川上真子 鯛小皿  1枚 2,500円
       5枚揃 12,500円
径10cm 高 1.8cm



品のよい、美しい線で鯛を描いたとてもおめでたい柄の小皿です。
染付の藍の線の上から数種類の色絵を重ね、また焼くことにより綺麗な差し色となっています。



鯛を囲むように松竹梅が配されます。
おめでたい事この上ありません。
差し色になっている鱗の赤の色がきれいです。



裏には小紋が描かれています。
精微な線にも濃淡があって味わい深いですね。



輪花型に合わせて面を取った形になっています。



◆ 川上真子 鯛小皿 1枚 4,400円
個  




◆ 川上真子 鯛小皿 5枚揃 12,500円
個  







川上真子 陶歴

陶歴

神奈川県出身
2012 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016 独立
石川県能美市にて染付を中心とした絵付磁器を製作
2017 3月 福岡 岩田屋本店にて個展
7月 伊勢丹相模原店にて個展
9月 三越日本橋店にて九谷焼三人展



川上真子 獅子牡丹盃  10,000円
径 6.6cm 高 2.7cm


透明感のある、涼しげな藍の色。
獅子と牡丹を描いた、冷酒が美味しそうな盃です。



獅子の表情。どこか愛嬌が感じられます。
尻尾の毛の部分までしっかり描かれています。




盃をお花に見立てて花弁が全面に描き込まれています。裏面まで力が入っています。





側面より。表とのコントラストも綺麗ですね。



熱燗もいいですし、冷酒が特に美味しそうです。







◆ 川上真子 獅子牡丹盃 10,000円
個  




川上真子 陶歴

陶歴

神奈川県出身
2012 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016 独立
石川県能美市にて染付を中心とした絵付磁器を製作
2017 3月 福岡 岩田屋本店にて個展
7月 伊勢丹相模原店にて個展
9月 三越日本橋店にて九谷焼三人展



川上真子 龍盃  10,000円
径 6.6cm 高 2.7cm


昔はよく見た龍の図柄ですが、描画がむずかしく、また鱗などの絵付けに非常に手間がかかる為以前ほど見なくなりました。
鱗ひとつひとつまで丁寧に描かれた姿の良い龍の盃です。



鱗がひとつひとつしっかり重なり連なっている様子が伝わってきます。ひれの部分も細部までかたちが表現され個性が出ています。
顔の表情も格好良いですね。




少し深さを持たせた輪花型の盃です。




裏の小紋の描き込み。迫力があります。
これだけ描き込んで透明感があるのはすごいですね。



熱燗もいいですが、冷酒が特に美味しそうです。







◆ 川上真子 龍盃 10,000円
個  




川上真子 陶歴

陶歴

神奈川県出身
2012 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016 独立
石川県能美市にて染付を中心とした絵付磁器を製作
2017 3月 福岡 岩田屋本店にて個展
7月 伊勢丹相模原店にて個展
9月 三越日本橋店にて九谷焼三人展



川上真子 野菊6寸だ円皿  9,000円
18.5cm x 15cm 高 3cm


可憐な野菊の咲く様を描いたお皿です。
菊の輪郭などを描いたひとつひとつの線、また"濃み"と呼ばれる藍の呉須の塗りが、非常に美しいお皿です。



野菊の花ひとつひとつに表情が表れています。
また、皿の縁に引いてある二重の線をひとつをとっても、とても美しい線です。




菊花型となっているお皿のかたちは、若干の深さを持たせています。




素地はしっかり感があるのに軽く、非常に扱いやすくできています。



裏には野菊の葉が描かれています。
裏から見ても、美しいお皿ですね。







◆ 川上真子 野菊6寸だ円皿 9,000円
個  




川上真子 陶歴

陶歴

神奈川県出身
2012 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016 独立
石川県能美市にて染付を中心とした絵付磁器を製作
2017 3月 福岡 岩田屋本店にて個展
7月 伊勢丹相模原店にて個展
9月 三越日本橋店にて九谷焼三人展