの浅鉢は、手ごろで使いやすいため近年人気が出ています。片づけにも助かりますね。



◆ 鈴木晶子 赤網絵松竹梅鉢 4,600円
個  




鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く