眉石 干支虎 染付天目平盃 3,000円
径 8.8cm 高 2.7cm

染付のみで描かれた迫力ある虎の盃。愛嬌ある目もとも魅力ですが、白地の空けかたを含めた構図がとても気に入っています。

干支の記念、とだけするのは勿体無いほどの出来です。




◆ 眉石 干支虎 染付天目平盃 3,000円

個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる
第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選
第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選




ゆず角小皿(5枚組) 2,600円
9.6cm角

人気の出ているゆずの角小皿です。九谷の厚くかける黄色と、ゆずのぽっこりした感じがよくマッチしています。素朴な素地のかたちともよく合っています。






ゆずの枠線は赤、外側は青の線を引いて、デザインのバランスをとっています。




◆ ゆず角小皿(5枚組) 2,600円

個  






眉石 山ぶどう小皿(5枚組) 5,000円
径 11cm 高 2.5cm

眉石さんの器は、品があるのに気を張らずどんどん使えるところがいいですね。

小皿としては気持ち大きめ。使いやすい大きさです。




◆ 眉石 山ぶどう小皿(5枚組) 5,000円

個  




眉石(びせき) 陶歴

昭和51年
金沢美術工芸大学油絵卒業
昭和52年
石川県九谷工芸高等訓練校修了 同校長高陶岳氏に師事する
その一方山近剛先生に九谷上絵を学ぶ
陶磁器科技能照査合格 石川県知事賞受賞
昭和61年以降
九谷焼実務研修所実務者コース卒業
第十一回陶光会展に「てまり」壷初入選
第十二回陶光会全国陶芸展に「染付アカンサス紋壷」入選会友推挙される
第十五回陶光会展に「輪になって踊ろう」天目抜絵鉢出品佳作賞受賞
第十六回陶光会展に「ラディッシュ紋壷」奨励賞受賞 会員推挙される
第十七回陶光会展に「乱舞」赤字金銀襴手喰籠が仙台展選抜作品となる
第十八回陶光会展に「乱舞」釉裏紅象嵌釉彩壷入選
第十九回陶光会展に「枯れ葉舞う」金銀彩色絵飾り皿入選




吉田勝山 仁清風角鉢(5つ組) 37,950円
14.5cm角 高 4cm

淡い色絵に金をあしらった豪華な角鉢揃です。

赤の唐草が力強く印象的ですね。




◆ 吉田勝山 仁清風角鉢(5つ組) 37,950円

個  




吉田勝山(よしだ しょうざん) 陶歴

昭和13年 石川郡野々市町野代に生れる
昭和38年 作陶生活に入る
昭和40年 朝日陶芸展新入選
昭和47年 日展新入選
昭和48年 金沢市創作工芸展市長賞
昭和48年 光風会展新入選
昭和49年 日本現代工芸展新入選
昭和49年 中日国際陶芸展名鉄丸越賞
昭和49年 金沢九谷新作展市長賞
昭和55年 石川県現代美術展最高賞
昭和57年 石川県現代美術展特別賞
昭和59年 金沢市工芸展県知事賞
昭和63年 石川県現代工芸展会長賞
平成元年 石川県現代美術審査員
平成元年 日展十回入選
平成五年 無所属




赤青てまり睦揃 5,760円
<<湯呑>>
(大・青)径 7.5cm 高 8.2cm
(小・赤)径 7cm 高 7.8cm
<<飯碗>>
(大・青)径 11.7cm 高 6cm
(小・赤)径 10.6cm 高 5.6cm

夫婦飯碗と夫婦湯呑のセットです。仲睦まじくあるように、との願いから睦揃(むつみぞろえ)と呼ばれます。贈答品にもよく使われるかたちですね。

上記の品は飯碗、湯呑各ページにて単品からもお求め頂けます。




◆ 赤青てまり睦揃 5,760円

個