鈴木晶子 亀甲文夫婦飯碗 一組 5,200円
     亀甲文飯碗(大) 2,600円
     径 12cm 高 7cm
     亀甲文飯碗(小) 2,600円
     径 10.5cm 高 5.8cm



六角形を組み合わせ連ねた亀甲文様。その名のとおり亀の甲羅に似ている事からその名が付いています。
長寿をはじめ縁起のよい吉祥文様。
そんな亀甲文を細かく描き込み、美しいご飯茶碗ができました。



高台に向かうに従って、亀甲文様はどんどん細かくなっていきます。
ご飯茶碗のきれいなカーブを描くシルエットも相まって、藍、白、赤のコントラストがとても美しい。




ご飯茶碗の縁を跨いで、内側まで織り込むように文様が続いています。



亀甲文なので、小さなかわいいかめをひとつ、描いて頂きました。シンプルでちいさくて、ほんとかわいい。






大小夫婦で並べると風格を感じます。縁起のよい図柄なので贈り物にもお勧めです。






手に持っているのは大きいほうのご飯茶碗です。使いよい、おおらかな形です。






◆ 鈴木晶子 亀甲文夫婦飯碗 一組 5,200円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文飯碗(大) 2,600円
個  




◆ 鈴木晶子 亀甲文飯碗(小) 2,600円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
     矢羽根飯碗(大) 2,400円
     径 12cm 高 7cm
     矢羽根飯碗(小) 2,400円
     径 10.5cm 高 5.8cm



昔の矢羽根(やばね)模様をモチーフとしたご飯茶碗です。
存在感があるデザインをやさしい色合いで表現し、手描きの良さもとってもよく伝わってきます。



藍色の呉須は素焼きの素地に染み込み濃淡が出ています。
焼き上げて藍と白の色が出たら、赤や緑を絵付けしてまた窯で焼きます。




羽根の部分は、呉須を塗ったところを引っかいて線を出しています。"掻き落とし"と呼ばれ独特の線が生まれ、作家さんの手作業が伝わってきます。素朴で、なんともかわいい線。



内側にも矢羽根が交互に色を変えて描かれています。飽きが来ないデザインで、炊き込みご飯なども美味しそう。






個性的で派手すぎず、お気に入りです。手に持っているのは大きいほうのご飯茶碗です。






◆ 鈴木晶子 矢羽根夫婦飯碗 一組 4,800円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(大) 2,400円
個  




◆ 鈴木晶子 矢羽根飯碗(小) 2,400円
個  







鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く





鈴木晶子 十字七宝鉢  6,200円
径17.2cm 高8.8cm


昔ながらの七宝文に赤の十字で差し色を入れてあります。広い面積にたくさんの模様の描き込み、すべて手作業で筆で描いたものです。
煮物鉢やサラダボウルとしてはもちろん、麺鉢としても使いやすい大きさかたちです。



色鮮やかな白と藍の赤のコントラスト。高台に向かうに従って文様は小さくなっていきます。
反り型のシルエットも綺麗。



熱いお料理が入っても持ちやすいよう作ってあり、高台は少し高め。重ねやすく出来ています。





上から十字七宝、椿、るり十草、麻の葉。
別柄の鉢と重ねても、とてもかわいいです。




◆ 鈴木晶子 十字七宝鉢 6,200円
個  









鈴木晶子 陶歴

1969 福井県生まれ
1992 金沢大学文学部考古学コース卒業
1993 九谷焼技術研修所基礎コース卒業
1998 独立
2001 九谷焼自立支援工房入所
2004 能美市緑ヶ丘にて陶房「あのじ屋」を開く