中憲一 枝垂れ桜たたら銘々皿 5枚  22,000円
横15.3cm 縦10.3cm


やわらかなピンクの色を重ねることで、桜の花々をふくよかに描いた枝垂れ桜の銘々皿です。
一枚一枚違った構図で描かれており、空間の空け方やお花の描き方の違いをそれぞれ楽しむことができます。




淡いピンクと深いピンクを重ねることにより厚みが増し、表情が豊かになっています。
おしべの先と舞う花びらには金を用いてアクセントにしています。




粘土の板から焼き上げたたたら作りの角皿です。高台はなく、重ねたときはかなりコンパクトになります。



手づくりの質感が感じられ、テーブルにひたっと佇む姿が素敵です。
いつ見ても、うっとりするような桜たちです。






◆ 中憲一 枝垂れ桜たたら銘々皿 5枚 22,000円
個  




中憲一 陶歴
一九五一年 五月三日生れる
一九七一年 清水翠東先生に師事
一九八九〜一九九一年
新槐樹社展佳作、三十五回記念賞
一九八九年 武腰潤先生に師事
県展初入選 以後連続入選
一九九〇年 第22回日展初入選以後6回入選
一九九一年 日本新工芸展初入選
一九九三年 県展北国賞
新工芸石川会展金沢市長賞
一九九七年 伝統九谷焼工芸展入選
二〇〇〇年 日本伝統工芸展入選
二〇〇二年 一水会展 一水会賞
二〇〇三年 日本工芸会正会員
伝統九谷焼工芸展優秀賞
一水会 西武賞
二〇〇八年 伝統九谷焼工芸展入選



鈴木晶子 波文5.5号浅鉢 4,100円
径 16.8cm 高 6cm



泡を立てながら押し寄せる波が、外側から内側に入り込んできているおもしろい構図の鉢です。
小さく千鳥が飛んでいるのもみどころです。



鉢の正面外側に一羽、内側に二羽描くことで遠近感が出ています。
かわいい色の千鳥たち。自分のほうにちゃんと正面が向いているか確認したくなります。




かわいい絵だけどなかなか豪快な波は、高台から始まっています。
波しぶきを色絵で表現しているのがおもしろいですね。



白地の空け方がとても個性的になっています。
手頃な大きさで、ちょっと煮物を出したり、酢の物や和え物、海鮮風のサラダもよさそうです。






◆ 鈴木晶子 波文5.5号浅鉢 4,100円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く