中荒江道子 金彩梅フリーカップ 6,500円
径 9cm 高 7.5cm 容量 140cc


染付の藍の色に赤が差され、さらに金彩で彩っています。
白地を合わせた四色のコントラストが綺麗で、お着物のようでもあります。



白と藍の面を交互に配することによってそれぞれが引き立てあっています。
梅の花、かわいいですね。おしべの色も違えているのが印象的です。



内側はすっきりと白地のみです。



外周に高台を配してある、個性ある底面。
ここにも梅の枝花が銘と一緒に描かれています。




とても雰囲気のあるカップです。
お客様にお出ししても喜ばれるでしょう。






◆ 中荒江道子 金彩梅フリーカップ 6,500円
個  




中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中荒江道子 さる桃鉢 7,500円
径 18cm 高 6.5cm


渋い藍の染付の色に赤と黄色の差し色が入ったかわいい鉢。
黄色と赤は何かというと、さると桃なんです。



桃を食べるさる、座っているさる、ひゃっほう、と跳んでいるさるが見えます。



十角形をひねった格好の鉢。手頃な大きさです。
側面には染付で桃が描かれています。




軽く、扱いやすい鉢です。
煮物など和のお料理がとてもおいしく映えそう。






◆ 中荒江道子 さる桃鉢 7,500円
個  




中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中荒江道子 梅網盃 5,500円
径 7cm 高 6.8cm 容量 70cc


ほどよく力を抜いて描かれた網目の線に、かわいい梅がたくさん描かれた盃です。
少し高さのある盃です。冷酒がぴったりですがお好きな方は熱燗でもどうぞ。



内側の底まで網目文様と梅の絵が描かれています。
深さがあり筆先が遠くなるので絵付けが難しくなります。



斜めからのアングルから見ても、内外バランスよく描かれているのがわかり、かわいらしさがありますね。




70cc程度入ります。リラックスして冷酒を飲むのにぴったりですね。







◆ 中荒江道子 梅網盃 5,500円
個  




中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中荒江道子 金彩菊扇形皿  1個 6,800円
       5個揃 34,000円
14 x 7.5cm 高 2.5cm
※縦幅は器の縁から縁までを中心で測っています。


まるでアンティークのような味わいを持つ器です。手づくりの扇形の器は珍しいので、目を引きますね。
中心にお料理を配すなどして、とても絵になる器です。



あえてざっくり描くことでそれが味になり器の魅力を増しています。菊の周りは金彩が施されています。
側面内側に引かれた線も味わい深いですね。楽に引いてあるように見えますがかなりの労力を要します。



側面部分も余すところなく絵付けされています。
五枚の陶土の板を張り合わせて、それを焼き上げる事で作られた珍しいつくりの器です。高台はつけてありません。



"縁さび"と呼ばれる茶の釉薬もとてもマッチしています。






◆ 中荒江道子 金彩菊扇形皿 1個 6,800円
個  




◆ 中荒江道子 金彩菊扇形皿 5個揃 34,000円
個  







中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中荒江道子 竹格子角小鉢  1個 6,000円
       5個揃 30,000円
7.5cm角 高 3.8cm



味のある染付の濃淡を扱い、竹格子を張り巡らせた角小鉢です。
お造りや煮物、いろいろなお料理が姿よくおさまります。でんぶやいくらを使ったちらし寿司を詰めても美味しそうですね。



竹の節をひとつひとつ描いた格子模様。この渋い味のある格子がお料理の周りを飾ります。
内側手前には梅が描かれ、目立たないところに絵付けがしてあるのもうれしいところ。



側面には唐草。この角鉢は型から作ったものではなく、もともと五枚の粘土の板だったものを張り合わせた器です。端正でありながら手づくりの質感が感じられ、工程を思い浮かべるのも楽しいところ。



指ではさんで持てるほどの大きさ。
裏は高台を外したシンプルな形です。


◆ 中荒江道子 竹格子角小鉢 1個 6,000円
個  




◆ 中荒江道子 竹格子角小鉢 5個揃 30,000円
個  







中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中荒江道子 白抜きなす筒猪口と豆皿 6,800円
筒猪口単品 3,200円
径 5.7cm 高 6.2cm
豆皿単品 3,600円
径 9.5cm


全体を藍で塗り埋め白を残した部分でなすを表現した、素朴かわいい組み合わせです。
気持ち高めに作られた高台に描かれたお花の模様も素敵です。



筒猪口には香ばしいお茶を、豆皿には甘い大福などを。お茶時間が豊かになります。



筒猪口は小さめサイズなので冷酒杯にも使って頂いています。豆皿には塩を振った茶豆などすごく合いそう。
お刺身のお醤油小皿としても雰囲気が出ますね。




まるで顔が描いてあるかのよう。表情豊かななすたち。




◆ 中荒江道子 白抜きなす筒猪口と豆皿 6,800円
個  







◆ 中荒江道子 白抜きなす筒著口 3,200円
個  







◆ 中荒江道子 白抜きなす豆皿 3,600円
個  









中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中荒江道子 唐草7寸皿 11,000円
径 21.5cm 高 3.5cm


和風で古い器のようなデザインながら、どこかかわいい印象のあるお皿です。
和皿ではあまり見ない7寸という大きさは使い勝手もよく、和にも洋にもいろいろな用途にお使い頂けます。



ほどよいカーブの深さ。用途がかなり広いお皿です。パスタなどにもぴったり。



染付の藍は下絵。素焼きにしみこむように描かれます。黄色と紫は上絵。透明の釉薬がかかった上から絵付けされ盛りあがっていて立体感があります。




同じ大きさのお皿。別売りで扇十草の模様もあります。銘々を一緒に使ったり、盛皿を順番に使っても楽しそうです。




指にかかりやすく重くないので、片手で持ち運び出来ます。



◆ 中荒江道子 唐草7寸皿 11,000円
個  




中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展



中荒江道子 扇十草7寸皿 11,000円
径 21.5cm 高 3.5cm


和風で古い器のようなデザインながら、どこかかわいい印象のあるお皿です。
和皿ではあまり見ない7寸という大きさは使い勝手もよく、和にも洋にもいろいろな用途にお使い頂けます。



ほどよいカーブの深さ。用途がかなり広いお皿です。



一本一本の線に濃淡が見て取れる味わい深い絵付け。「福」の字がかわいいですね。




お料理参考写真より。いなり寿司三つでこんなに絵になります。




別売りで同じ大きさの唐草模様もあります。どちらもかわいい。



◆ 中荒江道子 扇十草7寸皿 11,000円
個  




中荒江道子 陶歴

使ってみたらなんだかほっこりした気持ちになる。
料理を盛りたい、洗い物も苦にならない。
食器棚にしまった器を見てまたほっこりする。
そんな、日常の生活にちょっと色を添える器をめざし 染付を中心に日々作陶しております。

一九八九年 福井県あわら市生まれ
二〇一〇年 三月 京都伝統工芸大学校 卒業
二〇一〇年 四月 稲葉 抱山氏に師事
二〇一一年 四月 山本 長左氏に師事
二〇一四年 金屋町楽市審査員特別賞 受賞
二〇一五年 四月 独立 
二〇一五年 十月 茶房実生にて初個展