中憲一 野ぶどう葉型皿  13,000円
横30.5cm 縦14cm 高 4cm


30cmの幅がある笹の葉型の盛皿です。
大きなテーブルのセンターを飾ったり、人が集まるときに華やかさを演出する器です。




カラフルに描かれた野ぶどうの実たち。また、茎や葉は三種の緑を創り出して表現しています。




縁をまたいで外側まで緑が伸びています。



個性的でお料理が盛り栄えしやすいかたちです。
深さもあり余裕があるので、思い切って盛り付けられます。






◆ 中憲一 野ぶどう葉型皿 13,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
     松十草飯碗(大) 2,800円
     径 12cm 高 7cm
     松十草飯碗(小) 2,800円
     径 10.5cm 高 5.8cm



十草(とくさ)と呼ばれる縦線模様を無数に引いて、伝統九谷の色絵により小さく松の葉模様を描いて繋いでいます。
ほっこりとご飯を楽しめるご飯茶碗です。



黄、緑、紫で松の葉っぱを表現しています。
黄色を多めにして、紫、緑がアクセントになっています。葉の中心は赤を入れています。




内側深めまで線を入れて十草模様のよさを出しています。
見込みに絵付けはせずに白地を残しています。



丸く安心感のあるかたち。手に持っているのは大きいほうの飯碗です。






◆ 鈴木晶子 松十草夫婦飯碗 一組 5,600円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(大) 2,800円
個  




◆ 鈴木晶子 松十草飯碗(小) 2,800円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





理節 格子動物文角皿  24,000円
18cm角 高 2cm


ティータイムにスイーツを並べても良し、マリネしたお料理や生ハムやサラダを並べても良し。
夏野菜を軽くソテーしたものなど、いつものお料理をこんなお皿に盛ることで特別な時間が流れます。



中心の動物たち。朴訥な表情に、よりかわいらしさが表れています。
格子はただ四角で囲うのではなく、格子が実際に編みこまれるように描いています。



外側にもたくさんの動物たちが余すところなく描かれています。
内側の側面は角をまたぐように描かれています。絵付けがとても難しくなりますが、つながりが感じられ全体に広がりを見せています。



側面4枚と底面1枚の粘土の板を張り合わせて手づくり感が伝わるお皿です。とてもしっかりしています。







◆ 理節 格子動物文角皿 24,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展





織田光恵 想花紋盃  14,000円
径 6.5cm 高 4.5cm


やわらかく細い線で草花を描いた盃です。
あたたかみがあり、どこか儚さも感じられる気がします。



外側にも草花文様。房が下りている様がかわいいですね。小さく金彩が施されています。



反り型の美しいカーブ。
かなり薄く作られています。



ほどよい大きさで、高台部分は濃い茶色で締められておりアクセントにもなっています。



◆ 織田光恵 想花紋盃 14,000円
個  




織田光恵 陶歴

一九七七年 石川県金沢市に生れる
二〇〇〇年 国立高岡短期大学産業工芸学科金属工芸専攻 卒業
二〇〇三年 石川県立九谷焼技術研修所本科 卒業
二〇〇三年 妙泉陶房入社 山本長左氏に染付を学ぶ
二〇〇六年 妙泉陶房退社
二〇〇六年 金沢わん ONE 大賞 優秀賞
二〇〇七年 第二十五回朝日現代クラフト展 入選
二〇〇七年 第六十三回金沢市工芸展 金沢市長奨励賞
二〇〇七年 神戸ビエンナーレ現代陶芸展 入選
二〇〇七年 第二回世界文化遺産白川郷芸術祭
二〇〇八年 第三十一回伝統九谷焼工芸展新人賞
二〇〇八年 個展GALLERY北野坂(神戸)
二〇〇八年 ブロワ日仏芸術祭 LA HALLE AUX GRAINS (仏国)
二〇〇八年 第七回益子陶芸展 入選
二〇〇九年 第六十五回金沢市工芸展 石川県伝統産業振興協議会会長賞
二〇〇九年 第三十二回伝統九谷焼工芸展 奨励賞
二〇〇九年 金沢卯辰山工芸工房研修者作品展 金沢卯辰山工芸工房賞
二〇〇九年 金沢卯辰山工芸工房 修了
二〇〇九年 第五十回記念石川の伝統工芸展入選
二〇〇九年 個展ギャラリートネリコ(金沢)
二〇一〇年 個展 香林坊大和 6階リビング(金沢)
二〇一〇年 企画展 伝統的工芸品センター(東京)
二〇一〇年 九谷焼三人展 リウボウ美術サロン (沖縄)
二〇一一年 第三十四回伝統九谷焼工芸展 奨励賞



理節 窓の中の動物たち一輪挿し  20,000円
高 15.5cm 幅 4.8cm


角の一輪挿しをおうちに見立てて、動物たちが窓の中から覗いている様を描いた、ユニークな品です。
全体の模様としても面白く、お花を飾るのが楽しくなます。



動物は鳥、うさぎ、たぬき、ときて..かたつむりまでいます。
周りを囲うお花模様は角をはさんで描いてあるものもあり、全体のつながりを感じます。



ほかにもたくさんの動物たちやお花が描かれています。
どこを正面にしても良いですね。眺めているだけで楽しい。



側面4枚と底面1枚の粘土の板を張り合わせて作る一輪挿し。手づくりの独特な質感です。







◆ 理節 窓の中の動物たち一輪挿し 20,000円
個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展
平成19年 伝統工芸石川支部入選
平成25年 伊勢丹本店紅ミュージアム「未来の匠」展
平成25年 銀座松屋 九谷理節展
平成27年 銀座和光 女流陶芸家二人展
平成30年 銀座和光 女流陶芸四人展