中憲一 野ぶどうカップ&ソーサートリオ 26,000円
(NBAKA KENICHI NOBUDOU CUP&SAUCER TRIO)
カップ径 9.4cm 高 5.6cm
皿径 17.2cm
ケーキ皿径 9.4cm 高 5.6cm

カップと、ソーサーと、ケーキ皿のトリオでお揃いのセットにしました。紙製の箱に入れてお届けします。(皿立て別売)

特別なティータイムになりそうです。




◆ 中憲一 野ぶどうカップ&ソーサートリオ 26,000円

個  




<<単品>>
◆ 中憲一 野ぶどうカップ&ソーサー 17,000円

個  




<<単品>>
◆ 中憲一 野ぶどうケーキ皿 9,000円

個  




中 憲一 (なか けんいち) 陶歴

1951 5月3目生まれる
1971 清水翠東先生に師事
1989〜1991 新槐樹社展佳作、35回記念賞
1989 武腰潤先生に師事
      県展初入選 以後連続入選
1990 第22回日展初入選以後6回入選
1991 日本新工芸展初入選
1993 県展北国賞
     新工芸石川会展 金沢市長賞
1997 伝統九谷焼工芸展入選
2000 日本伝統工芸展入選
2002 一水会展 一水会賞
2003 日本工芸会正会員
     伝統九谷焼工芸展優秀賞
     一水会 西武賞
2008 伝統九谷焼工芸展入選




理節 なす文カップ&ソーサー  18,000円
(RISETSU NASUMON CUP&SAUCER)
カップ径 9.4cm 高 5.5cm
皿径 14.5cm

大好きなカップ&ソーサーのひとつです。染付の繊細な線、淡いすてきな色絵は、良い香りが漂ってきそうなほど。紙製の箱に入れてお届けします。

飲みくちも薄く、とってもエレガントです。




◆ 理節 なす文カップ&ソーサー 18,000円

個  




理節(りせつ) 陶歴

<推薦の言葉>
理節君の人柄はやさしい、仕事に若さと誠実さがあるように思う。
今後も基本を大切にして根気よく研鑽精進することを祈っている。

平成七年二月
宮内庁食器製作
妙泉陶房 山本長左

陶歴

平成元年 妙泉陶房弟子入り
平成4年 第三十四回一水会公募展入選
平成5年 第十六回伝統九谷焼工芸展入選
平成5年 第三十五回一水会公募展入選
平成6年 第十七回伝統九谷焼工芸展入選
平成6年 第三十六回一水会公募展入選
平成7年 独立
平成7年 パルファンで個展
平成8年 スパジオで個展
平成9年 小松空港個展
平成11年 第二十二回伝統九谷焼工芸展入選
平成14年 新潟三越で個展
平成15年 金沢城・兼六園大茶会工芸作品公募展奨励賞
平成15年 新潟三越で個展




中憲一 ほたるぶくろコーヒー碗  17,000円
(NAKA KENICHI HOTARUBUKURO CUP&SAUCER)
カップ径 9.3m 高 5.5cm
径 14.7cm

野草のほたるぶくろをエレガントに描いたカップ&ソーサー。紙製の箱に入れてお届けします。

紅茶とも相性が良さそうです。




◆ 中憲一 ほたるぶくろコーヒー碗 17,000円

個  




中 憲一 (なか けんいち) 陶歴

1951 5月3目生まれる
1971 清水翠東先生に師事
1989〜1991 新槐樹社展佳作、35回記念賞
1989 武腰潤先生に師事
      県展初入選 以後連続入選
1990 第22回日展初入選以後6回入選
1991 日本新工芸展初入選
1993 県展北国賞
     新工芸石川会展 金沢市長賞
1997 伝統九谷焼工芸展入選
2000 日本伝統工芸展入選
2002 一水会展 一水会賞
2003 日本工芸会正会員
     伝統九谷焼工芸展優秀賞
     一水会 西武賞
2008 伝統九谷焼工芸展入選




多田鐡男 タンブラー 各2,000円
(TADA TETSUO CUP)
(青)径 9.5cm 高 9cm
(赤)径 9.5cm 高 9cm

すっきりと飽きのこない、こま文様のタンブラー。使い方は自由。コーヒーを飲んでも、お茶を飲んでも、ストローを立ててジュースを飲んでもOKです。

ろくろの跡を残すことによって、指へのかかりがしっかりし、すべりにくく作られています。




◆ 多田鐡男 ペアタンブラー(2つ組) 4,000円

個  






<<単品>>
◆ 多田鐡男 タンブラー(青) 2,000円
径 9.5cm 高 9cm

個  



◆ 多田鐡男 タンブラー(赤) 2,000円
径 9.5cm 高 9cm

個  




多田鐡男(ただ てつお) 陶歴

石川県クラフト協会所属

1945 金沢に生まる
1966 金沢美術工芸大学・工業デザイン科卒業後、九谷焼デザインを志す
1969 石川県クラフト展に入賞
1970 名古屋・日本陶磁器デザイン・コンペに入選
1979〜1982 石川県デザイン展にて"金沢市長賞" "デザイン協議会会長賞" "商工会議所連合会会長賞" 等を受賞
東京・松屋"日本クラフト展"に入選
九谷焼デザインコンクールに入賞
東京「陶芸社」「銀花」にて個展を開催する
1983 石川県デザイン展にて"デザイン協議会会長賞"受賞する
その間、九谷焼制作グループ"日彩(ひいろ)"を結成し、盛岡「かわとく一番館ギャラリー」 東京「松屋展ギャラリー」にてグループ展開催する。




松浦慎弥 水辺鳥文たたら長皿 各3,600円
(上:青の鳥 下:紫と黄の鳥)
(MATSUURA SHINYA MIZUBETORIMON TATARA PLATE)
27×12cm 高 2cm

美しい緑が映える使いやすい長皿。焼き物の板から作るその質感は、素朴な味わいがあります。紙製の箱に入れてお届けします。

青の鳥、紫と黄の鳥。どちらも個性があってかわいいです。




◆ 松浦慎弥 水辺鳥文たたら長皿2枚セット 7,200円

個  





◆ 松浦慎弥 水辺鳥文たたら長皿(青の鳥) 3,600円

個  



◆ 松浦慎弥 水辺鳥文たたら長皿(紫と黄の鳥) 3,600円

個  




松浦慎弥(まつうら しんや) 陶歴

昭和四十八年 日展理事浅蔵五十吉先生に師事
現代美術展入選
北陸現代美術展入選
日本現代美術展入選
日展入選
日本現代工芸展入選
芸術公論でベストアーチスト四十に掲載
清酒大関CMに掲載

個展
金沢大和 東京銀座松屋 新高輪プリンスホテルアートギャラリー 高島屋 横浜そごうアートサロン
大阪大丸 伊勢丹新宿 千葉三越 新宿三越 新潟三越 ほか多数