鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
     矢羽根飯碗(大) 2,400円
     径 12cm 高 7cm
     矢羽根飯碗(小) 2,400円
     径 10.5cm 高 5.8cm



昔の矢羽根(やばね)模様をモチーフとしたご飯茶碗です。
存在感があるデザインをやさしい色合いで表現し、手描きの良さもとってもよく伝わってきます。



藍色の呉須は素焼きの素地に染み込み濃淡が出ています。
焼き上げて藍と白の色が出たら、赤や緑を絵付けしてまた窯で焼きます。




羽根の部分は、呉須を塗ったところを引っかいて線を出しています。"掻き落とし"と呼ばれ独特の線が生まれ、作家さんの手作業が伝わってきます。素朴で、なんともかわいい線。



内側にも矢羽根が交互に色を変えて描かれています。飽きが来ないデザインで、炊き込みご飯なども美味しそう。






個性的で派手すぎず、お気に入りです。手に持っているのは大きいほうのご飯茶碗です。






◆ 鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(大) 2,400円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(小) 2,400円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く


« 鈴木晶子 十字七宝鉢 | △TOP | 鈴木晶子 亀甲文飯碗 »